音  盤  茶  話

  二村定一と戦前ジャズ、SPレコードのブログです。

 

カレンダー

2017年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Facebook

Follow Me !

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

最近のトラックバック

 

メッセージBOX

掲示板

掲示板の設定が行われていません

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:若山邦紘
赤羽先生から教えられて拝見しました。
興味深い最古の日本学生バンドの話ありがとうございます。京大卒の長尾正士さんが1933年にフラタニティ・シンコペ−ターズを立ち上げたのが最初かと思っていました。

http://ozsons.jp/
投稿者:毛利眞人
初めまして。ご訪問感謝申し上げます。
作間毅さんのお孫さんで音楽関係のお仕事をされている由、たいへん驚き、またうれしく存じます。
作間博司さんの訳詩についての事情、ご教示賜り、ありがとうございます。
ところで「夢の人魚」について、これは未復刻ですのでLPにもCDにもなっておりません。お差支えなければ音を進呈致したく存じます。

http://www.h4.dion.ne.jp/~kishi_k/
投稿者:福島祐子
はじめまして。福島祐子と申します。
作間毅の孫です。
祖父の薫陶を受け、作編曲の仕事をしております。
こちらのページを拝見し、大変嬉しく思っています。
ところで、夢の人魚という作品は聴いた事がありません。どんな曲なのでしょうか……。

訳詞の作間博司、というのは祖父の兄の名前です。たぶん祖父が洒落(?)で兄の名前を使ってみたのでしょう。訳詞も、他の作品同様、祖父なんだと思います。
投稿者:毛利眞人
拙ブログにご訪問くださり、有難うございます。
赤羽武夫さんがラッカンサンでトロンボーンも担当されていたこと、戦後はミュージシャンの健康管理に尽力されたことは、不束ながら初めて知りました。
私の知る限りでは、名古屋でのレコード録音でピアノ伴奏も手がけておられます。レコードではバスの伴唱が印象的ですが、多彩な方だったんですね。
色々とご教示を賜り、感謝申し上げます。


http://www.h4.dion.ne.jp/~kishi_k/
投稿者:赤羽紀武
赤羽武夫はトロンボーンやティンパ二ーでクラシックのオーケストラもやり、重信さんと戦後OB交響楽団で一緒でした。紙恭輔さんとも交流を続け、音楽家の健康保険組合の発足に協力しました。慈恵医大の教授になり、原信夫、前田憲雄、渡辺貞夫、山本真純さん等、多くのミュージシャンのご面倒をみていました。私も慈恵医大で医者になり、上記の方々や日野てる正さんなどの病気の相談役をやっています。
投稿者:赤羽紀武
文中の赤羽武夫の息子です。父は開成中で作間さんの後輩、慈恵医大在学中誘われて参加。トロンボーンも吹いていた。兵藤さんは子供の頃会ったのを覚えています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ