合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2017年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、社会人になって東京で働く子あり、他州で大学に通いながら働く子あり、州内で大学生の子あり。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティのWill(本名真茶郎、通称うぃるち)は問題を抱えながらも家庭犬として修行中。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆chieさん、
家ではすっかり料理しなくなった〜((+_+))さすがに、帰宅8時でまたキッチンに立つ体力気力が残ってません。でも残り物とか持ち帰るからそれなりに食べるものは…あるんだけど…こんなのばっかり食べてたらあっという間にああいう体形になるよね的なの。

ここの修道院、家庭内暴力から逃げてきた女の人達のシェルターみたいにもなってるんだけど、先日、犬連れで入所していた一人の女性が亡くなりました。スタッフが真っ先にしたことは、犬の引き取り手を真剣に探すこと。良い家庭を見つけてあげることが一番彼女を安心させるだろうから、って。素敵な職場です。
投稿者:chie
すっかり出遅れて来てみれば!
なんとなんと!
素敵な職場をゲットしたんだ。
でも料理作って帰ってきてまた料理ですか?
TAMAさん凄すぎ。

それにしても〇〇フリーのリクエストの多い事にびっくり。
そこまで我儘(言っちゃった)がまかり通るんですね。
仕事場として天国って書いてるけど、
わんにゃん居るしそこに住まいたいぐらいの天国じゃありませんか(笑)

TAMAさん、「生きてるーー」って感じがするでしょう?
ブラボーだね!!!


投稿者:虹のパパ黒山羊
>TAMAさん
嫌々やっているといつまで経っても終わらないので、せめて「嫌な仕事と嫌な仕事の間」に「ちょっと楽しい仕事」を挟むようにしています。
でも管理の仕事って 女兼 っ ! ですねぇ…。
投稿者:TAMA
☆黒山羊さん、
いやーそれでも疲れはするんですけれども。。。管理職とは無縁の人生です♡
投稿者:TAMA
☆みかさん、
たしかに、すごく健康な状態かもしれません。少なくとも体力的には今までの人生で今が一番です。どんだけひ弱な人生を送ってきたんだって感じですが。。。
介護、大変だったんですね。運動と筋肉はきっと裏切りません。早く元気になられますように。
投稿者:虹のパパ黒山羊
楽しい仕事だと疲れないし長続きしますよねぇ。
いいなぁ…。(と、最近は今一歩楽しくない仕事をしているのでありました。管理職なんか嫌なんだよなぁ・・・)
投稿者:みか
す、すごいです。
でも、目一杯活動的に過ごされていて、しかも、新しく覚えることがたくさんあって、すごく『生きている感』を感じておられるのではないでしょうか。
お体も、細胞がどんどん新しくなって、きっとすごく健康な状態なのではないかと。
夫の死後、介護でこわした自分の体直しにかまけている私なんぞにしたら、うらやましいです。
それにしても。うぃるちくんが老犬だなんて。
光陰矢のごとし、ですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ