2006/3/27  20:41

ウォレスとグルミット 短編3本  映画感想 〜2007年

「ウサギ畑」…じゃなかった「野菜畑で大ピンチ!」を見てから、改めて「ウォレスとグルミット」の短編が見たくなって、「たしか、以前CATVで放送されたのを録画したはず…消しちゃったかな?」と、VHSビデオをつめたダンボール箱のホコリを払ったのですが…幸い、ちゃんと残ってました。

第1作の「チーズ・ホリデー」を見て、「野菜畑」とのあまりのテイストの違いに「あれ、こんなにイメージ違ったっけ?」と驚いたのですが…それは第1作だけでした。というか、「チーズ・ホリデー」→「ペンギンに気をつけろ!」→「危機一髪」と、三段跳びで「野菜畑」に近くなっていますね。アニメーションが緻密になると同時に、「シュールな味」が薄れ、その分映画として強化されている。

夢の一場面のような「チーズ」にくらべて、「ペンギン」にはちゃんとプロットとアクションがある。「危機一髪」ではそれに加え、ウォレス以外に人語を話すキャラが登場したので初めて会話が成立し(笑)、グルミット以外で(「不気味カワイイ」ではなく)素直に「かわいい!」と叫べるキャラ(ヒツジ)も登場し、さらに(「ニヤリとさせる」ではなく)声をあげて大笑いできるギャグがある。「ヒツジの登檣礼」が最高です♪

それでも、「危機一髪」→「野菜畑」は、今までにない大きなジャンプだなあ。長さだけではなくて。なにしろ、ウォレス以外の人間は短編3本で一人しか登場しなかったのに、「野菜畑」ではいきなり数十人だし。(単なる予算の関係かも。)なんと言っても、ギャグの密度が格段に違う。

たぶん、初期の手作り感とシュールな味の方が好きだというオトナもいるだろうな。でも私は断然、新作が好き。「野菜畑」→「危機一髪」→「ペンギン」→「チーズ」の順で好きです。

ついでに、「野菜畑」の感想で前回書き損ねたことを。

ヘレナ・ボナム・カーター&レイフ・ファインズ最高!レディ・トッティントンの、アメリカ人がモノマネする時みたいな大げさなイギリス上流階級発音で動く出っ歯とタラコ唇に、なぜか口開けて見とれてしまう私(笑)。ヘレナはティム・バートンとの交際以来イロモノづいているけど(失礼)、レイフ・ファインズまでがあんなノリノリの小悪党演技をしてくれるなんて。実写ではありえない贅沢ですね。(え、ハリポタ?…あれはちょっと違う。いや、本来は違うはず…)

短編から共通しているのは、ものすごくイギリス的であること。短編では「天然」という感じだったのですが、長編では少し意識して、英国っぽさを笑いのタネにしている感じ。(前述の大げさなイギリス発音とか、園芸に命かけてるところとか、ハンティング狂の貴族とか、教会に対する軽〜い扱いとか。)笑いに「意地でも」ペーソスを混ぜない、イギリス的にドライなユーモアは共通しています。

アメリカのオトナの中には、このあまりの英国っぷりに反発を感じる向きもいるようですが、いいじゃないねえ。子供はそんなこと気にしないよ。私だって、「くまのパディントン」が英国的だということに、大人になるまで気づかなかったのですから…

このシリーズを見ていて困るのは…チーズとクラッカーが食べたくなってしまうことですね。ああ、カロリーが…


2006/3/26  23:31

お花見  日常雑記

ソメイヨシノはまだまだですが、ヒガンザクラを見てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

花の蜜を吸う鳥(たぶんヒヨドリ)

2006/3/25  16:55

お誕生日おめでとう、ドクター  パトリック・オブライアン

Long practice had made him proficient at this exercise; but he was in some ways a simple creature and he had never perceived that on every succeeding Lady Day he was a year older, and that he was now exhibiting a vigorous young man's dose for a middle-aged body.

長年の習慣から、彼はこの(睡眠薬を飲む)動作に熟達していた。しかし、彼はある面では単純な人間であるので、毎年の「お告げの祝日」ごとに自分が一つ歳をとっていることも、元気な若者にふさわしい量を今や中年の身体に服用していることも認識していなかった。

〜第17巻「The Commodore」第7章188ページ

Lady Dayとはカトリックの暦で「お告げ」つまり受胎告知の日、3月25日のこと。(Lady=聖母マリアですね。)スティーブンの誕生日が3月25日であるというのはこの一節を元にしているのですが、改めて読んでみるとあまりめでたい文章ではありませんでしたね。

スティーブンの誕生祝を言うなら、ジャックにも言ってあげたい気もするのですが、ジャックの誕生日はわからないのでした。(あ、私がサイトのどっかに書いた「しし座」というのは、単なる私の適当な思いつきですので…)

まあ、それはともかく、スティーブン、誕生日おめでとう


2006/3/24  22:30


"A Good Year"、ニコール/バズ・ラーマンの映画に続いて、ラッセルはまたリドリー・スコット監督で、デンゼル・ワシントンと共演するそうですね。(再共演であることを知らない人もいるかもしれないので、強調しておきました。)

題は「アメリカン・ギャングスター」で、二人はライバルのギャング…かと思っていたら、デンゼルさんがギャングでラッセルは警官だそうです。「バーチュオシティ」とは逆の立場ですね。と言っても、これが「バーチュオシティ」の続編のような映画になるわけではないでしょうけど(当たり前)。

とにかく、楽しみな映画が続きます。この調子でガンガン働いてね。


2006/3/23  21:12

ジンクス?  映画・俳優一般

この前、映画館で配っているフリーマガジンをぱらぱら読んでいたのですが、今年のアカデミー賞の話で「『ブロークバック・マウンテン』は同性愛を扱った映画は作品賞を取れないというジンクスを破ることができなかった」と書いてありました。

あのー、いつそんなジンクスができたんでしょ?「同性愛を扱った映画」なら、「アメリカン・ビューティ」は?「羊たちの沈黙」は?まあ、二本とも主人公はゲイじゃないけど。主人公がゲイってことなら、「アラビアのロレンス」があるぞ。あと「真夜中のカーボーイ」はどうよ。まあ、この二本は古いから、映画内ではっきり描かれてはいないけど…

主人公がゲイで、それをメインテーマとしてはっきり扱っていて、しかも下馬評では作品賞本命だった作品ってことになれば、たしかに「ブロークバック」が初めてだけど…初めてなんだから、そもそも「取れないというジンクス」ができているはずない。

近年の演技賞のノミネートや受賞傾向を見ると、アカデミー賞は同性愛、むしろ大好きだと思いますけど。

授賞式の前は「政治的配慮で」ブロークバックが受賞確実と言われていたのに、取れなかったら「政治的原因で」取れなかったことになるのね…どちらにしても、どちらの映画に対しても、失礼千万な言い方だと思いますが。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ