2004/10/25  1:26

Patrick O’Brian 21届きました。  パトリック・オブライアン

意外に…というかやっぱり中身は短いようなので、もったいないのでゆっくり読みます。

2004/10/24  1:27

台風、地震と  パトリック・オブライアン

立て続けに大変です。

被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

Amazonから「21」(オーブリー&マチュリン未完の21巻)を発送したとメールが。
待ってました!

しばらくこっちを読んでしまうので11巻の感想アップは遅くなるかもです。(とりあえず第一回は明日アップする予定…ですが。)

2004/10/16  10:09


映画「マスター・アンド・コマンダー」のオーブリー艦長の決めゼリフを、"Let's Fly"だと思っていらっしゃる方が多いようですが、あれは"Let Fly"です。

("Let Fly"は(この場合)「(軍艦旗を)揚げろ」という意味ですが、"Let's fly"だと、「みんなで飛ぼう」かな。)

気になったので、こんなところで誰にともなくつぶやいてみる。

2004/10/6  1:29

再びマーサ・グライムズ  読書&アート

マーサ・グライムズの最新刊「The Winds of Change」を読了しました。
意外にも(と言ったら失礼ですが)、面白かったです。正直、前の2冊よりずっとよかった。

5歳の幼女の射殺死体が発見されるところから始まって、性的虐待がらみで話が進むのでどうなることかと思いましたが、前作「The Grave Maurice」のように加速度的に救いのない展開になだれ込んで行くことはなくて…だめだ、面白かった理由を書くと、どうしてもモロネタバレになってしまう。ちゃんとした感想を書くことはあきらめて、いつもの下らない話にします。

ジュリー警視は、前の2冊に比べたら元気でてきたみたい。(彼にしては、の話。もともと元気ハツラツな人ではないので)メルローズは相変わらず、ジュリーさんにいいように使われています。もちろん無料奉仕。珍しく遠まわしにそのあたりの文句を言ったりもしますが、遠まわしすぎてあっさりと無視されています(笑)。使うのはいいけどさ、金持ちで暇人なんだから…でも、ジュリーさんはメルローズに冷たすぎるような気がする。前からですが。

ニューカッスルが出てきて、この間見たばかりの「ミレニアム・ブリッジ」が出てきたのでちょっと嬉しかったです。このシリーズの設定は1990年代なかばで止まっているので、まだ「建築中」なんですけど。そういえば前の「The Grave Maurice」に「ラッセル・クロウ」の名前が出てきて、掲示板で「彼はもう有名だった?」とかつっこまれていました。今回も「デビッド・ベッカム」の名前が出ていましたが。

前回未訳分の題名しか書かなかったので、ついでに全巻の題名を書いておきます。もし読みたい方がいらしたら、ご参考までに…4巻の位置が出版順と違いますのでご注意。廃刊にはなっていないようです。5〜8巻あたりが入手困難ぽいですが。私が最初に読んだ時は手に入った順だったので順番はめちゃくちゃでした。

1.「禍の荷を負う男」亭の殺人 (The Man with the Load of Mischief)
2.「化かされた古狐」亭の憂鬱 (The Old Fox Deceived)
3.「鎮痛磁気ネックレス」亭の明察 (The Anodyne Necklace)
4.「酔いどれ家鴨」亭のかくも長き煩悶 (The Dirty Duck)
5.「エルサレム」亭の静かなる決闘 (The Jerusalem Inn)
6.「悶える者を救え」亭の復讐 (Help the Poor Struggler
7.「跳ね鹿」亭のひそかな誘惑 (The Dear Leap)
8.「独り残った先駆け馬丁」亭の密会 (I am the Only Running Footman)
9.「五つの鐘と貝殻骨」亭の奇縁 (The Five Bells and the Bladebone)
10.「古き沈黙」亭のさても面妖 (The Old Silent)
11.「老いぼれ腰抜け」亭の純情 (The Old Contemptibles)
12.「乗ってきた馬」亭の再会 (The Horse You Came In On)
13.「レインボウズ・エンド」亭の大いなる幻影 (The Rainbow's End)

以上、文春文庫

未訳分
14. The Case Has Altered
15. The Stargazey
16. The Lamorna Wink
17. The Blue Last
18. The Grave Maurice
19. The Winds of Change



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ