2005/3/31  20:30

エターナル・サンシャイン☆☆☆1/2  映画感想 〜2007年

「気軽に覗くなよ、人の心の深淵を!」…昔読んだ「おそろしくて言えない」というマンガの、妙に可笑しくて印象に残っている一言を思い出してしまいました。

いやー、面白かったです。こういうあり得ない設定のコメディって、「自分ならどうするだろう」と気軽に考えさせてくれるのが楽しいですね。(そう、宣伝の印象とは違って、ロマンティック・コメディなんですねこれ。みんなコメディだと思って観てないから、可笑しいシーンでもクスリともしないのがちょっと寂しかった。)同じ「自分ならどうするだろう」でも、「ソフィーの選択」みたいな映画でそれを考えるのは辛いけど。

まあでも、一番消したい記憶が「ケンカ別れした恋人のこと」で、「思い出したくない恥ずかしい記憶」が…せいぜいあの程度のことなんて、何という幸せな人生だよ、という気もする。野暮を承知で言えば、本当にこういう装置があるなら、PTSDで生きて行くのも困難な人が使うべきだよな。「ソフィーの選択」のソフィーとか…

いや、何で「ソフィーの選択」が出てくるのかというと、あの映画を観たときに「私だったらソフィーと同じ選択をしたかもしれない。そしてその記憶をかかえていたら、やはり生きてはいけないだろう。ソフィーの記憶を消してあげられれば…」と、切実に思ったからです。

そんな深刻なことではありませんが、私にも、さっぱり消したほうがすっきりするであろう記憶は多々あります。でも「幸せな時もあったが結局うまくゆかなかった恋の記憶」なんて、いくら血迷ったって絶対に絶対に消さないなあ。一時的に辛くても、2週間(あるいは半年。個人差あり)もすればいい思い出に変わるに決まってるし。それはある意味、財産だし。いい経験と教訓にもなるし。

でも、経験と教訓を溜め込み過ぎると、同じ失敗を恐れて一歩が踏み出せない、と言うことはあるよね。ネタバレ→【「結局、悪いことは忘れてやりなおす運命の恋人ってことかい」と思いながら観ていたのですが…最後にもう一ひねりあって、「自分たちが運命の恋人などではなく、ただの『お互い好みのタイプなのに相性は悪い男女』であることを悟り、結局また同じ事で苦しむことになる可能性を十分承知しつつ、もう一度やってみることにする」というラストになっていたのがよかったです。「いいよ」という一言に、そう、これを受け入れることが人生よね、と思って、ちょっとうるっときました。

とにかく、観に行って損はないです。これが気に入ったら、ビル・マーレーの「恋はデジャ・ブ」も観てね。やはりあり得ない設定で、「自分ならどうするだろう」と気楽に考えさせてくれるコメディです。「ハリウッド的」というと悪い意味で使う人が多いけど、ほんとはこういう洒落た映画こそ「ハリウッド的」の真髄なんだよな…絶対にどこかで重くなる日本映画やフランス映画にはできない芸当。

最後に、ミもフタもない一言を。記憶を消すことの是非以前に、あんなデリケートそうな施術の最中にマリファナ吸ったりいちゃついたり、抜け出してデートしたり不倫騒動したり、パンティー盗んだり…こんな社員ばっかりの会社、永久脱毛だって頼みたくないよ〜

2005/3/29  0:37

囚人護送艦、流刑大陸へ  パトリック・オブライアン

オーブリー&マチュリン5巻「囚人護送艦、流刑大陸へ」(上・下)

みなさんもうご存知かと思いますが、5月上旬発売!ですね。
この邦題、けっこうびっくりしましたが(笑)
(でも、ずばり内容通りかも…)

とにかく、むっちゃ面白いです、こっからは。
わぁ〜くざぁ〜むはいど!(<意味のない叫び)

2005/3/27  13:47

フレンズ グランド・フィナーレ  海外ドラマ:フレンズ他

「想像していたより辛い」

…と、モニカのセリフと同じようなことを感じていました。

10年って長い。と言っても、私がファンになったのは第3シーズン放映直前の再放送からなので、8年ということになりますが…それでも長い。ここまでの長さがあると、「人生の一時期を一緒に過ごした」という感慨を、ファンのみんなが持っているのではないかと思います。

私自身、人生において一番けたくそ悪い時期(悪い言葉でスミマセン…辛い時期、というほどではないので、そう言うと本当に辛い思いをされた方々に悪いと思って)に、笑いをもたらしてくれたのがフレンズです。

そういう個人的なこともさることながら、第7シーズンと第8シーズンの間にあのひどい事件が起こって、「アメリカは変わってしまった」と思った時、「フレンズ」は変わっていなかったことにどんなに救われたか。

フレンズのスタッフとキャストに感謝するのはもちろんなんですが、最後のクレジットを見ていて、「この番組を、これほど『ちゃんと』日本に届けてくれるために、どれだけ沢山の本物のプロの方々がかかわっていたのだろう」ということを、あらためて思いました。

そこで、改めてここで深く感謝を捧げたいと思います。

奇跡的と言っていいくらい完璧にイメージに合った、演技も素晴らしい声を届けてくれた、牛山茂さん、水島裕さん、安達忍さん、田中敦子さん、深見梨加さん、平田広明さん、その他声優の方々。

原文のスピリットをとことん理解した上で視聴者の成長に合わせた、絶妙の翻訳をしてくださった野口尊子様はじめ、日本語版スタッフの方々。

そして、この番組を日本に(私に)届けてくださったWOWOWのスタッフの皆々様。

ありがとうございました。

(…て、こんなところで言っていても届くかどうかわからないので、後でWOWOWに同文を送っておこう…)




2005/3/24  20:16

感謝にたえません  

日記コメント、メールフォーム、メールなどでメッセージを下さった方々、本当にありがとうございました。

正直、反応を待っていた(反応がなければないで、それがひとつの答えだろうと思っていた)部分もあったのですが、本当にこれほどの反応をいただけるとは夢にも思っていませんでした。

一昨日の時点では、これからどうしようか何も決めていたわけではなく、本当にしばらく考えようと思っていただけですが…もし仮に、「もう絶対にやめる」と固く決意していたとしても、この2日間にいただいた素晴らしいメッセージの数々を読めば、そんな決意あっさり撤回していたでしょう。

世界一周の航海にも旅立てるだけの装備を頂いたような気分です。今までに書いた分は、注意書きの書き直しが出来次第、戻そうと思います。

2005/3/22  20:40

お知らせ  

パトリック・オブライアンのページの「感想」を削除しました。
今日、二人の方から「イメージの押し付けは気分が悪い」というメールを頂きました。立て続けに二人の方から頂くということは、よっぽどそうだったのだろうなと。

私の書いていること全てが「イメージの押し付け」であることは、前から自分でも思っていました。まだ読んでいないところについて他人の感想を先に読んでしまうことは、あらかじめ「読み方」を押し付けられているようで、自分だったら嫌だろうな、と。でも、これがただの個人HPであり「翻訳」を載せるわけにはいかない以上、あくまで自分のイメージと感想を主に書かざるを得ません。そういうことを注意書きとして書いてなかったのも悪かったと反省しています。

「そうまでして書く意味があるのか?」と言うのは、これまた以前から自問自答していたことであり…「意味なんかない、自分が楽しいから書いているだけ」と、ずっと思ってたのですが、人に気分の悪い思いをさせてまで書くことではないし、こうなってみると自分でもちっとも楽しくないし。

今はいろいろ、考えがまとまりません。これからどうするか、しばらく考えさせて下さい。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ