合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2017年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 ゴージャスな建物
1拍手
8/13〜8/20までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、社会人になって東京で働く子あり、他州で大学に通いながら働く子あり、州内で大学生の子あり。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティのWill(本名真茶郎、通称うぃるち)は問題を抱えながらも家庭犬として修行中。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆chieさん、

ありがとう。・・・・・そうなのかな。
存在感大きすぎたから、いつまでも慣れなくて…。
投稿者:TAMA
☆うにさん、

生まれ変わって来てくれたらなあ。と心から思います。
案外「オレ、こんどはもっとオカネモチの家に住むの」とか言ってそう。
投稿者:TAMA
☆シナモンさん、

そうですね。。。名実ともに我が家の中心に長い期間君臨してくれていたので。。。
縁が向こうからやってきてくれたら明日にも…という気持ちもあるのですが、なかなか自分から動く気になれません。うぃるちも年をとってきましたし。どうなるかな。。
投稿者:chie
あのね、死んだら一番好きな人の胸の中にいくんだよ。
そしてもう何処へも行かないんだよ。
クキさんちゃんといるじゃないTAMAさんの胸の中に。
投稿者:うに
くきさんはぴば! 
いいお顔。生まれ変わって早く戻ってきたらおかあさん喜ぶよ〜
投稿者:シナモン
私でさえ、保育園を歩いていたクッキー君の姿が目に浮かびます。
TAMAさんにとって何者にも代え難い存在だったのですね、お気持ちはよくわかります。
私は、ミニー(ビーグル犬)を失って、ビーグル犬はこの子で最後、変わるものなどないから二度と飼えないと思いましたが、TAMAさんはまだお若いのだから、どうぞ又コリーのママさんになってあげてください・・・大きめのシェルティでも可ですが(^o^)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ