我がIT改革  自己紹介

かなり前から独自のウェブサイトを持っていました。しかも2つ。その一方は機械の紹介なので、ウェブ上にアップしておくことだけでも良いと考えていました(もちろんそこで購入したいというお客様が出てきた方が良いのですが)。

もう一方のサイトも店の紹介程度のつもりでいました。しかし具体的に注文を取れるようにしなければならないと考え始め、最近内容を一新しました。しかし、3ヶ月経った今でも終了しません。良く分からないのでという言い訳を自分にしながら後回しにしてきたのです。

いつまでもそのままにしておく訳にもいかなくなりましたので、再度改革に着手しました。外注すれば1週間も在れば見栄えが良く使いやすいページが出来上がって来るのですが、大きな費用を掛けたくないという思いと自分で分かっていないと面白くないという思いとで、自らやっています。

htmlの中身を、必要な箇所だけ替えることは何とかできるようになりました。それだけです。そのhtmlの命令部分とか引用部分がどこに有るのか、それはどのような文字列なのかはまったく分かりません。cgiって何だろう、写真の大きさを変えずにデータ量を少なくするにはどうするのだろう。分からないことばかりです。一番必要なお客様からの注文を受け付けるページを上手く機能させられません。

五十過ぎでは脳内の余計な知識や雑念を取り除くことが大変です。四十の手習いという言葉は有りますが、これでは五十の悪あがきと言われてしまいますね。

まだまだ我がIT革命は混迷を続けそうです。

文字細工 庵

5


仕事柄、色々な種類の木を扱っています。「さくら」もその内の一つです。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし実は「さくら」という名の木は無いのだそうです。「え、では毎年普通にしてる花見は何を見に行ってるの?」と思ってしまいます。関東で一般的に言う花見は「染井吉野」を楽しんでいるのです。「それでは「染井吉野」は「さくら」ではないの?」、誰でも不思議な思いをしてしまいますね。

「染井吉野」は一般的に呼ばれている「さくら」の内の1つということです。それでは「さくら」と名の付く木は無いのかというとそうではなく、「山桜」とか「千島桜」等が有ります。「さくら」とはバラ科サクラ属のうち梅や桃、杏等とは別のものの総称なんだそうです。

山の名称で言うと「大雪山」や「八ヶ岳」、地域で言えば「湘南」や「みなとみらい」、「北新地」みたいなもんですね(少し違うかな?)。
2
タグ: 豆知識 雑学 さくら

青切符  いろいろ

今日青切符を切られました(正確に言うと告知のシールが車に貼られていました。)。夜中の東京・秋葉原の横道です。両側にそれぞれ駐車してあっても余裕で対向車同士が行き交うことの出来る道路で、しかも殆ど通行の無い状態です。

ユーザーさんのレーザー機をメンテナンスしに行きました。カーナビで近くの駐車場に向かったのですが、100円パーキングだったため、既に駐車場は廃止され新しい高層ビルの建設が始まっていました。小雨も降っていましたので、少しの間だけなのでと思いつい路上駐車。車に戻りましたらフロントガラスに黄色い紙が貼られていました。

「他にも停めてある車は何台も有るのに〜」と文句を言いたいところですが、私が違反したことは事実ですので、素直に受け入れています。しかししかし、そんな他の交通に対する影響が殆ど無い時間帯の駐車違反より、大通りの客待ちのタクシーの列とか、危険な割り込み運転の方を優先的に取り締まって欲しいと思うのですが、どうでしょうか。

15,000円の反則金を支払うのは残念なのですが、反省するためには仕方ないかなとも考えています。それにつけても「私のはずっと金色ななんだけど、いつ免許証の色が金色に変わるの?」という妻の囁きを聞くのが悔しいのです。
0




AutoPage最新お知らせ