2004/6/30  20:06

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人  ハリー・ポッター

本当に本当に楽しかった。1800円で映画を観たのは3ヶ月ぶりぐらいですが、このワクワク感にくらべたら安いと思えるぐらいに。だから、後でいろいろ文句みたいなことも言うけど、気にしないでください。

私はハリポタは3巻だけ限定で「熱心なファン」です。(他の巻は、好きだがファンというわけではない。)だから、3巻の映画化が前2作より格段に良い出来なのは嬉しい。(前2作の出来が特に悪いわけではないけど。)

ヒッポグリフの造形は、今までこのシリーズに出てきたどのクリーチャーより良いし、「忍びの地図」のデザインには本当に感心しました。前2作のハデハデから、全体にダークなトーンに押さえてあるのもいい。「バットマン」から「バットマン・リターンズ」への変化みたいなもんで、前作を引き継ぎながら、より暗くなり、character-drivenになり、センスがよくなった。

そして、ゲーリー・オールドマン、デビッド・シューリスを始めとする、大人の俳優陣のすばらしさ。そして、常にこのシリーズの最大の輝ける星でありつづけるハーマイオニーのカッコよさ。なんだ、完璧じゃないか、と思いながら観ていました…最初の2時間は。

そう、残念なのは…この映画の唯一最大の欠点は、「解決編」があまりにも急ぎすぎで説明不足なことです。私は原作を英語と日本語両方で何度も読み返している人なので、こういう仮定に立つのは難しいのですが…これ、原作を読んでいない人には、よくわからないんじゃないかと思う。

以前に私は、「映画を必ずしも映画単独で評価する必要はない、原作とセットになっているという映画もアリだ」という意味のことを書いたのですが…この映画の場合、全体的に良く出来ているだけに、終盤の説明不足のせいで映画自体として傑作になりそこねているのが惜しいのです。

まあこの「解決編」は、原作でもある人物の長台詞のみで説明されていて、一回読んだだけではわかりにくかったところです。映画化は難しいだろうなーと思っていたのですが。だからこそ、いっそ回想シーンなどふんだんに取り入れて、じっくりやって欲しかった。それは私が個人的に「親世代」のファンだからというわけではなくて…やっぱりあの友情と裏切りのドラマが、3巻のキモだと思うのですけど。

また伏線として、「ピーター・ペティグリュー」の存在がこの解決編のポイントになっているのだから、あらかじめしっかり紹介しておくべきだったと思う。特に、彼の死因が「シリウスの起こした大爆発」であり、「死体が指一本しか見つからなかった」ということを。「犯人と被害者のトリック」…ミステリの基本です。

そう、前にも書いたけど、「ハリー・ポッター」シリーズって、ファンタジーでありながら話の基本構造はミステリなんですよね。だから、「事件のあらまし」「容疑者」「手がかり」はちゃんと提示しておかないと。

ハリーが地図にペティグリューの名前を見つけたり、それをルーピンに教えたりする原作にないシーンを入れたのは上手いと思う。でも、ペティグリューがなぜ重要なのかわからないのでは何にもならない。

ルーピン関係の伏線もはしょりすぎ。終盤でハーマイオニーが「あの薬は飲んだの?!」と叫ぶけど、だったら要るでしょう、「あの薬」のシーンは。それからたとえば、「ルーピンの前で変身した『まね妖怪』を見て、ふと眉をひそめ首をかしげるハーマイオニー」とか「宿題をしながらはっと息を呑むハーマイオニー、資料の本の動く写真のアップ」とかの短いカットをはさんでおくだけで、最後の唐突さはだいぶ薄れると思うのですが。

そんなシーンを全部入れていたら時間が足りないだろうって?それなら代わりに、ホグズミードのシーンをそっくりカットしてはどうでしょうか。ピーター・ペティグリューとシリウスがハリーパパの親友だった話、殺人事件のあらまし、全部まとめて最初にロンパパが話してしまうのです。そうすればハリーが盗み聞きするシーンは必要ないし、「事件の背景説明」と「真相の暴露」が1回づつになって、かえってわかりやすかったのではないかと思いますが、どうでしょうか。まあ、いまさらまったく意味のない提案ですけどね。

褒めるつもりなのに、どうも文句の方が長くなってしまうなあ。でも、そこんとこを除けば良かったのですよほんと。

最後に褒めておこう。クディッチやキングス・クロス駅やクリスマスやゆかいなゴーストなどといった1〜2作で紹介済みの要素をばっさり切って、テーマを「ハリーと亡き両親との絆」に絞っているのはいいと思います。

恐怖に勝つのはユーモアだ」ということ、「幸福な記憶は絶望に打ち勝つ力がある」ということ−原作で魔法を通じて語られるテーマが、ハリーの「最も幸福な記憶」の設定を原作とは変えることで「取り返しのつかない大きな喪失(愛する人の死)にどう対処するか」というもう一つのテーマと繋がってくるあたりも、うまいなあと思いました。

まあ、とにもかくにも、映画を観るのにこんなにワクワクしたのは、去年の11月に「マスター・アンド・コマンダー」を初めて観たとき以来ですから。

ところで、映画館に入る前にちょうど、銀座をナイト・バスが走っているのを見ましたが、あれは何だったのかなあ。

2004/6/23  20:08

めぐり逢う時間たち  映画感想 〜2007年

…を観ました、先週。たぶん私はよくわかっていないのですが、この映画(「ダロウェイ夫人」を読まないとだめかなあ)。でも、わからないなりにかなり印象的な映画でした。

以下、暑さのせいで頭がまとまらなくて(便利な言い訳だ)ぐちゃぐちゃの感想です。いや、すでに映画の感想じゃないかも…

以前に「私の愛情の対象」という映画を観て、人生のオプションが自由に選べるってことは素晴らしい、けど自分で選んだ以上、幸福も不幸も言い訳なしで引き受けるしかないから厳しくもある、でもやっぱり素晴らしい…とか思っていたのですが、この映画のメリル・ストリープ、ジュリアン・ムーア、ニコール・キッドマンの三世代の女性を見ていても同じようなことを感じました。

それと、ダイアナ(「オーブリー&マチュリン」シリーズの登場人物)のことも考えたりしていました。いろんなところでダイアナの行動が理解できないとか許せないとかよく読むのですが、私はその度に「えー、わたしはよくわかるけどなあ」と思っています。

ダイアナって、この映画のバージニア・ウルフよりずっと前の、女性の生き方のオプションなんてほとんどない時代のひとです。用意されている生き方にぴったりはまる人はいいですよ。あるいは、社会の常識に反することでも「こういう生き方もあるのだ、私はこれでいいのだ」とちゃんと言葉で説明できるほど頭のいい人は。

でもそうでない人は、自分でも理由がわからないままに常にどこかイライラしながらすごし、ある日極端な行動に走るんだろうな…と、この映画のジュリアン・ムーアを見ながら思いました。

少しは映画感想らしいことを。今更ですが、メリル・ストリープの上手さは化け物(ホメ言葉)ですな。ジュリアン・ムーアもすごい。ニコール・キッドマンは二人に比べたらそれほどでもなくて、オスカーは「右代表」って感じですが、途中でニコール・キッドマンが演じていることを忘れてしまうのはすごい。

以上、読み直しなし推敲なし。読みにくくてすみません。

2004/6/14  10:56

Bend It Like Beckham  映画感想 〜2007年

「ベッカムに恋して」を観た。(先日のWOWOW放映の録画)

この邦題、とても評判が悪いようです。公開されたのはベッカム人気が最高潮の頃だし、日本語にしてぴったりくる題名は思いつかないし、しょうがないかなあ、とも思うのですが、いかにも惜しい気がする。なぜなら、この映画でおそらく一番いい部分は、"Bend it like Beckham"というこの題名だからです。

私はサッカーにあまり詳しくないのでよくわからないのですが、何でも、ベッカムというのは「止まったボールを蹴らせたら世界一」だそうですね。見事にスピンがかかって敵の間をすり抜けてゆく彼のコーナーキックは絶品らしい。「ベッカムのように曲げろ」というこの題名は、女としてマイノリティとして生きてゆく上での障害を、ベッカムのコーナーキックのようにしなやかにすりぬけてゆけ−という意味。実にいい題名です。

主人公のジェスミンダは、予想より大人っぽい娘で、ベッカムにも「恋している」というより、選手として憧れている部分の方が大きい感じ。だから本当は、「ベッカムのコーナーキックに恋して」という題名にしなければいけなかったかも(笑)。

観る前は、「ロンドンに住むサッカー好きのインド系の女の子が、『サッカーなんて女らしくない、それより料理を覚えなさい!』という家族の反対にもめげずにがんばる」という話だと思っていました。いや、それはその通りではあるのですが…お母さんはたしかにそうなんですが、お父さんの反対している理由は違っていました。

お父さんはかつて優秀なクリケット選手だったのですが、インド系であるために英国のチームを追い出されてしまったという苦い経験があります。だから、ただでさえマイノリティとして生きてゆくしかない娘は、「女子サッカー」なんていう、それ自体未だマイナーな競技で苦労するより、大学へ行って弁護士を目指した方が将来にプラスだという、まことにもっともな理由で反対しているのでした。

以下ネタばれ==>しかし、娘ががんばる姿を見ているうちに、お父さんの気持ちが変わってきます。まあ、予想のつく展開ではありますが、「クリケットチームを追い出された時、私は黙って甘んじた。それ以来、クリケットのことは忘れようと努めてきた。お前にはその過ちを繰り返してほしくない」と言って、娘をサッカー留学に送り出すところ、けっこう感動しました。ラストで(おそらく長いことやっていなかった)クリケットをプレイしているお父さんの姿が映るのが、また感慨深い。<===ネタばれここまで

「リトル・ダンサー」といい、これといい、英国のこの手の映画は「お父さんが泣かせる」というのがお約束なのかな。あ、ついお父さん中心の感想になってしまいましたが、主役は娘です(笑)。

それと、ロンドンにおけるインド系の元気さがうかがえる映画でもありました。マサラ映画みたいに踊りまくるシーンもあったし。

唯一のいちゃもんは、あの監督役の人かな。いくら膝を痛めているといえ、サッカー選手の走り方じゃない気がする。

2004/6/12  10:57


軽く楽しめる映画でした。美しい海、美しい男、美しい筋肉。

この映画が批判されているとしたら、あれですね、あの「ああ〜う〜」という女声の歌の入った音楽、あれがあまりにも「グラディエーター」に似ているせいじゃないでしょうか。あれがあるんでつい「グラ」と比較してしまうのでしょう。(実際、最初のシーンはあまりに似すぎていて、私も一瞬、麦畑を歩くマキシマスが出てきそうな気がしたし。)でも、全然違う映画です。(アキレスかヘクトルのどちらかにマキシマスを求めたら、失望すること確実。)

私は「イーリアス」を読んだ事はないし、この話は子供向きの本で読んだ記憶があるのみなので何とも言えないのですが…この話を「アキレス対ヘクトル」の映画にしたのは大正解だったと思います。今時、「国を滅ぼす愛」とか「傾国の美女」の話なんて、見たいと思わないですよ、女性は。それより「男と男の対決」「さまざまなタイプの美男ずらり揃い踏み」でしょう。

その点では、エリック・バナもショーン・ビーンも美じいさんのピーター・オトゥールもよかった。でも、やっぱりこれはアキレスの、ブラッド・ピットの映画ですね。あのバカっぽいまでの美しさ(褒めているのです)、美しい腕と脚、脱ぎ脱ぎ方面のサービスぶり、軽々とした動き、名声に焦がれる、自己中でバイセクシャルなヤンチャ坊主。トシをとりすぎる前に彼がこの役をやってくれてよかったです。

だからこそ、彼が破天荒なヤンチャな魅力を発揮してくれる場面が少なかったのは、私的には残念。最初のシーンの「アキレスはどこだ〜」と探しにいったら、ご乱交の後女二人と寝たくっている、という登場があまりにすばらしくて、いいキャラだなーと思ったのに、割とすぐに「愛に目覚め」たりしちゃったのは残念。いや、最後はそれでもいいのだけど、その前にもっと好き勝手やってくれなきゃ。

ヘレン役の女優さんがあまりに安いので、予告編を見たときから「?」となっていたのですが(キレイはキレイだけど、王妃というより「今月のプレイメイト」って感じ)、あれはわざと…というか、「ヘレンとパリスには重点をおいていない」という表れなのでしょうね。だったら、本当にもっと出番を少なくしてほしかった。あのバカップルが出てくると、映画がどんどん安くなるのよね。いや、オーランドくんの愚弟ぶりはそれなりに可愛かったですけど。

何でも、監督は最初はヘレンを出さないつもりだったのに、会社から圧力をかけられて出すことになって急遽みつけた女優さんだそうです。ああ、出さない方がよかった。ウィアー監督のように、踏みとどまってほしかった。

「女性キャラが出てこないと女性が感情移入できない」なんていう思い込みを、いい加減捨てて欲しいですな、日米の映画関係者は。女性キャラへの感情移入なら、ちゃんと女性を主人公にした映画でします。このヘレンにどうやって感情移入しろっちゅうねん。

2004/6/11  10:58

ハリポタ予告  ハリー・ポッター

筋肉番付ギリシア編…いや、「トロイ」を観てまいりました、やっと。感想は明日書きます。(ほんっとにアホな感想しか書けない気がしますが)

とりあえず、ハリポタ3作目の予告に感動。わたしが見たのはこれで3バージョン目ですが、こんなのも出ていたのですね。こんなに見せちゃっていいのかな?ハーマイオニーが○○○を●●●するシーンまで…(注:ネタバレに配慮しているだけです。)

ナイト・バスの車掌さんをやっているホロムもちゃんと台詞しゃべってたし。

るーぴんせんせのヒゲは微妙ですが、期待が高まっています。先行オールナイト観に行っちゃおうかしら。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ