2004/2/27  22:13

映画好きとして(わたしがしつこいわけ。)  映画・俳優一般

またまた「マスター・アンド・コマンダー」の宣伝問題ですが…今まで私は、主にこの映画のファン、そして原作ファンの立場でイロイロ言ってきたわけですが、今日はその立場をちょっと離れて、「映画一般のファン」としてこの予告編がどうして困るのかを述べたいと思います。(いかんいかん、こういう口調が癖になりかけているよ。)

この件に関して、「予告編なんて信じてる人はいないよ、特に年季の入った映画ファンは」と言う人が多いのですが、果たして本当にそうでしょうか?私も、年季だけは入った映画ファンです。予告編は、鵜呑みにもしませんが、頭から無視してもいません。

そりゃ、映画の「出来」を判断する上では、あまり信用していないかもしれない。「予告編では面白そうだったから観に行ったのに、全然つまんなかった」っていう体験は人並みにありますし。だから、「アカデミー賞最有力!」「映画史上空前のスペクタクル・ロマン」「全米マスコミ絶賛」「10年に一度の傑作」なんていう惹句は、話半分どころか話百分の一ぐらいに割り引いて聞いています。まあこれは、みんなそうだと思う。

でもね…出来不出来はともかく、その映画が何についての映画なのか、だいたいどういう雰囲気なのかについてまで、予告編がまったく何の判断材料にもならないってことになると、それは困る。ロマンティックな音楽をバックに男女がキスしていたらラブストーリー、勇壮な音楽に爆発シーンならアクション、暗い画面に悲鳴が響けばホラー、子供が「さようなら、母さん」と言っていれば悲しい母子ものドラマ、「戦場にまだ幼い少年たちを送った」とか「僕たちはなぜ戦うのだろう」とか言っていれば、そういう事を問題提議したシリアスな反戦ドラマ。そういうごく基本的な、自然な連想さえいちいち疑ってかからなきゃならないとしたら、それは疲れる。予告編を見ること自体、苦痛に感じる。

「マスター・アンド・コマンダー」級のレベルで予告編と本編がかけはなれているのが「よくあること」ってことになっちゃうと、予告編から「自分の観たい映画かどうか」の見当をつけるのが、100%不可能になってしまう。映画ファン歴30年の経験を駆使して、割引いて、勘を働かせても、完璧にお手上げだ。

「予告編のせいで誤解して(本当は嫌いなタイプの映画なのに)観に行ってしまった」というのは、まあかまわないんだけど、「予告編のせいで誤解して(本当は観れば夢中になってしまうような映画なのに)見逃してしまった」というのは非常に困る。(「マスター・アンド・コマンダー」の場合、前もって知らなければ確実にそうなっていた。)近頃はリバイバル上映もめったにないから、その映画を大スクリーンで観るチャンスは、二度とないかもしれないんだから。

「マスター・アンド・コマンダー」の宣伝についてはもう手遅れでも、この件についてはもう一度ちゃんと言っておこうと思うのは、そういうわけなんです。幸いと言っていいかどうか、ここまで極端な例は今のところさすがに珍しいようですが、放っておくとすべての映画宣伝がこうなりそうで。って、もうなりかけているかな?

なお、この件について詳しくは↓こちらを。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/kumiko-meru/mc_senden.htm

2004/2/26  22:14

Sex and the City(第4シーズンネタバレ)  海外ドラマ:フレンズ他

初回放送を見逃していたので、「Sex and the City」の第4シーズンを再放送で初めて見ているのだが、2週連続でシャーロットに感動してしまった。

この筆舌に尽くしがたいほど素晴らしいTVシリーズの、主役である4人の中で、私はミランダとサマンサが贔屓で、シャーロットはたいして好きじゃなかった。でも、離婚したシャーは素敵になった。すっかり見直した。

賃貸で住んでいた豪華マンションが分譲になり、頭金が払えなくて追い出されかけていたキャリーに、離婚しても思い入れのあった自分の婚約指輪を差し出すシャーロット。他の何を犠牲にしても子供が欲しかったのに恵まれず、おまけに夫と姑が養子を嫌がったために離婚することになったのに、「思いがけず」妊娠したミランダの面倒を見て、ベビーシャワーを開いてあげるシャーロット。

女の友情って、障害が多いだけに、成立した時はすばらしい。がんばれシャーロット。

2004/2/7  22:15

13歳のハローワーク  映画・俳優一般

という本がベストセラーになっていると聞き、本屋に行ったついでに立ち読みでぱらぱらとめくってみた。これは「自分は何が好きか」という視点から職業を選べるように、世の中にどのような仕事があるのかを子供たちに説明するという体裁になっている本らしい。いい視点だと思う。

ふと思いついて、「映画が好きな人」の項の「映画配給」と「映画宣伝」のところを見てみた。

「映画配給」のところには、「映画を見る鋭い目と映画への愛が不可欠」と書いてある。ふうん。

「映画宣伝」のところには、「その映画の魅力をよく理解しなければならない」と書いてある。へ〜。

今13歳の子たちが職業を選ぶ頃には、本当にそうなっているといいと、心から思う。

2004/2/1  22:16

皮肉も通じない人々  映画感想 〜2007年

昨日はマイケル・ムーア・デイ。WOWOWの「マイケル・ムーア特集」で、「ロジャー&ミー」「ザ・ビッグ・ワン」「ボウリング・フォー・コロンバイン」「The Awful Truth」とぶっ続けで見た。面白かった。マイケル・ムーアは凄い。偉い。マジで尊敬する。彼を見てると元気が出てくる。彼は冷静で、忍耐強く、アイデアに溢れている。人間、言いたいことがなかなか通じないとだんだん怒鳴り声になってきたりしがちだが、彼は決して声を荒げず、決して諦めず、同じ考えを何百回も言うのを厭わない。「順調に利益を上げている企業は、従業員を大量解雇すべきではない。」「すぐに引き金を引くような人間は、身近に銃を置くべきではない。」などといった、plain and simpleな考えを。

映画の感想は(気が向いたら)後で書くとして、今日はTV番組の「The Awful Truth(マイケル・ムーアの恐るべき真実)」についてだけ。この番組で、彼は「これはおかしい」と思ったことを色んな手で皮肉っている。NRA(全米ライフル協会)に「子供たちに銃の素晴らしさを教える着ぐるみキャラ」を売り込んだり、無風地帯の選挙区に「フィカス(植物)」を立候補させたり、「黒人が黒い財布を持っていると、警官に銃と間違えられて危険だ」とオレンジ色の財布を配ったり。それでも、NRA、無風地帯の下院議員候補、NYの警官などは、少なくとも皮肉に気づいて、怒ったり苦笑いしたりしていた。

怖かったのは、テキサスの死刑賛成派と、中絶反対派だ。番組が送り込んだチア・リーダーが「死刑執行数でぶっちぎりナンバーワン!テキサス州知事ジョージ・W・ブッシュ万歳!」と叫ぶのを見て、歓声を上げるテキサス死刑賛成派のデモ隊。「病院を爆破し、医師を暗殺して中絶戦争に勝利した反対派のみなさん、おめでとう。我々中絶賛成派は白旗をあげます」と言われて「どうもありがとう。負けを認めるのは立派だわ」とにっこりする中絶反対派の女性。「我々の後には神がついている」と思っている連中には、皮肉すら通じないのだな…と、ぞっとした次第。

マイケル・ムーアに言いたい事はひとつだけ。あなたの映画をもっと見たいから、健康に気をつけて長生きして下さい。ジャンクフードはほどほどに。野菜も食べた方がいいですよ。

ちなみに…「ザ・ビッグ・ワン」を観ていて、ひとつ余計なことを考えてしまいました。「マスター&コマンダー」の宣伝が「英国軍はまだ幼い少年たちを戦場に送った」と繰り返すのは、ナイキが宣伝で「ナイキは、インドネシアのまだ幼い少女たちにスニーカーを作らせています。」繰り返すようなものだな、と。あ、いや、ナイキが何かの間違いでそんな宣伝をしたら、「なんて正直な」と褒め称えますけどね。ナイキのスニーカーは二度と買わないと思うけど。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ