合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2017年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、社会人になって東京で働く子あり、他州で大学に通いながら働く子あり、州内で大学生の子あり。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティのWill(本名真茶郎、通称うぃるち)は問題を抱えながらも家庭犬として修行中。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆みかさん、
アメリカ人というか、英語話者って鼻濁音聞き取れないのです。「大学」とか「人間」とか「おにぎり」とかみんな聞き取れず、必ず聞き返してきます。関西出身の日本人でもときどき「そんなの聞いたことない!」って反応してくる人もいます。でも標準語は極端に鼻濁音押しw だからもしかしたら、もともと鼻濁音に慣れていない地方の人がアナウンサーになって鼻濁音を押し付けられると区別がつかず全部鼻濁音になってしまったりするのでは…と勝手に分析してみてます。
投稿者:みか
TAMAさん、またまた、妙な鼻濁音の単語を、テレビを見ていて見つけました。
『バスガイド』です。
今回は、NHKではなく、TBSでした。
本来、鼻濁音ではないはずの単語の最初の音が、複合語になって、語頭から後ろに移動すると、鼻濁音にされてしまうんですね。
気になり始めると、いちいち耳に引っかかる鼻濁音の単語が本当に多いものだな、と感じるこのごろです。
投稿者:みか
TAMAさん、コメント返し、ありがとうございます。
お忙しい毎日だと思うので、返してくださらなくて大丈夫ですよ。どうぞ、お気になさらずに。
『東京ガス』を鼻濁音で、って、すごく変な感じですね。
実は、今日、また、NHKの番組を見ていて、気になる鼻濁音、見つけてしまいました。
福島で震災を乗り越えてみんなを勇気づけた『フラガール』の話題だったんですけどね。『フラガール』を鼻濁音で発音されていたんです。
やっぱり、カタカナ語を鼻濁音にするのって、抵抗あるな〜、って思って聞いてました。
投稿者:TAMA
☆みかさん、
すみません、またブログ放置になってました。。。(ゴミもいっぱい付いちゃって( ノД`)シクシク…)
ブログ、気づきませんでした。自分で何度も発音してみて、鼻濁音になっていなかったので一安心。カタカナ語をもはや日本語と認識するなら鼻濁音が正しいのかもしれませんけれどね。カタカナ語にはずいぶん助けられたけれど(英語習得の過程で)逆に妨げにもなっています。
悪ガキと干し柿の違いについて思わず手を止めて考察してしまいました。違和感ありますね。私がNHKジャーナルの中で一番許せなかったのは「東京ガス」のガが鼻濁音だったことです。ぎゃー、気持ち悪い!と感じました。
投稿者:みか
連投すみません。
今日は、NHKのアナウンサーが、『悪ガキ』という単語を鼻濁音で発音しているのを、耳にしました。
まるで『干し柿』みたいに。
こういう複合語(『悪い』プラス『ガキ』)を鼻濁音で読む、っていうのも、なんとなく違和感がありました。
『てにをは』の『〜が』っていう場合は、当然、鼻濁音でなくてはならない、とは思うんですけれども。
どうなんでしょうか。
投稿者:みか
こんにちは。
そうですね、鼻濁音については、私も気になっていました。
でもね、鼻濁音を大切にするアナウンサーの場合、『ブログ』の『グ』を鼻濁音で発音したりするんですね。
それを聞くとね、それはそれで、すご〜く違和感があるんです。
IT時代になって、外来語が増えている昨今、鼻濁音にこだわり続けていては、不都合なケースも増えているのかな、と思ったりします。
投稿者:TAMA
☆chieさん、
そうそう、難しい言い回しを避けてるのはゆとりの関係なのかしら。「…ており」という表現は一掃されちゃって全部「…ていて」に統一されてるのよー。ヘンよー。
イントネーションも鼻濁音も気になる気になる!…なんて言ってたら息子が「最近の言語学のトレンドでは、『間違った表現などというものは存在せず、変化していくその姿をありのままに受け入れることが大切なのだ』という風になりつつあるらしいよー」っていうんです。それは止められないのかもしれないけどさー、そうなのよ、言葉のお手本がいなくなったらどーすんのよー。ねえ??
投稿者:TAMA
☆シナモンさん、
いっぽはものすごい甘ったれですよー。私が帰ってくるとビビって怖くて近づけないくせに、一旦私がソファに座ると一緒に飛び乗ってきて膝に乗ったりします。謎です。
投稿者:chie
あまりNHKを見ないので気にしてなかったけど、
「なるべく難しい言い回しはよそう」になってるのかなー。
私が一番気になるのはイントネーション。
TV見ながら絶対突っ込んじゃう。
せめてアナウンサーだけでもちゃんとした日本語話してほしいよね。
言葉のお手本がいなくなったらどーすんのよねー。
投稿者:シナモン
ビビリのいっぽ君は、甘ったれなところもあるのですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ