2012/6/27

フィリピン入国に際して  ダイビング

昨日、今日と、体験ダイビングDAY.
昨日はまだ少しナミがあったためバックサイドに行きましたが
今日は表側だ〜〜。
なので、これから行ってきます。

フィリピンは入国の際、
21日間まではビザの問題はありません。
その後は、延長が2年まで可能となっています。

長期で滞在をお考えの方、ご注意を!

なので、帰りのチケットをオープンで買ってこられた方も多い思います。
ですが、昨日大使館の方からこうのようなメールが届ました。


1 フィリピンを一時的に訪問(観光目的や商談等商用目的等)する日本人は,21日以内(日数は到着日から起算)の滞在であれば,事前の査証(ビザ)取得は必要なく,フィリピン入国時に21日間有効の滞在許可が付与されています。ただし,入国審査において,パスポートの有効期間が6か月以上残っていること及び復路の航空券(又はフィリピンから他国に渡航するための航空券)を提示する必要があることはご承知のとおりです。



2 こうした中,フィリピン外務省は,日本を含むフィリピン駐在の外国在外公館や国際機関に対して,事前の査証取得の必要がなく,かつ,21日以内の一時的な訪問者が,復路の航空券 (又はフィリピンから他国に渡航するための航空券)を提示できない場合には,退去命令 (Order of Exclusion) が発出され,退去させられる( shall be excluded )ことになると通報してきました。

  なお,当館よりフィリピン入国管理局に本措置につき確認したところ,(1)本措置が5月25日以降実施に移されており,フィリピンに乗り入れている航空会社に対しても既に通報していること,(2)復路のオープンチケットは認められず,退去させられることになること,(3)本措置で退去命令を受けた場合でもフィリピン入国管理局のブラックリスト(入国制限対象者リスト)に登載されることはないとの回答がありました。


ですので、帰りがいつになるかわからにというかた、
オープンを買っていても、入国の際には提示しない。
ただし、帰りのチケットを提示しないといけないんで、
マニラから飛ぶ、安い国のチケットを見せるように買っておかなければいけませんね!

マニラ〜香港、シンガポール、タイ、マレーシアなど。

このチケットは捨てて、帰りはオープンチケットで帰ってください。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ