2011/1/22  22:51

ソーシャル・ネットワーク感想おまけ【お下品英語注意報】  映画・俳優一般

感想に入らなかったこと、2点追加。

1.この映画のファーストシーンで、ザッカーバーグは彼女にこう言ってフラれます。

「ねえ、あんたは自分がオタク(geek)だからモテないと思ってるんでしょ?違うよ。モテないのは性格が最低なやつ(asshole)だからだよ。」

最後のシーンで、彼は別の女性にこう言われます。

「あなたは嫌な奴(asshole)じゃない。一生懸命そのフリをしているだけよ。」

字幕の訳が微妙に違うのは残念ですが、「asshole」という単語で最初と最後がつながっているのですね。

この「asshole(直訳:けつの穴)」というのは、発音も似ている「アホ」のことかと思っていましたが、どうも最近の使われ方を聞くと、「自分がちょっと頭いい(orカッコいい or モテる or金持ち)ことを鼻にかけた、傲慢で鼻もちならないイヤな奴」というカンジの意味で使われているようです。

この「嫌なヤツ」という意味の単語は、他にも「jerk」とか「di*k」とかあるのだけど、どう違うのかなあ。(いずれも男性を指す言葉。女性の場合「bitch」でしょうか。)

使われている文脈から想像するに、jerkは「無神経」「(特に)女性に対してふるまいいがヒドい」という意味合いが強いような気がする。d*ckはjerkに似ているけど、jerkがほとんど無意識にやっているのに対し、もっと悪意に溢れて、底意地悪い感じ。assholeはもうすこし、傲慢で自己愛が強いという意味合いが強いような...

ザッカーバーグくんの振舞いは、jerkでもdi*kでもない、まさにassholeって感じですね。ウィンクルヴォス兄弟は、かなりd*ckっぽかった(笑)。ショーン・パーカーも。

まあ、かなり勝手な解釈ですが。こういう、役に立たない分析(?)するの好きなんです(笑)。

追記:あ、あと似たので「douchebag」というのもありました!これは、他のよりさらにレベルの高い(低い?)最低男ぶり、「人間の屑」というイメージ。あと、「asshole」には、周りからは呆れられているけど自分は(そう見られていることに)気づかない天然ぶり、というニュアンスがあるような気が、私はしています。他のに比べたら、考えようによっていは許せるというか...

2.この映画見てたら、以前に見たテレビ映画の「バトル・オブ・シリコンバレー(原題:Pirates of Silicon Valley)」を思い出しました。スティーブ・ジョブスとビル・ゲイツの若き日を描いたやつ。

http://www.imdb.com/title/tt0168122/

「ソーシャル・ネットワーク」同様、あれも「実際と違う」と、本人たちからクレームついてましたね。

しかし「シリコンバレー」と比べても、「ソーシャル・ネットワーク」の製作時期の(現実の出来事と比較しての)早さに圧倒されてしまうのですが。「若き日の」とかつけようにも、ザッカーバーグはまだ26歳なんだよ!

追記:そういえば、「...シリコンバレー」でのスティーブ・ジョブスの描かれ方はまさに「jerk」でした(笑)。

2009/2/23  21:38

オスカーナイト  映画・俳優一般

(昨日の続き)んなことを言っていたら、もうめいっぱい盛大に歌って踊ってくれちゃったみたいですねヒューは。私はミュージカル好きだから、まあうれしいんですけど...あんまりこの路線を追求しすぎると、トニー賞と区別がつかなくなるような。今年はミュージカル映画はノミネートされてないし、あんまりその年の映画と関係なくなるのはなあ。

とは言え、ノミネート作が年々地味になるから、あんまり映画に合わせていると、セレモニーも地味になる一方なんですけどね。難しいところだ。

ところで、アカデミー賞ならぬラジー賞(最低映画賞)の話ですが、今年のラジー賞に輝いた(?)「愛の伝道師 ラブ・グル」ですが、これ実はスティーブン・コルベアが出ているんですよ。

でも、公開直後のファンサイトでは、スティーブンの熱狂的ファンにすら、「スティーブンの出演シーンだけは爆笑だけど、そこを見るために他のシーンを我慢する価値はない」と言われてしまっていました。うーむ、そこまでヒドいのか。ふつうは「他はヒドいけど、スティーブンを見るだけでも価値がある」とか言うものなのに。ラジー賞も納得?

日本ではビデオスルーで出るみたいですけどね。スティーブンを見るだけのために借りるかどうか迷い中。

<以下、アカデミー賞結果書いてます>
続きを読む

2009/2/22  20:50

アカデミー賞  映画・俳優一般

明日はもうアカデミー賞授賞式なんですね。いつの間に、こんなに興味が薄くなったのだろう。昔は仕事休んで生中継を見ていたというのに。

今年はホストもジョン・スチュワートじゃないしなあ。いや、別にヒュー・ジャックマンもいいんですけどね。せっかくだからヒューには、ジョンには出来ないことをやってくれることを期待したいなあ。

ジョンに出来ないこととは、

1.歌う
2.踊る
3.腰を振る
4.脱ぐ

などですが。

興味が薄くなる最大の原因は、やはり有力候補が日本ではまだまだ見られないってことにあると思うのです。ほんと、なんとかしてほしいなあ。

まだ見ていないけれど、なんとなく「スラムドッグ$ミリオネア」に獲ってほしいと思っています。

2008/12/6  23:28

トロピック・サンダー  映画・俳優一般

近頃、全然映画に行けていないんですけど、これだけは!と思っていた「トロピック・サンダー 史上最低の作戦」を昨日レイトショーで見てきました。

詳しい感想は後で、ですが、ロバート・ダウニー・ジュニアがラッセル・クロウの役でした。

これだけ言っておきたかった。

2008/9/29  20:11

ポール・ニューマン  映画・俳優一般

ポール・ニューマンが亡くなったのですねえ。

彼は私の「初恋スター」のひとりでした。(映画を見始めた初期の頃に憧れたスターということ。)「明日に向って撃て!」「スティング」…

今のティーンの女の子がジョニー・デップやブラット・ピットに憧れるようなものかな?でも、ポール・ニューマンは当時50歳を越えていて、今のジョニデやブラピよりさらに年上だったのですよね。でも若々しくて、「おじさま」という感じすらしなかった。枯れた味とか渋さじゃなくて、ティーンの女の子が何の条件もつけずに「セクシー」だと言えるような。(まあ、当時はあんまりそういう言葉は使わなかったけど。)

引き合いに出しては気の毒ですが、彼はマーロン・ブランドと1歳しか違わないのを知ってました?私が中学生の頃、マーロン・ブランドはすでにじいさんのイメージで(「ゴッドファーザー」で老け役をやったせいもありますが)、ポールと1歳しか違わないと聞いてすごくびっくりしたものでした。

常に10歳以上年下の役が自然にはまる人でした。だから、なんとなく余裕で100歳まで生きそうな気がしていたのですが…そうはいかなかったか。

ご冥福をお祈りします。

追記でもうひとつ。当時、彼がニクソン大統領の「政敵リスト」に載っていたというのを何かで読んで、それってカッコいいなあ、とも思っていました。(私がファンになった時は、もう大統領はカーターでしたけど。)当時のニューマンぐらい政治発言をするハリウッドスターって、今はいっぱいいますけどね。
タグ: Paul Newman 訃報



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ