2011/11/28  21:36

NPHにハマってます&「ストレートの役を演じるゲイの俳優」論争について  海外ドラマ:フレンズ他

クリックすると元のサイズで表示します

11/26のエントリーのつづき。

オープンゲイの俳優であるニール・パトリック・ハリスは、「How I Met Your Mother(ママと恋に落ちるまで)」でストレートの男を演じているわけですが、私はこの番組の現物を見るまでは、「ストレートの俳優がゲイ役を演じることも多いのだから、ゲイの俳優がストレート役を演じるのも、まあ今どきフツーだよね」ぐらいにしか思ってなかったわけです。

しかしアレ...バーニー・スティンソンという役は、単に設定がストレートってだけじゃないのよね。「とっても」ヘテロ、何しろ、誰かが止めなければ(いや止めても)、昨夜ナンパした女のオッパイについて延々と語り続けるようなヤツなんで...

でも、愛するにせよ呆れるにせよ(両方なんですが)、バーニーのキャラクターの面白さに引き込まれて、演じている俳優の性的指向がどうかなんて、たいがいは忘れているのですけど。

しかし、これがきっかけでいろいろ考えてみると、これって単に「今どきフツー」で済ませられることじゃないのかなあ、という気がしてきたのです。

アメリカのエンタテインメント業界には昔からゲイの人が多いだろうし、かなり前から特に差別もなく普通に働いていると思いますが、それは裏方のスタッフの話で、カメラの前に立つ人々...特に俳優は、ごく最近になるまでカムアウトする人は少なかった。それは「ゲイであるという『イメージ』がつくと、オファーされる役柄が限定される」という懸念からなのだと思います。

それでも、ここ5年ぐらいは俳優にもカムアウトする人は増えてきて、そういう懸念も過去のものになりつつあるのかな、と認識していたのですが...まだまだそういう問題はなくなったわけじゃないのだと改めて感じたのが昨年4月、自らもゲイであるRamin Setoodehをいう記者が「ニューズウィーク」誌に、「ゲイの俳優はストレート役を演じられない」という趣旨の記事を書いたことをきっかけに起こった論争でした。

Wiki ニューズウィーク「ゲイ俳優」論争

元記事

この記事でSetoodeh氏は、ブロードウェイの「Promises, Promises」というロマンティック・コメディ・ミュージカルで主役を演じていたショーン・ヘイズ(「ウィル&グレース」)と、「Glee」でレイチェルの恋人ジェシーを演じたジョナサン・グロフを例に挙げて(二人ともオープンゲイ)、恋人役の女優とラブシーンを演じる二人の演技が「何かを隠しているようでぎこちなく、まったく説得力がない」とけなし、「オープンゲイの俳優がストレートの役を説得力をもって演じることはできない」と結論付けています。

もちろん、この記事に対しては、ショーン・ヘイズの相手役クリスティン・チェノウズ、「Glee」のプロデューサーのライアン・マーフィー、GLAAD(中傷と闘うゲイ・レズビアン連盟)をはじめ、各方面から轟々たる反対意見が巻き起こりました。その怒涛のような反対意見の波を読んでいると、むしろ世の中(少なくとも、アメリカのエンタテインメント業界)は、Setoodeh氏の感覚よりはずっと進んでいる...あるいは、彼の主張には反する方向へ断固たる決意を持って「進もうとしている」、という強い印象を受けたのですが。

そもそも、ニューズウィーク記事の結びが「もし仮にジョージ・クルーニーがゲイだとカムアウトしたとして、今までのようにストレートの主演俳優(leading man)として受け入れられるだろうか?」という疑問だってことからして語るに落ちていて、つまり問題は俳優自身が「演じられるか」ということじゃなく、俳優がゲイだと知ることによって観客側に生じる先入観なのだということはSetoodeh氏も認めているのだな。

「そういう先入観があることが問題だ」と言うのと、「そういう先入観があるんだからゲイの俳優はストレートを演じられない」と言うのは大違いで、論調が前者だったら非難轟々になることもなかったと思うのですが。

でもどっちにしても、そういう先入観をなくしてゆく方法はカムアウトしないことじゃなくて、逆にオープンにした上でどんどんストレートの役を演じて前例を作り、観客を慣らしてゆくことなのではないかと...もちろん最初は難しいし、その「先駆者」になるのは勇気のいることですがね。

で、ニール・パトリック・ハリスに話を戻すと...

この記事が出たのは2010年、「How I Met Your Mother」は第5シーズンの終盤、すでに人気も高く、キャラもおなじみになっていたので、「ゲイの俳優はストレートを演じられない」なんて言ったら、「えー、じゃあこの番組のNPHは?」という突っ込みは必ず出てきたはずです。だからなのか、Setoodeh氏は「ニール・パトリック・ハリスやポーシャ・デ・ロッシ(エレン・デジェネレスのパートナーで同性愛者の女優)はテレビでストレートの役を演じているが、彼らの役は『カリカチュア』であってリアルなキャラクターではない(ので、数に入らない)」と書いています。

カリカチュア。たしかに、バーニー・スティンソンはコメディ的に誇張されたキャラだし、ヘテロ男性の悪いところを面白おかしくカリカチュアライズしている人物像であるのは確かなのですが...

でも、それだけじゃないのよね。

(つづく)

2011/11/27  7:00

11月26日 のつぶやき  Twitterまとめ

Kumiko_meru http://twitter.com/Kumiko_meru
11月26日 つぶやきまとめ


07:11
これ面白い!棒人間を描いて冒険させよう Draw a #stickman http://t.co/js7zRZGr via @hitcents
2011/11/26 Sat 07:11 From Tweet Button


2011/11/26  23:17

How I Met Your Mother(ママと恋に落ちるまで)にハマり中。(その2)  海外ドラマ:フレンズ他

クリックすると元のサイズで表示します

「How I Met Your Mother(ママと恋に落ちるまで)」の主要キャラは男3人、女2人、「フレンズ」より一人少ない5人グループ。「運命の女性」を探すテッド、テッドの親友でルームメイトのマーシャル、マーシャルの婚約者リリー、遊び人のバーニー、初回でテッドが一目惚れしたことがきっかけで仲間に加わるロビン。

一応テッドが主人公なのですが、この番組を面白くしているのは何と言っても、ニール・パトリック・ハリス演じるバーニー・スティンソンのキャラだというのは衆目の一致するところでしょう。

多分、最初の設定では、「主人公のプレイボーイの友人」という、単なるコミック・リリーフ的役柄だったと思うのですけどね。役者が優秀だと、キャラが勝手に育ってしまうということでしょうか。

バーニーのキャラを一言でいえば、ナンパに命賭けてる男。

でも、「軽い」とか「いい加減」とかいうのとは、ちょっと違うのですよね。「命賭けてる」と言ったら、文字通り、「命賭けてる」ので(笑)。「フレンズ」のジョーイのような、立ってるだけで(あるいは「How you doing?」とか言うだけで)モテるというタイプではないので、彼がナンパに傾注するエネルギー量ときたらハンパない。彼がテッドに「教育」する様々な「必勝法」、質のよいスーツへの異常なまでのこだわり、女性をダマすために次から次へと繰り出される大げさな嘘や芝居、ナンパ相手を追っていきなり飛行機でフィラデルフィアへ飛んでしまうフットワークの軽さ...

まあでも、人間としてはかなり壊れているとは思うが(笑)

最近のエピソードでは「Sciopath(社会病質者)」とか言われてたし。

とある女性「こちらはバーニー、高機能ソシオパスで私のモトカレよ。」(第6シーズン)

また別の女性「あなたは面白いし、ハンサムだけど、はっきり言ってソシオパスだと思う。」
バーニー「長所が2つ、短所が1つだね。」

(第7シーズン)

この間見たドラマ「シャーロック」(シャーロック・ホームズの現代版)の、「ぼくはサイコパス(変質者)じゃない、高機能ソシオパスだ」というセリフを思い出した。『高機能ソシオパス』仲間(笑)。エネルギーを傾注する対象を、犯罪捜査からガールハントに変えれば... (えらい違いだが)

んで、第1シーズン15話の「バーニーの恥ずかしい告白」(Game Night)を見ると、「女たらし」という部分は、必ずしも彼の本質ではないという気もするのですよね。むしろ、対象がナンパでなくても、何でも「こうしよう」と心に決めると、「危険もまわりの迷惑も顧みず全エネルギーを傾注する」というところに、バーニーのバーニーたる所以があるので。決まった女性と真面目に付き合っていた時は、彼女に全情熱を注いでいた一方、一人でも多くの女性を落とそうと決めたら、それはそれでまたとんでもないことに...

極端から極端に走るやつなのです。

でもたまに、その「ハタ迷惑なほどに全エネルギーを傾注」する傾向が、家族への愛情や仲間への友情に向けられると、それは彼のとてつもなく優しい一面となって表れるので...憎めないのだよなあ。

とにかく、いいキャラです。他の4人、特にテッドとロビンは、最初はあまり特徴がなくて、第3シーズンあたりからようやく面白くなってきたのだけど、バーニーは初回からずっとキャラ立ちまくり。看板キャラとして番組を引っ張っている感じ。(他の4人には悪いけど、ニールは役者としての『格』が違うなあ、と感じることもしばしば...)

前にも何度か言いましたが、テレビや映画のキャラクターというのは、脚本家と役者の共同作品だと思っています。特にテレビシリーズの場合は製作期間が長いので、脚本家が書いた役を役者が演じて、脚本家がその演技からインスパイアされて次を書く、というように共同で「育てて」ゆく面が大きい...と思う。

さて、バーニーを演じるニール・パトリック・ハリスは、2006年(この番組が始まった後)に、ゲイであることをカムアウトしているわけですが...

(つづく)

2011/11/26  7:00

11月25日 のつぶやき  Twitterまとめ

Kumiko_meru http://twitter.com/Kumiko_meru
11月25日 つぶやきまとめ


23:53
「X-Men ファースト・ゼネレーション」をレンタルしたら、「ホワイトカラー」の第一話が入っていた。両方を見て思ったのだけど...私、あまりに整った正統派美男には、なぜかちっとも反応しないのだなあ。
2011/11/25 Fri 23:53 From web


2011/11/25  21:04

How I Met Your Mother(ママと恋に落ちるまで)にハマり中。  海外ドラマ:フレンズ他

クリックすると元のサイズで表示します

ブログではごぶさた(ツイッターでさえごぶさた気味)です。リアルライフではまあ普通に忙しいのですが、それより、何かにハマるとそのことしか語れなくなる、という悪い(?)クセが出ておりまして。

そう、私の最新のハマりものは「How I Met Your Mother(ママと恋に落ちるまで)」というTVコメディ(ドラマ)、およびそれに出演しているニール・パトリック・ハリスなんです。

「How I Met Your Mother」(ママと恋に落ちるまで)は、アメリカで2005年から放映されているシットコムです。

「How I Met Your Mother」という番組の存在はは前々から聞いてはいたのですが、日本では放映もDVD発売もされていなかったので、見てなかったのです。それが、アメリカ版DVDを買って見ることにしたきっかけは、今年のトニー賞かなあ。ニール・パトリック・ハリスが司会で、ゲストで登場したヒュー・ジャックマンに(ウェストサイドストーリーの替え歌で)「♪Your show is "how I met your mother"...stick to your sitcom!」とおちょくられていたのが頭から離れなくて...w

いやー、トニー賞の二ールとヒューの替え歌デュエットは最高でしたねー。もう何十回見たかわかりません...と、それはともかく。それが頭に残っていたので、アマゾンで映画DVDを買うついでに、第一シーズンの BOXセットがセールになっていたのをポチってしまったわけで。

で、一旦ハマるとあとは最新シーズンまで一気。絶対こうなることが分かっているから、放映予定のケーブルTVチャンネルを契約、という方向にはゆかないのですよねー、私。ハマると待てないの!

これ、日本ではFOXチャンネルで、この秋から第1シーズンから放映しているようですが...そんな悠長なことしてないで、1日2エピソードぐらいを連日で一気にやっちゃえばいいのにねえ。ネタバレ語りができなくて辛いよ。

「How i met your mother」は、ニューヨークを舞台にした、20代後半から30代前半の男女グループの恋愛を描いたコメディってことで、まあ、「フレンズ」と重なるところが大きいですね。

実際、「フレンズ」のこととなるとほぼ全てのディテールを今でもしっかり記憶している私は、これを見ていて「あ、この設定は『フレンズ』のXシーズンのXX と同じだわ」ということが多いのですが...例えば、バーニーが「大会社で広いオフィスを持っているが、具体的に何の仕事をしているのかは誰も知らない」というのはチャンドラーと同じだし、リリーが失業して、恥ずかしいコスチュームを着なければならないテーマレストランのウェイトレスをして、それを仲間がからかいに行くのは第3シーズンのモニカだし、テッドのミドルネームが女性名なのはチャンドラー、バーニーが「世界各国の女性、少なくとも一人づつと寝る」という目標を立てて世界地図に印つけてるのはたしかジョーイも同じことをやっていた、とか...(他にもまだまだありますが、きりがないのでこのへんで。)

でも、やっぱりまるきり同じというわけではなくて(当たり前だが)、シーズンを重ねるうちに違いもきわだってきている。まず感じるのは、「ママと...」の方がセックス関係の話がよりあけすけというか、はっきりというか、ミもフタもなく描かれているということ。ネットワーク局の番組での描き方のコードも、やはりだんだんゆるくなってきているのか、「Sex and the City」(これはケーブル局HBOの番組)の影響が大きいのか...

いや、もしかしてセックス関係がミもフタもないのは、ひとえにバーニー(ニール・パトリック・ハリス)のキャラの影響かもしれんが...その話は後で。

あと、これは「2030年、十代の子供二人の父親である主人公のテッドが、子供たちに彼らの母(自分の妻)との出会いを語る」という形式になっているので(「How I Met Your Mother - ママと恋に落ちるまで」という、日本語にするとちょっと妙な題名はこれが由来)、それを利用して時制をいじるというか、フラッシュバックやフラッシュフォワードを駆使した語りが多くて、それがなかなか面白い効果を出しています。話の結末から語りだしたり、何かを語りかけて「いや、その話は後で」と気をもたせたり、ひとつのエピソードを各キャラの視点で数回語りなおす「羅生門」な構成になっていたり。このへんは「フレンズ」にはなかった味だなあ。

...待て、「父が子供たちに語る物語」で、かつ「セックス関係の話があけすけ」というのは、考えてみれば問題じゃないのか...?どういう父親なんだテッド?(笑)

(つづく)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ