2004/1/31  22:17

褒めること。  海外ドラマ:フレンズ他

最近ふと思ったのだけど…私、映画やビデオの会社とか翻訳者とか、つまり、「プロ」の人々が、いいかげんな仕事をした時には怒りを表明しているけど、逆に素晴らしい仕事をしたときにちゃんと褒めることはあまりなかったような気がします。相手はプロなんだし、私が褒めるのもなんだか失礼かなーという気もあったので。でも、これからは、「これぞプロの仕事!」と思ったときは、ちゃんと褒めることにします。やっぱり、怒っているより褒めている方が精神衛生上いいし。

で、まず、もう何年も前のことで今更なんですけど、「フレンズ」のDVDの話。

「フレンズ」の第一シーズンは、WOWOW放映時の翻訳者が今の野口尊子さんとは違う方で、これがどんな番組かまだ掴めていなかったのか、「?」と思う訳がちょこちょことあったのです。そこで、DVDとビデオの発売にあたり、第一シーズンは訳を野口さんが全面的に改訂して発売されることになりました。

でも、考えてもみて下さい。訳を改訂するったって、字幕や活字の話じゃない。吹き替えの話です。

字幕や活字ならすぐに改訂できますが、吹き替えを改訂するには、声優さんを集めて全部吹き替え直さなくてはならないのです。主演の6人をはじめ、第1シーズン全24話に出演した声優さん全員を。WOWOWでは半年以上かけて放映された24話を、(おそらく)短期間で。声優さんたちも大変ですし、お金だってかかります。

いくら翻訳者が「訳が納得できないから改訂したい」と言ったって、会社が「そんなことは無理だ」って、言いますよね、普通なら。当時、日本でシットコムのDVDが出ること自体が画期的なことで、当初はどのぐらい売れるかもわからなかっただろうし。元々の「フレンズ」ファンはDVDが出るってだけで感謝感激状態で(<私のこと)WOWOW放映時と訳が同じだからって、あえて文句を言うファンがいたとも思えないのに。

それなのに、やったのですよそれを。野口尊子様とワーナー・ホーム・ビデオ様は。もちろん、改訂された吹き替えは、訳も声優さんの演技も、完璧でした。

このことについて書かれているのはあまり読んだ事がないし、私自身も書いたことはなかったけど…すごいことだとは、前から思っていましたです、はい。

2004/1/13  22:17

嫉妬を感じる  映画・俳優一般

もう、あんまりこのことばっかり言っていたくないけどね、言わずにいられない。

今日ね、新聞である映画の広告を見たのですよ。「タイムライン」という映画。「M&C」の見開き2ページに比べたら、ちっちゃいちっちゃい、2×5センチぐらいの広告ですよ。でも、14世紀にタイムスリップするという映画の内容に合わせて、「14世紀のマメ知識」みたいなのを書いている、ちょっと目を引く広告なんですよね。

言っちゃ悪いけど、「タイムライン」なんてねえ、本国では批評家にクソミソにけなされ(くされトマトではなんとホメ率11%。ちなみに「M&C」は84%)、ボックスオフィスでも大コケした映画ですよ。でもね、この小さい広告には、「何とかこの映画に興味を持って欲しい」という気持ちが表れている。「どこかに売れる要素がないか」と、よく調べ、頭を使った痕跡がある。映画をよく知りもしないで、「こんな映画売れやしないんだから、売れる路線(それも、自分で考えたのではなく、よその誰かが成功したものの真似)の内容をでっち上げて観客を騙しとけばいいんだ」という態度で作ったでっかい広告より、ずっと心に響くよ。

「M&C」よりもまともに扱ってもらえている、他の全ての映画に嫉妬を感じる今日このごろです。

2004/1/10  22:18

違うものは違う。  日常雑記

これは、だいぶん前から気づいていた私の性格なんですが。

私は、たとえば「イラクへの自衛隊派遣は是か非か?」みたいな重要な問題について(あ、この件について討論したいわけではないので、ここで突っ込まないで下さいね)、自分とまったく違う意見があったとしても、わりと平気で放っておける性質です。「意見」の違いは気にならない。しかし、どんなささやかな事でも、「事実」として間違った事を平気で言われるのには我慢できない。人が間違ったことを信じ込んでいる時、訂正せずにいることは生理的に耐えられないタチです。

ずっと前、英会話教室に通っていた時のこと。その教室で使っていた英会話テキストに、次のような文章がありました。「商品についているバーコードには、商品名、メーカー、価格など様々な情報が詰め込まれています。」

私は、「それは違う、商品についているバーコードそのものに含まれている情報は、13桁(あるいは8桁)のJANコードだけだ。それをレジやホストコンピュータに格納された商品マスターとマッチさせて、初めて商品名や価格が表示されるのだ。」ということを、クラスの会話の流れを遮ってまで滔々と(いえ嘘です、英語だったのでつっかえつっかえ)説明しました。先生は呆れて、「それはわかったけど、なぜそうムキになるのだ?」とおっしゃいました。私は恥ずかしくなり、「いえ、今、商品マスター作成の仕事で苦労しているので…」とごまかしましたが…

確かに、普通の人は「そんなことでムキになるのはおかしい」と思うような、どうでもいい「事実」かもしれません。それでも…違うものは違うんだもん。バーコード自体に含まれている情報はコードだけだし、マキシマスはローマに行った事がなかったし、ネルソンの海軍は兵力不足を補うために子供を動員したりしなかったんだよ〜。

いや、厄介な性格ですわ。

2004/1/8  22:19

映画宣伝に関する笑い話  映画・俳優一般

例の「マスター・アンド・コマンダー」予告編問題について考えていて、ふと思い出したことがあります。

私はこの映画の予告編を観て「これほどひどい映画宣伝は見たことがない」と書きましたけど、まあ、それは真実ではあるのですけど、正確に言うと、「これほどひどい映画宣伝はここ二十年間見たことがない」でした。それは昔、これを上回る(下回る?)ヒドイ宣伝を見たことがあるからです。それは「フレッシュ・ゴードン」と言う映画。…あ、「フラッシュ・ゴードン」じゃないですよ。「flesh(肉体の)Gordon」、スペースオペラ「フラッシュ・ゴードン」をパロディにしたポルノ映画です。(私はこの映画を観ていないのですが…まあ、観るまでもないでしょう。)

これが公開された頃、日本でも「スター・ウォーズ」が大ヒットし、世はスペースファンタジーブームでした。「フレッシュ・ゴードン」を配給した日本の映画会社は、そのブームに乗ろうとしたのか、何とコレを「ロボットとか宇宙船とかの出てくる、普通のSFファンタジー」として宣伝したのです。当時は日本には「R指定」という制度がありませんでしたから、X指定にするほどのハードコアではなかったこの映画は、女性が下半身を出しているところだけボカシを入れて、一般映画(小学生や幼児でも鑑賞OK)として公開されたそうです。ソフトコアとはいえ、立派な(?)ポルノ映画をですよ。(まあ、スペースオペラのパロディだけあって、ちゃんとSFっぽいものも出てきたそうですけど。人間をエッチにさせる秘密光線とか、股間にドリルのついたロボットとか…いかん、観たくなってきた(笑))

当然、勘違いして観に来る子供が続出。私の近所のおばさんも子供を連れてこれを観に行った、という話を聞きました。…さぞ困ったでしょうね(笑)。まあ、私の知る限りひどい映画宣伝といえばあれがNo1でしょう。「M&C」は余裕でNo2の座に着けますが(笑)。

さすがに今はあんなことはないよなあ…と思っていたのですが。…日本の洋画配給会社の体質って、あの頃とあんまり変わっていないのかもねぇ…

2004/1/1  22:20

あけましておめでとうございます。  海外ドラマ:フレンズ他

今年もどうぞよろしくおつき合い下さい。

さて、新年と言えば、「新年の誓い」がつきものです。しかし、誰でもそうかもしれないけど…思い返せば毎年毎年おんなじような事を誓っている気が。

「フレンズ」の第五シーズンに、ロスが「毎日新しいことに挑戦する」と誓いを立てたエピソードがありましたね。ロスは「新しいこと」の一つとして革パンを買い、そのせいで散々な目に遭うのですが…でも、この誓い自体は、とってもいいなと思っていたのです。

まあ、毎日は無理だけど…月に一回ぐらいは、ささやかでもいいから、今までにやったことのない事に挑戦する気持ちでゆきたいものです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ