2009/9/13  22:11

「3時10分、決断のとき」相変わらずヘンな感想  ラッセル・クロウ&ポール・ベタニー

なかなか観に行けなくて、「ぐずぐずしていると終わってしまう!」とか思っていたら、いつの間にか拡大公開になっていました。嬉しい。

というわけでやっと観に行きました。

すでにDVDで観ていたのですが、前に観たときとはまた違った見方ができて、改めて良くできた、面白い映画だと思いました。

で、「ヘンな感想」というのは、この映画を見ていて、ラッセルのカッコいい無法者ぶりや脇役陣のキャラ立ちっぷりを楽しみつつも、あることが頭から離れなかったのです。

それは、最近のアメリカの健康保険制度改革に関する大騒ぎのニュースを見ていて、非常に気になっていた、制度改革に反対する人たちの(公的保険が当たり前だと思っている私たちから見れば)アホらしくも思える、わけのわからん反対意見なのです。

「保険に入っていないのは健康な若い連中で、自分は病気にならないと思って入っていないからかまわないんだ」...はあ?そういう人たちにこそ保険に入らせないと、そもそも保険が成り立たないじゃん。「他人の医療費をおれに払わせようとしている。そんなもの、払ってやるもんか。」...あの〜、そもそも保険ってものがどういう仕組みになってるか、わかってる?

そういうことを考えつつ、久しぶりに西部劇を観て、「あ、そうか」と、なんとなくわかったような気になったのです。

つまり、アメリカ人の多くはいまだに、「おれは政府の世話にならず、他の誰の世話にもならず、自分の力だけで生きている」という幻想に取りつかれているということです。そしてそのメンタリティは、つまり西部劇の時代から来ているんだなあと。

でも、人々が本当に政府の助けもなく、自力で生きていかざるを得なかった時代の話をこうして観ていると、現代アメリカ人が「自立自助、独立独歩で生きている」なんて思うのは、本当に幻想以外の何物でもないよなあ、と思います。

なにしろこの映画の主人公のダンなんて、南北戦争で徴兵されて首都ワシントンを守るために戦って片足を失ったのに、国はほんのはした金をくれただけで追っ払われ、農場を作ってみれば水源を上流でせき止められ、不法な妨害をされてもそれを訴え出る先もなく、保安官は守ってくれるどころか助手が嫌がらせに納屋に火をつけにくる。金のために無法者を護送して行っても、無法者の忠実な部下が金をばらまけば、たちまち町中が銃を向けてくるし、保安官はさっさと逃げ出してしまうし...

こんな、無法者になる方がいっそ筋が通るような世の中で、真っ正直に生きるのがどんなに大変か。悪の道に心が傾きかけている息子にまっとうな道を選ばせるためには、どれほど命がけで誇りを示す必要があるか。

私、この映画を最初に観た時は、この主人公のダンにもあまり感情移入できなかったのですよね。どうも、家族に対して父としての誇りを示そうとするあまり、かえって家族を苦しめている、よくいる父親像のような気がして。でも、今回また観てみて、それは違うと考え直しました。彼は、本当にこうするしかなかった。お金のこともあるけど、それより、彼はもう何が何でも、息子の尊敬を勝ち取らなければならなかったんです。

当時とは全然違う現代アメリカで「おれは政府の助けなんか借りずに自力でまっとうに生きてる、他の連中もそうすべきだ」なんてうそぶいている人々は、本当に昔の西部に行って...いやそれは無理だから、現代のアフガニスタンかジンバブエにでも行って、本当に自力でまっとうに生きられるかどうかやってみれば?と思いますね。



2009/9/21  21:39

投稿者:Kumiko

西部の無法者界っていうのは、意外と人材不足なのかもしれないですよ(笑)。だからこそ「クィック&デッド」のヘロッドだって、これはモノになると目をかけて育てていたコートに逃げられてあんなに怒ったのかも...

ベンは、誰かに目をかけて後継者として育てるってタイプじゃなさそうですけどね。最初の馬車強盗のシーンで、ヘマをした手下を殺すところで、ラストはちゃんと暗示されていたような気がします。(とは言え、私も最初見た時はちょっと驚きましたけどね。)

チャーリーがベンに「片想い」で、ベンとダンの間になにやら感じて嫉妬しているというのは、私もちょっと感じました。どうも最近、腐女子的見方が身についてきたせいかもしれないんですけど(笑)。

2009/9/21  10:06

投稿者:じゅうばこ

「黒い帽子は撃つな!」とか言いながら、自分が金で雇った連中を自分で撃ってましたもんねチャーリー(笑)。ほんとにもう間抜けもいいとこ。

わかってやってるのかもしれないので、映画の欠点というのはあたらないかもしれないけど、ベンみたいな人がボスの割には手下の質が悪いのは謎です。

私はベンにたぶらかされたのか、彼はあんまり悪人に思えず、そもそも悪の定義からしていろいろあるんでしょうけれど、何しろ間抜けな悪というのはほんとにいやです。私は「粗悪」と言ってますけど(笑)そういう相手にだけは殺されたくない。

あの作戦もですけど、最後に汽車にのった後でチャーリーがしたこともベンには我慢できなかったんじゃないでしょうか。感情的とか道徳的とかいうのとは別に、間抜けな意味で。「何かボスがわけわからないことしてるけど、ボスならきっと意味があるんだろう」と、賢いならもちろん、賢くなくてもほんとに忠実な部下なら思わなくちゃいけないはずで、チャーリーは忠実ったって、おのれサイドのマイペースな忠実で、ボスをほんとに信頼しちゃいませんよね。それがあそこで出るし、ベンはそれを見逃さないんだと思います。あー、最近、さしでがましいヘルパーさんや、べたつきすぎる猫に頭に来てるもんだからつい感情移入してしまうわ。

もっともチャーリーも、ボスとダンとの関係に何かを感じて、その上でやった確信犯かもしれませんが、だったらますますベンとしては、出過ぎたことを!ということになるんでしょうね。ひょっとしたらボスを救おうとしてる内に、ベンは自分がボスより強いと錯覚しはじめてたのかもしれません。それも、よくあることだけど。

テレビは私もほとんど見なくて、たまに見てはムカついてまた見なくなるんですが、今回の選挙の結果(おおむね歓迎はしてますが、それとは別に)を見ていても、しょうもない番組の影響力はけっこう大きくて、それを知らないままで放置しているのは危険かなあと時々思ったりしています。何ていうのか、グラックスさんのような人たちこそ、コロセウムにも時には行ってみないといかんのだろうか、みたいな。

2009/9/21  1:28

投稿者:Kumiko

以下、「3時10分、決断のとき」ネタバレです。

あの、これからけっこうヒドいことを書きますが覚悟して下さい(笑)。

ベンのラストの行動は、もう完全に冷静な判断ですよ。そう思います。ダンの息子を助けるためっていうのも、多分あるとは思うのですが、それだけじゃなくて...

だってね、あのチャーリーの、「そこらの人に金をばらまいてダンを撃たせる」という「作戦」、結果的にはすごいマヌケな結果じゃなかったですか(笑)?みんなが、ダンとベンの二人にばんばん銃弾を浴びせて、チャーリーは「黒い帽子の方は撃つな〜!」って叫んでまわるハメになったじゃないですか。

そもそも、自分たちの損得を度外視して何が何でも忠実にボスを助けに来っていうチャーリーの行動自体、悪人の行動としては「間違って」いますよねえ。ベンがダンの息子に「根っからの悪人じゃない」と言われて、「いや、おれは根っからの悪人だ、そうじゃないと強盗団のボスとして5分ももたないだろう」と言っていたのは、息子のためとかじゃなくて、彼にとっては「単なる事実」なんだと思います。

そんなベンから見れば、チャーリーの忠誠心に溢れた行動は「ボス失格」なんじゃないかと。それでも、自分が逃げるために助けになるんならベンにとっては都合がいいから、彼は「おれのことは置いて逃げろ」なんてことは言いませんが...ところが最後になってあのマヌケな「作戦」で、ベンは撃たれかけたでしょ?要は、ベンにとっては、もういらないんですよあんなマヌケな手下(笑)。

ベンは、仲間であろうと忠実な手下であろうと、ほんとに一瞬にして不要なものを容赦なく切り捨てることができる人だと思います。自分に忠実だから、ということはまったく考慮の外。そういう意味じゃ、完全に悪人ですよねー。

でも私は、理屈の通らない行動をする善人より、理屈の通った行動をする悪人の方に好感を持つというところがあるので、ベンのそういうところは嫌いじゃないです。魅力を感じるというのとは違うのですけど。

でも、チャーリーもちょっと哀れには思います...ほんと、一番報われないですよね。ベンは彼のことを、「5分ももたない」タイプだと判断したんでしょうね。

2009/9/21  1:26

投稿者:Kumiko

たしかにテレビはほとんど見ないですね。たまにネットでコメンテーターの発言を読んで、なんでこういうこと言うかな、ちょっとでも考えたらこういう発想にはならないだろうに、と腹立つことはありますが。

そういう考えなしは日本のマスコミの特徴だと思っていたけど、最近、アメリカの健康保険制度改革の騒ぎを見ていて、どこの国にも自分で考えないでテレビの言うことをうのみにする人はいるんだなーと、ちょっと安心(?)したりもします。

2009/9/19  21:51

投稿者:じゅうばこ

いっちばん救いようのないのは、嫉妬でもうしろめたさでもなく、あんまりそれまで知らないし考えてもみなかった事柄なので、まるでどう判断していいかわからず、政府やマスメディアの姿勢や論調で決めてるのかもしれないってことですけどね。あり得るかもしれないから恐いです。

「金持ちやトップや中心が栄えれば、他も皆そのおこぼれで栄える」という判断、もちろんブッシュ政権で間違い実証済みですが、経団連のおじさんたちが政府に今要求してることや、多分Kumikoさんのような方はあまりごらんにならないかもしれない、しょーーーーもないテレビのトーク番組なんかじゃ、まだまだまかり通ってるみたいな気がします。

以下、「ユマ」の派手なネタばれなので、ご注意下さい。

ベンが「いつだって気はたしか」なのなら(私はそうだと思うんですが)、彼の最後の仲間への行動も狂気や激情じゃなく冷静な判断ってことになりますよね。
あの行動に反感や疑問を持つ人も多いようですが、私はベンは、@ダンに託された(にも等しい)息子の安全を最優先した、Aその息子にギャングや悪ってどんなものかしっかり見せつけて教育した(なんか山本周五郎の小説みたいですが)、ということで理屈にあってるし、それを最速最短で瞬時に判断できるのがベンなんだろうと思うんですけどね。切り捨てるものと残すものをとっさに決めることができる人で、それがあの結果なのでは。

2009/9/18  23:35

投稿者:Kumiko

>うしろめたさなのか嫉妬なのか
私は嫉妬だと思っていたのですけどね。それと、自分がやってないことを非難されているような気がして過剰に反応しているっていうのもあるのかなあ。そんなん人それぞれなんだから、「えらいなあ。まあ、私にはできないし、無理にはやらないけどね。」でいいのにね。

あ、そういう意味では、良いことをして賞賛された時に「当然のことをしたまでです」って言う人もなんとなく嫌いだったりします。

>悪にあこがれる
私は逆に、フィクションの世界ですら、どんなにカッコ良くても悪人には魅力を感じないということに気づきました。カタブツっていうか、融通がきかなすぎるって自分でも思うのですけどね。

ベンを見ていて、少し前にじゅうばこさんが書かれた「魔法にかけられて」の感想に引用されていた魔女のセリフで「私は卑劣で執念深いが、いつだって気は確かだよ」というのを思い出しました(笑)。たしかに悪人なんだけど、いつでも正気そのもので、意味のないことはしない。忠実な部下のチャーリーはかなりクレージーなタイプなので、それが際立って見えるのですけど。

2009/9/18  10:42

投稿者:じゅうばこ

黒柳さんのことでもそうですけど、イラクで人質になった方たちへの「自己責任」攻撃もすごかったですものね。積極的に他人のために何かしようとする人たちへのこういった攻撃は、うしろめたさなのか嫉妬なのか。
私はこれを日本人の特質と思いたくはないですけど、やはりこうなってしまう状況や事情が、この国と時代のどこかにあるのかもしれません。それを早く見抜いて何とかしたいです。

私に関してだけ言えば、偽善にしろ革命にしろ、「悪にあこがれる」私の癖が作用するんですね。よく犯罪者にならなかったと自分で感心しています。「ユマ」の世界にいたら、きっと、ダンの息子どころじゃなく、ベン・ウェイドにいちころだったでしょう(笑)。

Kumikoさんのご感想拝見した後で思い出すと、ベンとダンが酒場で会話する時、ダンが自分と息子への日当を要求して、ベンが「もっともだ」と支払うところなんかも、見せますねえ。国も保安官もちゃんと対応してくれない世の中で、悪の権化がきちんと約束守って馬を返すわ、お金は払うわ、正しい秩序を体現してる。あそこではまだベンの性質がわからないので、いつぶちきれるか観客もドキドキもので、そんな相手にまっとうな対応を求めるダンの蛮勇に「やめとけー、もう、そのへんでー」とか思うんですが。二人の本質を数秒で理解させる名場面と思います。

2009/9/17  23:20

投稿者:Kumiko

まあ、「偽善と言われる筋合いはない!」というのと、「偽善で何が悪い!」というのはおんなじかもしれないですね。

でも、日本では、悪いことをした人にはわりと寛大なのに、おおっぴらに良いことなんてするとほんとに執拗に、徹底的に攻撃する人がいるから、必死で隠さないといけないという病的な傾向があるでしょ。以前、黒柳徹子さんがユニセフ大使になったときに、彼女が高価でオシャレな服を着ているから「偽善的」だとかなんとかアホなことを言われたりとか。ありがたいことに、最近はそういうのは少なくなってきてますが。ハリウッドのセレブとかだと、普段はスキャンダルの多い人がチャリティをやったって、「セレブなんだからそのぐらい当たり前」と言われることはあっても、「偽善」と言われることはないと...うーん、やっぱりいやな言葉ですよ「偽善」って。いい意味にするのは無理だと思います(笑)。

金持ちを減税したら、どんどんお金を使って景気が良くなって、貧乏人にも恩恵がくるっていう理論が現実にはまったく間違っているのは、ブッシュ大統領の8年間の減税策のあげくの金融危機で証明されていると思うのですけど、まだそんなことを言う人がいるんでしょうか。貧富の差が大きいっていうのは、治安は悪くなるし、金持ちにとっても決して得ではないと思うのですけど。思うに、共産主義にしても、市場原理主義にしても、どっちにしても理論通りにはゆかないのではないかと...それは一部の人間の貪欲さというのを甘く見ているからだと...と、また私にいいかげんな素人経済分析をさせたらキリがないですけど(笑)。

「お料理番組の有能なゲスト」あははは。ほんとですね。

2009/9/17  1:50

投稿者:じゅうばこ

偽善について。まったくおっしゃる通りで、私のような言い方をすると、誤解というより、利用されてしまう危険大ですね。

ただ私、そもそも偽善という言葉そのものを、いいイメージにしてしまいたいという意識があって…これも話がまたずれますが、ことばを言いかえてイメージを変える(婦人を女性とか、集落とか先住民とか)より、ことばそのもののイメージを変えてしまおうとする傾向がいつも私にはあるようです。
なので、「偽善を攻撃する以上の偽善はない」と、ことあるごとに言って偽善を奨励しています(笑)。

それと、これは謙遜ではなくほんとに本気で、たとえば自分の幸福をなげうたないで、一部だけ渡して何かをした気持になるのって、うしろめたくてならない。「これで足りてる?これで許される?」といつもどこかで思ってしまう。あんまりいつも思っているので慣れちゃって、かえってほとんど気になりません(笑)。

「金持ちを優遇したら貧しい人も幸福になる」なんて論理がほんとにまかりとおるなら、どんなにいいかと正直思いますよ。でも、そんな脳天気なことが通用すると思って平気で口にまでする人たちって、何でそこまで世の中甘く見られるんだろうと、頼むからやばいこと言わないでよ、神様や大衆を怒らせて私まで道連れにしないでよと、あー、こんなこと言ってたらまるで今回落選した自民党の代議士かと思われそうですが。

ラッセルの演技について的確なご説明に、同感!彼は相手役を食っても、お料理番組の有能なゲストみたいに、食ったお料理のおいしさを見る人にしっかり伝えてくれるんだと思います。

2009/9/17  0:07

投稿者:Kumiko

じゅうばこさん、ありがとうございます。

私も、これは昔ながらの西部劇のようでいて、表面ではなく、どっか本質的なところで新しいものを持ってる映画のような気がしました。そうでなきゃ、今作る意味もないですもんね。ラッセルはやっぱり、映画の趣味がいいんだなあ。

ラッセルのベンは、一見ダンより目立って、「食って」いるようでいて、実は絶妙に主人公をサポートしているのですよね。ベンって、すごい人を見る目があるでしょ。それで生き残ってきた、という感じで。あの保安官助手のしょーもなさや、ヘンリー・フォンダ演じる賞金稼ぎの偽善性をすごく見抜いていて、その彼が、少しずつダンを見直してゆくことで、最初は暗くて頑ななだけに見えたダンがだんだん(シャレではない)輝いて見えてくる。助演としての名演で、ラッセルはこういう演技もうまいんだなあ、と、結局彼をほめてるんですが(笑)。

二番目のコメントのお話も、まったく同感なのですが...失礼ながらひとつだけ。そういうのを「偽善」と言ってはだめですよ。たとえ謙遜でも。そういうところで「偽善」という言葉を使うのは、日本人の一番悪い癖だと思います。偽善と言うのは「良いことをすると偽って悪いことをする」あるいは「他人の行為を非難しながら、実は自分が同じことをしている」ということで、例えば「世の中のためになることをしているけど、それとは関係なく実は不倫している」というのは「偽善」じゃないです。まして、「自己満足や周りの人に対してカッコをつけるためにボランティアや寄付をする」というのまで「偽善」と呼んだりするのは間違いだと思います。私が思うに、良いことをすれば自己満足を感じたり周りに褒められるのは当たり前で、それが主目的であろうとなかろうとそれこそ本人の勝手で、偽善者呼ばわりされるいわれはまったくない!と思います。

あ、ずれてしまってすみません。常々気になっていたことなんで...

ま、それはともかく...キリスト教には「金持ちが天国に入るのはラクダが針の穴をくぐるより難しい」という言葉がありまして...私は天国行きとか地獄行きとか、そのまんま信じてるわけじゃないんですが、「私は金持ちじゃないから大丈夫かなあ。それとも、世界レベルで見れば十分『金持ち』にはいっちゃうかなあ」とか、たまに気にしています(笑)。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ