2004/9/29  10:10

華氏911  映画感想 〜2007年

たしかに、「ボウリング・フォー・コロンバイン」ほどには「面白く」はないのだが−
たしかに、ムーアの著作「おいブッシュ、世界を返せ」を読んでいれば、新しい情報は何もないのだが−

というか、ムーアは何も「暴露」しているわけではないのだ。ここで語られていることのひとつひとつは、トップ・シークレットでもなんでもなく、特に上手に隠されているわけでもなく、それどころか、使われている素材のほとんどは、公文書だったり、ちゃんとメディアで報道された映像だ。ちゃんと目を開き頭を使っていれば、わかるはずのことなのだ。

なのに、なぜわからないんだ、アメリカ人(…の一部)には!−という苛立ちと。

ひょっとして、本当はわかっているのか?騙されたふりをしてるだけで、実は百も承知で、それでもブッシュを支持しているのか?「戦う大統領」だから、「強いアメリカ」を実感したいから。(大義があろうとなかろうと、戦争しなけりゃ戦勝国にはなれないものね)−という、何とも胃の重くなる、うすら寒い思いと。

おそらく感動の涙を誘うであろう、息子をイラクで失った母親のエピソードも−彼女には心から同情するが、それでも−「自分の息子を失わなければわからなかったのか」と、どこか醒めた目で見ずにはいられない。

正直、この映画を観ても、「ボウリング・フォー・コロンバイン」や「ロジャー&ミー」を観た時のような、知的刺激や楽しさは感じなかった。

でも、それがこの映画なのだと思う。他に描き方はないのだろう。映画として良く出来ているかどうかは(かなり良くできているとは思うが)、この際、あまり関係ない。

アメリカ人は本当に見えていないのか、無意識に目をふさいでいるのか、それとも−考えるのも嫌だけど−見えているのに、それでいいと思っているのか?

2004/9/28  1:31

マーサ・グライムズの「パブ」シリーズなど  読書&アート

まず、たまには今後の更新予定を。

オーブリー&マチュリン9巻の「感想」は次回で終了です。29日か30日にアップ予定。

今日、「ミステリー、アラスカ」のDVDと一緒にマーサ・グライムズ「パブ・シリーズ」19巻がAMAZONから届いて、しばらくはこちらを読むので更新はお休みです。1週間ぐらいの予定ですが。

その後の1週間で10巻の翻訳を読んで(まだ読んでなかったのだ)短く感想を書き、11巻の感想には10月中旬に着手して、今年中には終わらせる…予定。9巻は3ヶ月以上かかってしまったけど、11巻は2ヶ月以内で終わらせるぞ〜(ささやかな決意)。


さて、ここからはマーサ・グライムズ作のミステリの話ですので、興味のない方は飛ばして下さい。あと、未訳分の本について、はっきりしたネタバレはしませんが全体の感想とか書いてしまうのでご注意を。

パブ・シリーズ(リチャード・ジュリー&メルローズ・プラントシリーズ)も、翻訳が出なくなってずいぶん経ってしまいました。13作目の「レインボウズ・エンド亭の大いなる幻影」が最後で、その後、(14)The Case Has Altered、(15)The Stargazey (16)The Lamorna Wink (17)The Blue Last (18) The Grave Maurice (19) The Winds of Change ...と6作も未訳が溜まってしまいました。

私、以前はこのシリーズがものすごく好きで、特に15巻の「The Stargazey」のオシャレな面白さには大興奮して、その勢いで公式サイトの掲示板に参加したり、サイン会のためにはるばるニューヨークまで出かけたりもしたのですが…

16巻以降は、正直に言って、翻訳出なくてもいいかなあ、なんて…

全然面白くないというわけじゃないんですよ。ただ、あまりに暗い!

初期・中期のシリーズにも暗い面もあったのですが、それは恋愛関係の悲劇とか、秘められた過去の傷とか、どちらかというとロマンティックなラインの「悲しみ」でした。私は基本的にユーモアに溢れた明るい話が好きですが、パブ・シリーズはユーモアと悲しみがほどよくブレンドされていて、そういう所が好きだったのですが…

ところが16巻以降は…暗いのです。それも現実の犯罪の悲惨さをもろに取り入れているような「暗さ」で。作者に何か、心境の変化があったのかなあ。

なにより、毎回のように子供が被害者になる犯罪が出てくるのは、かなり辛い。(それも性的虐待がらみだったりするし。)特に18巻「The Grave Maurice」の展開のあまりの悲惨さ・理不尽さに、もうはっきり言って読むのやめようかと思ったのですが。

これが現実、という見方もできるし、このシリーズでなければ、別に暗いのが悪いわけじゃないのですが…うーん、このシリーズにリアリズムは求めたくなかった。どうして、「The Stargazey」のラインでいってくれなかったのかな。

でも、やっぱり新作が出ると買ってしまうのだな。19巻もやはり子供に対する犯罪が出てくるみたいで、今回は非常に迷ったのですが。まあ、作品としての評価は高いみたいなので、気を取り直して読んでみます。(これでだめだったら、もう買わないかも…)

2004/9/27  10:12


ポール・ベタニーの「ウィンブルドン」がアメリカで公開されて、ボックスオフィスの初登場4位に入ったようで、映画情報系番組でちらほら紹介されてますね。

うわー、ほんとにラブコメだよ。思い切りかわいい系だよどうするよ。なんだかわけもなく照れてしまいますが。でもすごく楽しみだ〜

でも、「主演は、『スパイダーマンシリーズの』キルスティン・ダンスト」と紹介していたから、「と、『マスター・アンド・コマンダー』のポール・ベタニー」と続くのを期待したのですが…「イギリス人俳優のポール・ベタニー」……

「イギリス人俳優」って…そりゃそうだけど…なんとなくがっくし。

2004/9/23  10:14

美容院  日常雑記

連休中に美容院に行きました。

美容師さんが持ってきてくれる雑誌が「Very」と「オレンジページ」だったりすると、私もそういう年齢に見えるのかなあと、ちょっとがっかりしたりもするのですが、考えてみれば会員登録で生年月日はばれているのでした(笑)。

それで、カットしてもらいながらぱらぱらまくっていた「オレンジページ」の「悩み相談コーナー」が、ちょうど「私は美容院で美容師さんと話をするのが苦手です。どうしたらさりげなく楽しく話せるのでしょう?」という悩みだったので、ちょっと笑いました。思わず隠してしまいましたが。

その答えは、簡単に言うと、「こちらは客なのだから無理して話すことはない、美容師だって話し好きな客ばかりではないと分かっている、無理に話をしていると『話し好きな客だ』と誤解されるので適当に生返事をして黙っていればいい」というもので、私も全面的に賛成なのですが、今回の美容師さんとはたまたま、海外の話で盛り上がりました。…というか、むこうがロンドンとニューヨークで修行した話をしゃべりまくって、私は聞いていたのですが。まあ、いろいろこっちに訊かれるよりは楽でいいのですが、話に熱中して手がお留守になるのは困る…

2004/9/22  10:15


そうそう、ニューカッスルの「スポーツバー」みたいなところでお茶を飲んだりもしました。店内のテレビではクリケットの試合(イギリス対インド戦)を中継していました。クリケットの試合を(TVでも)見るのは初めてだったのですが、オーブリー&マチュリンの6巻のあらすじを書くときにルールを調べたので、少しは何がどうなっているのかわかりました。や、何が役に立つかわかりませんね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ