. . .

重寺特攻基地跡再訪問

2017/5/8 | 投稿者: キャプテンハヤト

クリックすると元のサイズで表示します

 当地訪問第二回目

 前回、スルーした幾つかの穴を調査したものである。

 まず一つ目、穴の外観は、物々しい雰囲気で、緊張感が漂っている。

 ちょうど小型のボートが突っ込んであるが、入口の大きさから、震洋の格納壕跡かもしれない。


クリックすると元のサイズで表示します

 入って直ぐに変形している..


クリックすると元のサイズで表示します

 通路の右側が膨らんでいる..


クリックすると元のサイズで表示します

 分岐だ!
 どうやら震洋格納庫ではなさそうだ。

 右方へ行ってみる。


クリックすると元のサイズで表示します

 真っ直ぐ続いている。
 若干下り坂だ。
 この穴は結構広いのかもしれない。


クリックすると元のサイズで表示します

 突き当たりまで来たら、T字路になっている!


クリックすると元のサイズで表示します

 右方へ行ってみる。

 複雑な造りだなぁ


クリックすると元のサイズで表示します

 土砂で閉塞している。
 外へ続じていたのか?
 埋め戻された様な感じがあるなぁ


クリックすると元のサイズで表示します

 反対側へ行ってみよう。

 左へクランクしている。


クリックすると元のサイズで表示します

 意外と綺麗な穴だ。
 先がどうなっているのか胸が高鳴る。


クリックすると元のサイズで表示します

 蝙蝠がいた。

 手で顔を覆いながらプルプルと震えている。
 あたかも私を見て、また変なヤツが来たと笑っている様だ。

 私は、蝙蝠の耳元で「ぶら下がっているところすみません、一枚撮っていいですか?」と囁いた、蝙蝠は( *´艸`)「キッ」と鳴いたので、撮らせてもらった。


クリックすると元のサイズで表示します

 入口へ戻って来た様だ。


クリックすると元のサイズで表示します

 この穴は、保管庫だろう

 それから、正面にある石組の建物が気になっていた..


クリックすると元のサイズで表示します

 かなり古い建物の様なので、これも戦時中に使用されていた物かもしれない。


クリックすると元のサイズで表示します

*分岐やクランクがあり、複雑な穴だった。
 この一帯は、震洋と海龍の基地だったので、それらの燃料保管壕だったと思われる。
 壕の前に建っていた石組の建物も相当年期が入っている様なので、これも戦時中に何かの用途で使用されていたのではないかと思われる。
 Move On>>
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ