2014/10/10  19:18

「ジャージー・ボーイズ」ボブ・クリューと「女言葉・男言葉」  ミュージカル

「ジャージー・ボーイズ」映画版で、プロデューサー/作詞家のボブ・クリューのセリフの字幕が「オネエ言葉」になっていたことの批判を読んだのですが、私はそれはいいと思ったな。以下その理由(途中で話それるし長いのでブログにしました)。

ボブ・クリューを演じている人は、舞台でも映画でも、明らかに女性的発声で喋っています。いわゆる男性的喋り方とは違う。以前から英米映画等でこういう喋りのキャラが出てくると、私は「ああ、いわゆる『女言葉・男言葉』というのがない英語では、日本でいう『オネエ的喋り』っていうのはこうなるのだな」と思って、頭の中で女言葉に変換されるようになっていたのです。

でも、ボブ・クリューのセリフの字幕が女言葉になっていたのが悪いと感じなかった理由はそれだけではなくて。そもそも、あれは「オネエ言葉」ではなくて「女言葉」だよね。あれを男性が喋ると「オネエ」と称して特別なことと見なす、または男性のセリフをそう訳すこと自体を差別的なことにように見なす、というのが、そもそもちょっとひっかかる。「男言葉」がデフォルトになっているのよね。

ここで話がそれますが、私の以前勤めていた会社の後輩に、何代も浅草で職人をしている家庭の娘さんがいたのですよ。まあ、ちゃきちゃきの江戸っ子家系ですね。で、その子はかなり政治的には保守的な人に思えたので(政治の話なんかほとんどしなかったのですが)、ある時「石原都知事(当時)ってどう思う?好き?」と聞いてみたのです。そうしたら、「言葉が汚い。乱暴なので嫌い。」とのことでした。私は「そこかよ!」と思ったのですが...

ところが後で、その子のお父さん(職人)に会った別の後輩が、「お父さん、意外と女っぽい喋り方をするんですねえ〜」と感心していたんです。一人称は「あたし」で、「〜なのよ。」みたいな語尾になる、と。

そこで「おお!」と思ったのですが、昔気質の江戸っ子にとっては、「俺は〜だ。」みたいな喋り方は、男としてのデフォではなく、田舎モンの、乱暴な、洗練されていない喋り方なんですね。彼らの「普通に丁寧な喋り方」が、現代の全国レベルの感覚では「女言葉」に近くなっているのです。

また、最近ツイッターで、九州の男は常に「男らしい」乱暴な喋り方をする、そうでない喋りは「オカマみたい」と思われると思っているみたい、九州を出て他の地方では男がフツーにやさしい喋り方をするのですごく心がなごんだ、と書いている人がいて、これも「おお!」と思ったのです。(私自身は九州のことは知らないので、あくまで九州出身女性のそういう意見を聞いた、という話ですが。)

ボブ・クリューの話に戻りますが、「男言葉・女言葉」のない英語圏で、また女性が日本より低い声で喋ることが多いアメリカでも、男の発声、女の発声は明らかに違うのですよ。で、生まれつきの声の高低はあるにせよ、男と生まれついたら自然に男性的発声をするようになる、というわけじゃないと思うのです。やはり、親や友だちに、男なら「そんなナヨナヨした女みたいな声を出すな」と言われるし、女なら「そんな乱暴な喋り方をするもんじゃありません」と言われて育つからこそ、いわゆる「男らしい・女らしい」喋りになる。

でも、前述の江戸っ子職人さんじゃないけど、そういう「男らしい」喋り方は洗練されていない・都会的でない・乱暴で脅迫的、と感じる男性もいるのですよ。その人が女性的発声で、あるいは女言葉で喋るのを、「オネエ言葉を使っている」とは言えないのではないかなあ。ボブ・クリューはまさに都会的洗練を大事にするタイプに思えるし。

...父親に「男らしく歩け、男らしく話せ(Walk like a man, talk like a man)」と言われる歌を作詞して大ヒットさせた張本人について語っていると思うと皮肉ですけどね。(「それはメタファーよ!あたしが言うのも変だけど。」)

もちろんボブ・クリューはゲイなわけですが、シスヘテロ男性の無意識でも常に男らしさを誇示する喋り方と、ゲイ男性に多いそいうのを嫌う喋り方と、どちらが「男性として自然な喋り」とは言えないと思うのです。後者を殊更に「オネエ」と言うのは、無意識のうちに前者をスタンダードにしてないかな、と。

私自身、ネットに書くときは(ですます調でないときは)「〜なのよね。」などのいわゆる「女言葉」を使うことが多いのですが、それは女らしいと思われたいとかではなくて、いわゆる「男言葉」の内包する乱暴さや脅迫的なところが嫌いだというのがあります。

ぐちゃぐちゃ書きましたが、言いたいことは3つ。

@ 女性的発声で喋っているボブ・クリューのセリフの訳が女言葉になるのは別におかしくない
A 男性が「女言葉」を喋るとことさらに「オネエ喋り」と特別視するのはよくない
B というわけで、(シスヘテロ)男性も、もっと女言葉で喋りましょうよ!

以上よ。

2010/7/3  20:59

Avenue Q (アベニューQ) 来日公演  ミュージカル

クリックすると元のサイズで表示します

去年の4月にニューヨークに行ったときに見たミュージカル「Avenue Q」が来日公演!12月15日から、東京の国際フォーラム、チケットは9月から発売だそうです。今から楽しみ♪

上のチラシによれば、aveq@kyodotokyo.comに空メール送ると情報を送ってくれるようです。

このミュージカルについては、こちらのエントリーを参照。ここここも。

ミュージカル好きな人はもちろん、アメリカのコメディが好きな人にお勧めです。

せっかく日本公演なのだから、クリスマス・イブが「♪But I am Japanese!」と歌った時に拍手、とかできるといいなあ。

この来日公演ではTwitterを使った宣伝をしていて、それがなかなかナイスです。

インターネットのポルノに命をかけるトレッキー・モンスターのTwitter
http://twitter.com/Trekkie_jp

隠れゲイの共和党員、ロッドのTwitter
http://twitter.com/Rod_jp

ロクでもないアドバイスをする愛らしいクマコンビ、バッド・アイデア・ベアーズのTwitter
http://twitter.com/Badideabears_jp

特にBad Idea BearsのTwitterはなかなかマメで、今日もせっせと人を破滅に導いています。ヤァーーイ!

追記:あ、そういえば、先日ゲイリー・コールマン亡くなりましたね。遅ればせながら、ご冥福をお祈りします。日本でもけっこう報道されていて、「アーノルド坊やは人気者」はけっこう人気あったのだなあ、と思いました。

「What's ya talking 'bout, Willis?」の字幕はやっぱり「冗談は顔だけにしろよ」になるのかなあ。

2010/1/23  19:28

Wicked 〜Defying Gravity深読み(その4)  ミュージカル

16日、19日、21日のつづき。(今回で終わりです。)

「Defying Gravity(重力に逆らって)」の最後の、エルファバが文字通り重力に逆らい、空に舞い上がって歌うフレーズ。

Elphaba:
So if you care to find me
Look to the western sky
As someone told me lately -
Ev'ryone deserves the chance to fly
And if I'm flying solo
At least I'm flying free
To those who'd ground me
Take a message back from me -

エルファバ:
私を探したいのなら
西の空をごらん!
最近、ある人が私に言ったように、
誰もが飛ぶチャンスを与えられるべきなのよ!
ひとりぼっちで飛んでいるにしても
少なくとも、私は自由に飛んでいる!
私を地面に縛りつけようとする人たちに、
私のメッセージを伝えて

Tell them how I
Am defying gravity!
I'm flying high
Defying gravity!
And soon I'll match them in renown
And nobody in all of Oz
No wizard that there is or was
Is ever gonna bring me down!

私がどうやって重力に逆らったか、彼らに伝えて!
私は高く、高く飛んでいる
重力に逆らっているのよ!
今に、私は彼らと同じぐらい有名になる
オズの国の誰も、
どんな魔法使い(wizard)でも、過去の魔法使いたちでさえ
誰も私を引きずり降ろせない!

続きを読む

2010/1/21  22:21

Wicked 〜Defying Gravity深読み(その3)  ミュージカル

16日、19日のつづき。

Elphaba: Glinda, come with me. Think of what we could do - together.

エルファバ:
グリンダ、一緒に来て。考えてみて、私たちが手を組めば、どんなことができるか。

I'm Limited
Together we're unlimited
Together we'll be the greatest team
There's ever been, Glinda,
Dreams the way we planned 'em

私には限界がある
二人一緒なら、限りない力がある
私たちが手を組めば、史上最強のチームになれるのよ、グリンダ!
思い描いた通りに、夢を叶えることができるわ!

Glinda:
If we work in tandem

グリンダ:
私たちが手を組めば...

Both:
There's no fight we cannot win
Just you and I
Defying gravity
With you and I
Defying gravity

二人:
勝てない戦いはない!
あなたと私なら
重力に逆らえる
あなたと一緒なら
重力に逆らうことができる


ずば抜けた魔法の力を持っているけど、世渡り下手で融通が利かず、人に嫌われてしまうエルファバ。実力ではエルファバに劣るけど、美人で要領が良く、理屈抜きで人に好かれるという強みを持っているグリンダ。

<以下、Wicked前半部分ネタバレ>
続きを読む

2010/1/19  23:59

Wicked 〜Defying Gravity深読み(その2)  ミュージカル

16日のつづきです。

こうして、間に別の話をはさんで続き物を書くことがありますが、右上のカテゴリーのところ(これだと「ミュージカル」)をクリックしていただくと、続けて出てきますのでよろしく。

Elphaba:
Something has changed within me
Something is not the same
I'm through with playing by the rules
Of someone else's game
Too late for second-guessing
Too late to go back to sleep
It's time to trust my instincts
Close my eyes and leap

エルファバ:
私の中で何かが変わった
以前とは何かが違うのよ
自分のものじゃないゲームで、他人の決めたルールに従うのはもうたくさん
迷っている暇はない
目覚める前には戻れない
今こそ自分の本能を信じて、
目をつぶって跳んでみる時!

続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ