狼少年ケン  いろいろ

最近テレビを見ていて良く耳にするのが、「♬ 噛むんとにゃんにゃん、にゃんにゃ、にゃんにゃ、にゃにゃにゃ、〜」と言う歌でガムの宣伝です。

いつかどこかで聞いたメロディです。特に気にもしていませんでしたが、今朝何気なく口ずさんで思い出しました。昭和38年に放送されていた「狼少年ケン」というアニメーション番組の主題歌です。当時「♬ ボバンババンボン、ボンバ、ボンバ、バババ、〜」と歌っていたものです。

最近タバコを吸う本数が減り、ガムを噛むことが多くなりました。巷間でも喫煙場所が限られるようになり、咥えタバコをする人もかなり減りましたね。なので1本吸っただけでもその臭いが以前より気になってしまうことが多い様で、我が家ではいつも厳しく非難されます。口を漱いでも服に臭いが浸み込んでしまっている様です。もちろん家の中では絶対に吸えません。

狼少年ケンの様に裸で過ごせば臭いは付いて来ないでしょうか。


1

木札の彫刻  業務に関すること

大量の木札を一気に彫刻しました。木札と言っても私の業務の中で今まで普通に言っていた物とは少し趣が異なります。海上自衛隊の新造艦である「護衛艦いせ」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%9B_(%E8%AD%B7%E8%A1%9B%E8%89%A6)
の当直札(正式名称は忘れました)です。どういう物かと言うと、艦艇の玄関である舷門に近い艦内の壁に置く物ですが、乗組員が上陸する際に裏返しにして行きます。誰が艦外に居るのか当直がすぐ分かるようになっています。

その木札彫刻の見積もり依頼が夏前に有ったのですが、海上自衛隊のために何かしたいとずっと考えていましたので、つい非常に低い金額で出していました。通常考えられる額の3分の1程度です。実際に注文になった時失敗したかなと思いましたが、まあ何となく納得しています。

「いせ」が実際の任務に就くのは来年の3月以降で当初1年位は各種の試験等が行われますので、一般公開されるのは1年半後以降だと思います。もし機会が有って乗ることができたら、私が彫った木札を見てくださいね。(彫った物の写真をアップロードして良いのか分かりませんのでやめておきます。)。
1
タグ: 木札

水辺の散歩  紀行

或る新聞社の主催で、水辺ウォーキングという催しが有りました。たまたまその内の1つが川崎市内の二ヶ領用水に沿って歩くコースでしたので、参加しました。時間をあまり取れないので、一番短い5kmコースです。

ニカ領用水というのは江戸幕府の時代に地元の豪農が中心となって造成した灌漑用水で、多摩区布田の取水口と多摩区宿川原の取水口の2ヶ所で多摩川から水を引き、途中で合流し東京湾近くまで続いているとのことですが、現在下流の方は暗渠になっているようで、私にはその明確な位置が分かりません。途中には円筒分水と言って、4つの水路に公平に水を分ける施設も造られています。

川崎市は現在142㎢強ですが、市制当時は幸区西部以西は橘樹郡の町村で殆どが農村でした。私が現在の幸区に越してきた当時(昭和38年)は、この辺りもまだ水田と畑が広がっていたものです。つまり製鉄、化学工業から電子技術工業に至る国の重要産業を担ってきている川崎市ですが、50年前までは農業地域の割合が非常に高かったのです。その様な歴史の移り変わりに触れたくて、この様な場所を歩くのはいつも楽しみです。

クリックすると元のサイズで表示します

宿川原堰


クリックすると元のサイズで表示します

取水口付近


クリックすると元のサイズで表示します

桜の名所です。春にもう一度訪れたいものです。


クリックすると元のサイズで表示します

真鴨の雌(?)

クリックすると元のサイズで表示します

南武線の下を腰を曲げながら通り抜けます。


クリックすると元のサイズで表示します

多摩川河川敷の遊歩道



約7000歩の行程でした。家に帰ってからビールを美味しく飲むには、少々足りないですね。

0
タグ: 二ヶ領用水 水田 




AutoPage最新お知らせ