合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2017年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 私のお仕事場
4拍手
6/19〜6/26までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、社会人になって東京で働く子あり、他州で大学に通いながら働く子あり、州内で大学生の子あり。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティのWill(本名真茶郎、通称うぃるち)は問題を抱えながらも家庭犬として修行中。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆chieさん、
最後の頃を思い出すと今でも涙止められないもん。仕方ないよ。ムーちゃん、きっと「あーあ、また泣いちゃってる」って思うだろうけど
それはそれでいいと私は思うんだ。だって悲しいんだもん。残された方も辛いんだぞう。
そうだ、LiLAさんち、行かなくちゃね!PC立ち上げること自体が本当に少なくなって。ラップトップコンピュータ買っちゃおうかなあ。
投稿者:chie
TAMAさんありがとう。
どうしても苦しかっただろう最後の頃が浮かんでしまって・・・
でもそうですね、ムーの15年のほとんどは楽しい事ばかりだったと思う。
いっぱいいっぱい楽しかったね!と送り出したんだしね。
そうします。

今年も何事もなかったようにバラが咲きました。
LiLA管理人さんのところに写真が載ります。
月曜日(日本の)だと聞いています。
TAMAさんが来なくなって悪ふざけや突っ込み合戦する相手が居なくて私はつまんないです。
お忙しいから無理かもしれないけど、
盛大に突っ込みに来てくれたら嬉しいです。
投稿者:TAMA
☆chieさん、
お久しぶり!
…辛いね。 ムーちゃんはきっと天寿を全うして、あっち側で元気にやってるのだろうけど。こちら側は時間薬が効いてくるまでしばらくかかりますね。私も今はほぷちゃんの可愛かった思い出だけを大事にしてます。辛かったところは思い出さない。
ムーちゃんがchieさんのところに来てくれたことを本当に良かったと思います。
投稿者:chie
すっかりご無沙汰しちゃいました。
じつはうちの猫(ムーちゃん)
とうとうお星さまに・・・15歳4か月でした。
あんな可愛い子はいなかった。
猫が出て来るTVやブログも今は見たくない。
いつになれば回復するのかなー
TAMAさんがいつまでもホプちゃんを思う気持ちが理解できました。
いつまでも。なんですねー。
投稿者:TAMA
☆シナモンさん、
お高いレーザー治療を止めて、どうやら痛みのためではないとわかったので痛み止めも極力減らしたらむしろ元気になりました。ただ、階段だけは日に日に苦手になっていきます。。。
投稿者:シナモン
ウィル君、元気そうですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ