2006/11/30  22:33

最近、思うのですが…  日常雑記

ファッションに限らず、エンタテインメントでも何でもそうだけど、熱心な崇拝者のいるモノやヒトには、たいていの場合、ちゃんとそれだけの理由があるのだ。自分がわからないからといって、決して、決して「崇拝する人たちがバカなのだ」と決めつけてはならない、と思う。特にファン層が女性だと、そう決めつけられがちなのだけど。

↑「プラダを着た悪魔」の感想の一部だったのですが、感想文はあちこち飛んでちっともまとまらんので、ここだけ抜き出してみました。


2006/11/29  23:56

とりいそぎ一言、  日常雑記

二言…

・「プラダを着た悪魔」観てきました。おもしろかった!まさに正しいアメリカ映画。満席の映画館っていいですね〜(自分が入れればですが。)

・オブライアン8巻、11章まできています。(以下ちょいばれ)
続きを読む

2006/11/26  20:15

8巻トリビア  パトリック・オブライアン

上巻242ページ、ソフィーの手紙に「キャロライン」が歯をけずってもらった、と出てきますが…はて、キャロラインって誰?と思った方も多いのでは。

1.またしてもオブライアンさんは自分のつけた名前を(CharlotteをCarolineと)まちがえている。

2.「キャロライン」はジャックの姪、つまりソフィーの妹たちセシリアかフランシスの娘で、なんらかの事情でアッシュグローブに住んでいる。

3.「キャロライン」はシャーロットかファニーのミドルネームである。

…まあ、「1.」なんでしょうけど。


2006/11/25  17:40

8巻発売記念  パトリック・オブライアン

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

以下ちょいねたばれ


続きを読む

2006/11/24  21:49

8巻! &更新のお知らせ(19-3)  パトリック・オブライアン

木曜日に手に入れました。読んでます。まだ3章ですが。

「結婚生活はバラの花床どころか戦いの場である…」から始まって、「ウェルカム・アボード・ドクター!」までの、よどみなく流れるような導入部、もう、ただただ、素晴らしい。旧友と久々の再会という気分です。

このシリーズ、もちろんどの巻をとっても「旧友との再会」なんですが、なぜか、8巻は特にその思いが強かったです。

みなさん8巻を読んでいらっしゃるから、更新はお休みしようかなとも思ったのですが、まだ手にされていないとか、もう読み終わった人もいらっしゃるかもと思って。

オブライアンページ更新:19巻感想3章




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ