2007/4/30  22:24

ひつじのショーン、ほか  映画・俳優一般

1.海風さんからメールフォームですてきな情報をいただきました。

「ウォレスとグルミット 危機一髪!」に登場したあのキュートなひつじを主人公にしたアードマンのアニメを、NHK教育テレビで毎週日曜にやっているのですね。

http://www.eigafan.com/yomueiga/from_eu/archives/2007/04/tv.html

さっそく見てみましたが、いやかわいいっす。1話7分ぐらいのシンプルな短編ですが、アードマンならではの味わいは健在です。

海風さん、ありがとうございました。

2.GW初日に(と言っても、私のGWは今日で終わりですが)「クィーン」を見てきました。「ブラッド・ダイアモンド」に続いてこれも当り!面白かったです。意外にも肩の力の抜けたユーモアに溢れた映画で、イギリスはいいなぁ、と…詳しい感想は後日。

3.相変わらずテレビシリーズ版「デッドゾーン」にどっぷり大ハマリ中。第4シーズンの終わりまで見てしまいました…


2007/4/29  20:17

ブラッド・ダイアモンド ☆☆☆☆  映画感想 〜2007年

相変わらず、あまり映画館に行けていないのですが、ようやく観たのが久々の当たりで嬉しいです。面白かった!

一昔前、映画を観に行くと必ず上映前に例の「給料三か月分」のCMをやっていたものですが…この映画の前には絶対できないですね(笑)。

主役の3人(ダイヤ密売人、ジャーナリスト、父親)が、それぞれ明確な目的を持っていて、3人の利害が絶妙にからみ合う展開も面白いのですが…3人が3人とも、目的をあくまで追求する意志力とタフさと頭の良さを持っているのが気持ちいい。ハードボイルドなのです。キャストも絶妙で、特にレオは、「ディパーテッド」でなくてこっちでオスカーノミネートされたの分かるなあ。

家族と引き離された父親ソロモン(ジャイモン・ハンスウ)の目的はただひとつ、家族を取り戻すこと。肌の白いアフリカ人であるアーチャー(レオナルド・ディカプリオ)の目的は、大金を手にしてこの「神に見捨てられた大陸」を脱出すること。

アメリカ人ジャーナリストのマディ(ジェニファー・コネリー)は、日々アフリカの悲惨な現状を報道しているけど、被害者の話をいくら報道しても、もはや何も変えられないことを知っている。被害者の悲惨な話はあまりにも、あまりにも多すぎて、読んだ人間が「何とかしなきゃ」と思う範囲をとっくに超えてしまい、行動を起こす前に無力感に襲われるレベルに達してしまっているからだ。今必要なのは、名もなき被害者でなく、名前と企業名と口座番号を持った悪役だ。というわけで、彼女はダイヤの密輸業者アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)に近づく。

私はアーチャーが悪人だとは思わない。善人だとも思わない。奥地の学校の先生が言っていたように、善も悪も行動を選択することによって生まれるので、生き残るための唯一の道をとるしかない人間は、善人にも悪人にもなれないのだ。マディにやたらにつっかかるのは、「正しい行動を選択する」という贅沢を許されている人間に対する嫉妬なのかもしれない。(ところで、主要人物のうちで唯一「運命に流されて」いないのが女性キャラだっていうのは、時代を感じますね。)

【以下ネタバレ】
続きを読む

2007/4/15  12:05


「灼熱の罠、紅海遙かなり」上下巻、5月10日発売です。

(情報遅くてすみません…)

またまたすごい邦題ですね。いや、でも、内容のカンジは出ているかも…

GWには間に合わないけど(といっても、私GWは仕事らしい…泣)、楽しみです。


2007/4/9  23:07

デッドゾーン(テレビシリーズ)第1シーズン vol.4〜第2シーズンvol.4(DVDレンタル)  海外ドラマ:デッドゾーン

前回(3/28)日記に書いた後、8〜21話(第2シーズン第8話)まで一気に見て、オニのようにハマってしてしまいました。まだまだ先があるからゆっくり楽しめるなあ、なんて思っていたのに、やっぱり我慢できなくて、DVDの出ているところまで一気に見てしまいそうです。(それどころか、これのためにリージョン1対応のプレーヤー買おうかとか思っている…)

とにかく各エピソードの完成度が高い。一話完結の部分(主人公が超能力を使ってそのエピソードの事件を解決する)と、連続したストーリー展開の部分(キングの原作の主筋&主人公をめぐる複雑な人間関係)が、うまくからみ合っていて、バランスがいい。こういう話では、主人公が事件の傍観者みたいになってしまうとつまらないのですが、このシリーズはどの話でもジョニーが思い切り深く関わってゆくのがよいです。

原作や映画ほどデッド・シリアスじゃなくて、ユーモアのセンスもあるところがいいなあ。今までのところ、主人公は人助けに忙しくて、苦悩を深めているヒマもないようで…

とにかく、これほど何かにハマったのはオブライアン以来で、毎日幸せです(笑)。

YouTubeで見つけた「デッドゾーン」と「名探偵モンク」の共演CM。笑えます。(二人のキャラを知っていれば)

http://www.youtube.com/watch?v=ac5x9NSkW0Y


2007/4/7  2:50


ラッセル、43歳のお誕生日&結婚記念日おめでとうなのです。

…微妙に遅刻ですが、勘弁してやってください(汗)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ