2005/2/23  22:15

WOWOWでみた映画いろいろ&メールフォームお礼  映画感想 〜2007年

ロミオ&ジュリエット☆☆1/2

台詞はまったくシェイクスピアの原作通りなのに、画面はハデハデの現代。銃を持っているのに台詞は「私の剣を…」とかなっていて、それはこの世界でポピュラーな銃のブランドが"SWORD"だから(でも字幕では普通に「銃」となるので何のこっちゃ)…というようなお遊びはすごく好みだし、美術や衣装のセンスも好きです。でももう一歩、ひねりが足りない感じがして、途中で飽きてしまいました。ごめん。

「ロミオとジュリエット」のアレンジというのは、ハードル高いと思う。フランコ・ゼフィレッリの完璧にして清新な映画化がある上に、大傑作「ウエストサイド物語」や、最近では「恋に落ちたシェイクスピア」も面白かったし。見ながら、いちいちこの3本と比較してしまって。正統派のゼフィレッリ監督版の方が新鮮に感じてしまった。だめじゃん。

まあ、この監督は数年後に「椿姫」のアレンジで感涙ものの大傑作を作ってくれたから、これはその小手調べってところかな。

感動して見た人には怒られそうだけど、ひとつだけ、つっこまずにはいられない。ラスト、ロミオが死ぬタイミングだけが原作と微妙に違っているのは…意図はわかるんだけど、ヘンです。台詞がそのまんまだから、「(唇が)まだ温かい」って…まだ生きてますから!

アイデンティティ☆☆☆☆

やった、これは面白い!

よく出来たミステリというのは、最後まで犯人(トリック)が全然わからなかったのに、見終わって(読み終わって)から思い返すと
「ああ、もちろんそうだよ!あんなにはっきりヒントが出てたじゃないか!あれに気づかないなんて、私ってなんて馬鹿馬鹿!」
…といった嬉しい(?)思いをさせてくれるものですが、これはまさにそれ。(結末がわからなければいいってもんでもないのよね〜)

ドッグヴィル☆☆☆☆

これはミステリじゃないけど、最後になって「あ〜、なるほど、そういうことね」と、全て納得がゆくところが気持ちいい。題名(村の名前)の意味とか、透明な犬とか。【あれ、住民自身が犬だから犬は見えなくて、住民が全部死んでから初めて見えるようになったってことですよね。底意地悪いわ、ほんと。

「アイデンティティ」と比較して観ると、また味わい深い。ひょっとしてこれも、そういうことなのかも…(笑)

歌え!ロレッタ愛のために☆☆☆
フリーダ☆☆☆

映画館で観た「Ray レイ」も入れて、アーティストの伝記映画ばっかり観ているような気がする。単に「アカデミー賞特集」を観ているだけなんですが。「ビューティフル・マインド」も含めて、アカデミー賞って、つくづく伝記映画好きだなあ。

これらの伝記映画は、ごく大雑把に言えば「主人公が自らの才能と周囲の理解・愛情により、貧乏・差別・病気・障害を乗り越えて行く」という話。どれもいい映画だし、感動的だし、励まされるのだけど…才能あってこそなんだよねー、とか考えていて、そうでない伝記映画を思い出しました。それは「エド・ウッド」。

あれは、主人公がその情熱と脳天気さと、周囲の変人たちの温かい理解によって「自らの才能の無さ」を乗り越えて行く話でした。自身はバリバリの才人であるティム・バートンの、彼に対する愛情溢れる視線が素敵で、大好きな映画です。実際のエド・ウッドの人生が、あの映画ほどハッピー・エンドじゃなかったことを考えると、ほろ苦い気分になりますが。

ところで、「レイ」もそうだけど、「ロレッタ」の子供の頃の貧乏っぷりは驚きですわ。1940〜50年代のアメリカに(白人でも)あんな貧乏があったとは。当時、ハリウッド映画を観てアメリカン・ライフに憧れていた日本人には想像もつかなかっただろうなあ。

「歌え!ロレッタ愛のために」って、恥ずかしい邦題ナンバーワンですが、伝記映画をはじめどんな映画にでも応用できそうですね。「歌え!レイ愛のために」「描け!フリーダ愛のために」「撮れ!エド愛のために」「計算しろ!ジョン愛のために」etc...

相変わらず、全然映画の感想になってなくてすみません。

-----------------------------------------------------------
>アメジストさん
やーん、私も保険のくだりは大好きです!変なところで世間知らずなスティーブンに呆れてバンザイするサーが目に浮かびます。ジャックとスティーブンは「両方ボケ」のコンビですが、サーはすばらしいツッコミですね。

>エリクソンさん
情報ありがとうございます。船を思わせる家…見てみたいです。

>koreさん
ありがとうございます。こういうお言葉をいただけると、私も幾日も幸せな気分になれます。これからもよろしくお願いします。
このシリーズ、当時のアイルランドの歴史を知ってから読み返して、やっと少し理解できたところがたくさんあります…

>ダウトフルキャットさん
こちらこそ、ありがとうございます。原書はおすすめですよ〜

2005/2/17  23:46

書ける内にかいておこう  日常雑記

ここんとこ、わが家のADSLの接続が非常に不安定です…
大体はしばらくすると繋がるのですが、昨日は全然繋がらなくて焦りました。顔出さなくなったら、ネット落ちしていると思って下さい…

2005/2/10  21:57


レイ ☆☆☆☆
「オペラ座の怪人」が満席だったので代わりに観たのですが、良かったです!観客が少なかったのがもったいない。

主人公(レイ・チャールズ)の、ヤク中のとことか、女に超だらしないとことか、けっこう金にも汚いとこも余さず描いているのに、見ていてなぜか彼を愛し、応援せずにいられない。彼がそうなった背景を描く回想シーンのはさみ方が上手いからかな。事実そのものが限りなくドラマチックなのに、セリフで「感動のだめ押し」をしようとせずに、音楽にゆだねる演出も好感がもてます。

愛人が泣きながら"Hit the road Jack"を歌うシーンが素晴らしい。"Georgia on My Mind"も。今まで何となく耳に馴染んでいた歌の、底にこめられた魂をはじめて理解する瞬間…鳥肌ものです。

*関西人Aさん
>荒地の魔女の呪い
私はどうでしょう。老婆になるとか幼稚園児になるとかじゃなくて、微妙〜に年とったりしそう(汗)。30代が40代になるとか、40代が50代になるとか。それも嫌だな〜(笑)。

2005/2/5  0:39

映画感想・映画館感想  映画感想 〜2007年

【】内はネタバレ

ハウルの動く城 ☆☆☆

たしかに描き方のバランスが悪いところはあるのだけど(戦争をあんなに重厚・シリアスに描いておいて、【あんなにあっさり終わらせては拍子抜けだ】とか)、私はかえってこの方が好きでした。

何もかもにきっちり説明がついて、「監督はこの映画で何を訴えたかったのか」なんつう安易な疑問にもすっきりした答えが出るような映画が、なぜか疎ましく感じられる今日この頃。このバランスの悪さ、まとまりのなさがかえって好もしく感じたりする。それに、絵がこれだけ素晴らしければ、ストーリーなんて「良ければそれに越したことはない」程度のもんです。

ソフィーの呪いは解けたのか解けてないのか、気にしている人が多いみたいだけど…あれは、【元々「ばあさんになる呪い」じゃなくて「精神年齢に合った肉体年齢になる呪い」なのではないかな。だから、最後まで解けていない。心が若いままなら、ソフィーは一生あの姿】なんでしょう、きっと。

ついでに言うと…これを観た日比谷の映画館「スカラ座」は素晴らしいですね〜。全席指定だし、椅子もいいし、傾斜がついてて前の人の頭が邪魔にならないし、上映前にスクリーンの周りの(観客の視界に入る範囲の)全部の灯りが順に消えてゆくのも素敵。

ネバーランド ☆☆1/2

悪い映画じゃないし、「ピーター・パン」の話が好きなら絶対に心を揺さぶられる美しいシーンもありました。しかし…【人の死をクライマックスにして感動を盛り上げる映画】は、やっぱりちょっと苦手です。いちばん感動的なのは劇中劇。「ネバーランド」ではなく「ピーター・パン」に感動した…という感じかな。

ついでに言うと…これを観た日比谷の映画館「日比谷映画」はイマイチ。全席指定じゃないので、映画終盤になると扉の外に並んで次回上映を待っている人の声がザワザワと聞こえるし。周りの椅子とあまりに差をつけたでっかい「プレミアシート」が一番観やすいエリアをどーんと占めているのに、いつ行っても誰も座ってないし。なんかもったいない…

2005/2/2  22:28

メールフォームお礼  メールフォームお礼

*Samadhiさん
私も、あの予告編だけ見ていたら絶対観に行かなかったと思います…かえすがえすも、罪の深い宣伝でしたね。原作も面白いですよ!こちらこそ、そういうお言葉をいただけて嬉しいです。

*1/30にメッセージ下さった方
オブライアン氏は2000年1月、21巻を途中まで書いたところで亡くなってしまいました。「21」は去年の9月出版で、残されていた原稿をそのまま出したものです。外伝ではなく、話は20巻の続きですが、2章分ぐらいしかなくて、途中で終わっています。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ