合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2017年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、社会人になって東京で働く子あり、他州で大学に通いながら働く子あり、州内で大学生の子あり。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティのWill(本名真茶郎、通称うぃるち)は問題を抱えながらも家庭犬として修行中。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆chieさん、
聖域…と思うでしょ。イヤイヤこれがこれが…( ´ u ` )
食生活がとにかくすごい。私はアメリカをわかってなかった。子どもたちには「何を今更」って言われてるけど。。。
ネコちゃん、痛いのかなあ。かわいそうに。動物は耐えちゃうからね。でも1回7万円…うぃるちの10回分をすでに超えてます。飼い主にどこまでできるのか、するべきなのか。してあげられることはする、でもできないことは無理。ごめんね。。。人間の子でもきっと同じよね。
投稿者:TAMA
☆黒山羊さん、
アメリカの保険会社、ろくに審査もせず金払いがいいこと。絶対ふかし請求とかするやついると思います。
投稿者:chie
私は「その2 シスターたちの私生活」リクエスト。
なんか聖域ってかんじなのが興味津々デス。
それと八重桜の写真もね。
うちの猫は腎不全が悪化して口の中の炎症が痛そうです。
どうにかステロイドでしのいでいます。
最先端治療があるそうで、でも一回7まんえんもかかって数回やるらしい。
15歳の高齢猫なので麻酔で手術はできないし、
悩みが尽きないです。
同じねーーー。
投稿者:虹のパパ黒山羊
イースターのお休みはゆっくり過ごしてくださいな。

個人的には
>>・息子が火事にあった話 保険会社はすごい
息子さんが無事なのは存じているので
気楽に 続きをリクエスト します。
やっぱり 保険会社はすごい んですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ