2015/2/20  19:39

フォックスキャッチャー  映画感想 2008年〜

「アメリカ的拝金主義」とか言うけど、アメリカは拝金主義なんじゃなくて成功至上主義なんじゃないか、と前にも書いたことがある。ジョン・デュポンは金はあるけど、それは家族から相続しただけで、自分の力で成功した結果じゃない。アメリカ基準では、デュポン氏は本来ルーザー(負け犬)なのだなあと、この映画を見ていて感じた。

アメリカ映画には勝者と敗者の対比を描いたものが多く、特にスポーツの世界を描いた映画ではそれは避けて通れない。勝者がいろいろ葛藤するのをシリアスに描いたり、負け犬が奇跡的に勝者になるのを痛快に描いたりするのだけど、実際には勝者と敗者の区別というのは残酷なほどはっきりしているのがスポーツの世界。

オリンピックの金メダリストであるシュルツ兄弟は、ビンボー家庭出身でも、性格がジミでも、いろいろ葛藤を抱えていても、まぎれもない、ゆるぎない勝者なのだ。デュポンはスポーツで挫折し、ビジネスでも(多分)大して才覚なく、コミュ障気味で容姿も良くない。

それでも上流階級の篤志家で、鳥類学者として博士号持ってるぐらい頭も良いので、その世界で満足していれば、それなりに尊敬を集めて優雅に暮らせただろうに。あえて勝者敗者がはっきりしたスポーツの世界にのめりこんでしまう。アメリカ的男性的価値観ってやつなのでしょうなあ。

それでも、本人が「俺はいろいろダメだが、幸い金はあるから、ハンデは金の力で埋め合わせて幸せになるぜ!」ぐらい自覚していれば、自分もハッピー、まわりもハッピーだったろうに。

まわりに人が集まる(というか集められる)のも、立ててもらえるのも、金の力であることは明らかなのに、必死で目をそらし、自分自身の指導者としてのカリスマだと思い込もうとするその様子は滑稽で、痛々しくて見ていられない。これがコメディだったら、スティーブ・カレルは真顔の悪役演技で大いに笑わせてくれただろう(いかん、怪盗グルーとか思い出した。)

ここでいつもの私の癖で、何の共通点もない(たまたま私が続けて見たという以外には)映画を引き合いに出しますが...

考えてみればジョン・デュポンさんの立場って、ベイマックスのフレディ君と同じですよね。デュポン氏はレスリング、フレディ君は科学が好きで好きで、でも自分には才能がない。それでも好きが嵩じてレスラー/科学者の仲間に入り、天才たちに囲まれている。(おまけに、フレディ君も実は大金持ちの息子。)

同じ立場でも、フレディ君はとても楽しそうに毎日過ごしている。お金の力で科学者たちに恩を売ろうとか、上の立場に立とうなんて考えつきもしないみたいだし、仲間たちも、「君は科学者じゃないからここにいるのはおかしい」なんて言わないし、ふつうに友達として接している。

いや、デュポン氏のことだって、レスラーたちは「金を出してくれる人なのでイヤイヤつきあってる」ってわけじゃないんだ。気前が良く面倒見のよいスポンサーの彼を、仲間として受け入れているし、「サーなんて堅苦しい、ジョンと呼んでくれ」と言われれば屈託なく「やあジョン!」と呼びかける。

でも、デュポン氏の「ジョンと呼んでくれ」は、本当に対等に友だちとして付き合いたいという意味ではないのよ。「あくまで上の立場の者が、目下の者に対して寛大さを発揮している」というつもりの「ファーストネームで呼んでくれ」なのよね。

そう、彼はレスラーの仲間、友達になりたいわけじゃない。あくまで指導者として尊敬されたい。人生の師(メンター)と思ってほしい。

それは無理な話なんだけどね。スポーツ選手ってのは、一流になればなるほど、競技において自分より実力が上の人しか尊敬しない。皆が人格者と認める大先輩であろうと、ファンには人気の伝説的スター選手であろうと、実力が下の人を本当に尊敬はしない。これはもう、残酷なほどはっきりしている。まあ、そりゃそうだよね、どんなスポーツであれレベルはどんどん上がっているのだから、ビデオで過去の試合を見たって「自分の方がずっと上手くできる」って思っちゃうものね。

まあ、選手としてはいまいちだったけど指導者としては超優れている人もいるし、そういう人は選手も尊敬するのだろうけど、それにはよっぽど実績がないと。デュポン氏が、なぜよりにもよってスポーツの世界で「精神的指導者」「人生の師」などという中身のない曖昧な言葉で「偉大な自分」像を作り上げられると思っているのか、いまひとつ良く分からない。

分からないけど、それは彼の「愛国者」的側面と結びついているような気がした。結果が日々シビアに表れるスポーツの世界と違って「この国の若者を導く」とか「アメリカの精神を体現」とかは中身のない曖昧な言葉。自分が「アメリカ一のレスリング指導者」だと言えば明らかに嘘だが、「レスリング選手の師となることを通じ、アメリカの若者を精神的に導く偉大なメンター」ならば...

まあ、アメリカ的価値観、アメリカの愛国主義と、アメリカアメリカ言ってますが、曖昧で中身のない言葉で偉大な自己像をでっち上げる、って点じゃ日本の「愛国者」も同じようなもので。むしろ、デュポンがヘリコプターの機上で、マークに自分を褒め称えるスピーチの練習をさせるシーン、自分を褒め称えるドキュメンタリーを作らせるところ、あの「必死やな(笑)」なことろは最近日本で大流行の「日本sugeee!」的テレビ番組と重なるところがあるような。

デュポンがクローゼットゲイで、マークを潜在意識的に愛していたのではないかという感想も読んだけど...可能性としてはあるにせよ、この映画の描写からは、私はそれはあまり感じなかった。むしろ、「そうだったら、なんぼか救いようがあったのだろうけどなー」と思う。

デュポンが愛していたのは、現実には存在しない理想の自分だけ。どんだけ悲しいねんそれって。
タグ: 映画 俳優 foxcatcher

2015/1/15  22:55

年末年始にうちで見た映画感想  映画感想 2008年〜

トシは取りたくないもので、近頃、見た映画の内容を忘れがちなんだよなあ。その防止策としては、短くてもとにかく感想を書くことが有効なようなので、あくまで自分のために書いておきます。

「きみに読む物語」The Notebook

あらすじ:記憶を失った認知症の老女性に、ある恋人たちの物語を聞かせる老人。

アメリカドラマ等で、女性(あるいは、ひそかにロマンティストの男性)が好む映画としてよくリファレンスが出てくる、Chick Flickの「名作」ですが、実は今まで見ていなかったので、見てみました。

で、思ったのは...私は同じチックフリック(「女好み」映画)でも、ロマコメはこんなに好きなのに、コメディでないマジな恋愛映画って意外と苦手なんだなあ、ということでした。

特にこの映画は、夢のようにロマンティック、なのでしょうか?現代パートのシビアさは、かなりこの...このヒーロー・ヒロインのような、言わば究極のリア充で、しかも金持ちであっても、病気ひとつで、こんなにも苦しく辛くなるのだなあと。しかも、数万人にひとりの難病とか、数奇な運命のいたずらとか、戦争の悲劇であれば、見ているこっちはあまり現実感ないのですが、この映画で描かれる老いというのは、平和な時代のフツーの人にも、かなりの確率で襲い掛かってくるものでなあ。

それでも、この二人が最高に幸運で最高に幸福であるのは確かで。なんか、「幸せな人ですらこんなに辛いのに、幸せ度がぐっと落ちるおいらの老後に救いようはあるのか?」とか...

あああ何てロマンティックと程遠い感想(笑)。



「チョコレートドーナッツ」Any Day Now

あらすじ:1970年代、ゲイカップルが母親に捨てられたダウン症の子供を引き取るが、ゲイであるがゆえに養育権が認められない。

一方こちらは、間違いなく不運で不遇な人たちのとっても辛い話なのですが、意外と後味は暗くない。

この映画の原題は「Any Day Now」というのですよね。訳すと「もうそろそろ」とか「その時はもうすぐ」という意味。

「ミルク」とか「遠い夜明け」とか見たときもそうだったのですが、主人公たちが差別や社会の不正義と全力で戦うが、力及ばず、時代は間に合わず、主人公たち個人にとっては不幸に終わる。でも、映画はハッピーエンドにならなくても、その戦いがムダではなく、その後の時代には確実に実ってくるのを私たちは知っているから。

しかし、この邦題は、いくらなんでもなあ。辛い主題を扱った映画であることは隠しきれないので、せめて、その辛さも優しくかわいく描いていますよ、というフリをしたかったかもしれんが、いくらなんでも観客を「スイーツ」扱いしすぎだろう。


「グランド・ブダペスト・ホテル」Grand Budapest Hotel

あらすじ:今は寂れた東欧の高級ホテル。宿泊した作家に、ホテルオーナーが語る第二次大戦直前に起こった数奇な物語。

一方こちらは、実は壮大なる悲劇(※)である話を、本当に優しくかわいくclassyに描いた映画。

かつてヨーロッパに存在し、二つの大戦を通じて崩れ去った世界...現代のわれわれがヨーロッパ旅行に行って、その遺跡というか残滓というか欠片を見て「わーすごいなー素敵だなー」と思ったりする世界を、ミニチュアに再現してピンクの箱に入れてリボンをかけたような...

ひたすら左右対称な画面とか、美術の凝りようを見ているだけでも楽しいですが、役者見物も楽しいです。レイフ・ファインズはもっとコメディやればいいのになあ。こんなにウマいのに。

※参照:http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20140604
タグ: 映画 俳優

2014/12/9  22:12

HER/世界でひとつの彼女 ☆☆☆1/2  映画感想 2008年〜

久々に、ツイッターでなくブログに映画感想を書くことにしました。

レンタルで鑑賞。

思った以上に、いろいろ面白い映画でした。

以前、「魔法にかけられて」の感想で、「恋は目と目が合った瞬間に生まれるものではない、本当の恋は会話を通じてお互いを知り合うことでしか生まれない−ということを描くことで、かつてのディズニーアニメにアンチテーゼを提示している」と書いたのですが...

「Her」を見て面白いと思ったのは、これは逆に「ヒーローとヒロインが出会い、会話を通じてお互いを知り合うことによって恋に落ちてゆく」という数々の恋愛映画に対して、その極端な例を提示することで疑問を呈しているようにも思えたことです。

恋愛は言語的なものか。恋愛に限らず、人間の感情というものは、「愛している」「怒っている」などと言語で表現しないと、認識できないことが多いですよね。でも、言語で表現することはその感情の「本体」なのでしょうか。

もし、恋愛が純粋に言語的なものなら...愛の「本体」が言語表現とイコールなら、会話のできるコンピューターと人間が恋愛したって何もおかしくないわけで。

主人公の職業は手紙の代筆。自分が経験しているわけではない他人の人生/愛/感情を言語表現することで、その人生を実際に経験している人々をも感動させている、というのもダメ押しのメタファーで。

しかし、セックスまで完全に「言語的に」いたしてしまえるのは、さすがについてゆけない気もするが...まあ、「テレフォンセックス」というのはかなり前からあるもんですけどね。主人公はOSのサマンサと出会う前から、テレフォンセックスを普通にやっているヒトであるのも、まあ「らしい」のですが。

恋愛に関しては、よく「精神的なものか、肉体的なものか」と問いかけられるけど、この映画の恋愛の場合、肝心なのはそこよりもむしろ、「どこからが愛の表現で、どこからが『本体』なのか」という疑問なのだと思います。

主人公の友人が、主人公が代筆する「妻から夫への愛の手紙」に感動して、「おれも女性にこんな風に愛されたい」と言うのも、その混乱のわかりやすい一例で。友人が感動したのは手紙という「表現」なのだけど、彼は確実にそれを愛そのものとして見ている。

愛の表現と、愛そのものは違うに決まってるじゃん、とも思うけど、意外とこれは、境界線が引きにくい...玉ねぎをむくように、表現をどんどんはがしていったら芯には何も残らないのかも...

あと、主人公の友だちのエイミー・アダムスは、元夫が置いていった女声OSと親友になるのですが、恋愛と違ってセックスというわかりやすい障害がない「友情」は、人間とOSの間に成立するのか、つまづくとしたらどこだろう、と考えると興味深い。(そこのところは、残念ながら描かれていないのですが。)

もしこういうOSがあったら、男性は女声を、女性も女声を選ぶことが多そうだなあ。ヘテロセクシャルで男と恋愛したいと思っている女性でも、本物以外の「男」の存在は余計な負担。一方男性にとって「女」の存在は追加の癒し...らしい。(男声を選ぶとしたらゲイの男性かなあ。)

異種恋愛モノや「物質との恋」を描いた映画には圧倒的に「男が人間、女が異種/物体」であることが多くて、私はそのへん不満ではあるのですが...そもそも男性視点の映画が多いってこと以外に、女性視点だとそもそも、こういう話が成立しにくいというのもあるんだよね。上記のようなことも、その原因のひとつかも...

以下ネタバレ
続きを読む
タグ: 映画 HER 感想

2011/11/1  22:56

【映画感想】シングルマン ☆☆☆☆  映画感想 2008年〜

(あらすじ)1962年。カリフォルニアの大学で教鞭を執る英国人の文学教授ジョージは、16年間連れ添った恋人ジムの事故死から立ち直れないでいた。ある日彼は、静かに念入りに、身辺の整理を始める。

はじめは、私は軽薄だから、あまりに素敵な1960年代のインテリアや男性ファッションについ見惚れて、ストーリーから気がそれてしまう、と思っていた。

でも、見終わってみると、そのファッションやインテリアこそが、ストーリーを雄弁に語っていたのだと気づく。
続きを読む

2011/10/26  23:57

【映画感想】宇宙人ポール ☆☆☆☆ その2  映画感想 2008年〜

10/23のエントリーのつづき。

さて、最新作の「宇宙人ポール」はと言うと、脚本に主演のサイモン・ペグが参加しているのは前の2本と同じですが(今回はニック・フロストとの共同脚本)、監督が英国人のエドガー・ライトから、アメリカ人のグレッグ・モットラに代わっています。そのせいかどうかはわかりませんが、前の2本に比べて、モトネタにのめりこんでgeekout(オタク魂爆発)している感じは薄いです。

コメディの、イギリス風味とアメリカ風味の違いっていうのもあるけれど、パロディのモトネタそのものの違いもあるかなあ。というのはこれ、同じ「エイリアンもの」でも、いかにもマニア好みの宇宙人侵略モノではなくて、「ET」とか「未知との遭遇」とかのメジャー系に近いからかな。心優しい宇宙人と、世間からはみ出し気味の純粋な地球人たちの、ハートウォーミングな交流...的な。

で、前回書いた通り、これは「そういうSFのパロディ」であると同時に、「そういうSFそのもの」でもあるのです。

「ポール」のデザインとCGも、しっかり「本物の」SF映画並みの金と手間をかけているし。それにしては、今までの映画に出てきた宇宙人と似たようなデザインだって?いや、あれは逆に

<以下ちょいばれ>
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ