2011/8/21  20:37

【読書感想】Under the Jolly Roger - L.A.Meyer著(Bloody Jackシリーズ3巻)その3  読書&アート

本題には関係ないのですが、まず一言。明日8時から、現代版シャーロック・ホームズ「シャーロック」がNHK BSプレミアムで放送だそうですよん。

http://www9.nhk.or.jp/kaigai/sherlock/

私と趣味が似ていそうな人々の間で(笑)大人気なので、期待大です。

さて、本題。

以下ちょいばれ

このシリーズ、今のところ8巻まで出ていて、どれもそれぞれ面白いのだけど、今のところ3巻と4巻が最高かなあ。

4巻の方が、ひとつの話としてはまとまっているのですが、3巻は、その後に繋がるステキ設定がいろいろと初登場するのですよね。

まず、ボストンに残してきた親友の文学少女エイミーが、ジャッキーに聞いたドルフィン号で彼女の経験を元に、「Bloody Jack」という題名のノンフィクション本(!)を執筆出版し、アメリカとイギリスで大ベストセラーになっているという設定。メタだ...

ウルヴァリン号に乗艦したジャッキーが、士官から士官候補生から水兵まで、全員がこの本をまわし読みしている(字が読めない水兵は読んでもらっている)のを知って嘆くところも面白いです。

それと、この艦初登場のヒギンス。どこぞの公爵家の執事をしていたのに、生来の冒険好きがおさえられず海に出たくなり、艦長付き給仕としてウルヴァリン号に乗っていたヒギンス。オーブリー艦長ならキリックの役どころですが、もちろんキリックは大違い、品性下劣な主人に仕えていても 完 璧 な 執事であります。もちろん予想通りジャッキーに惚れ込み、この後は彼女の執事として、忠実に仕えつつ、同時に彼女をしっかり教育もしてゆくことに。彼のキャラ描写は、(英国人ではない)アメリカ人作家ならではの「執事萌え」っぷりが楽しいです(笑)。(いや、作者は男性なんですけどね。)

執事としての、彼のジャッキーへの最初のダメ出しが「脚の毛を剃りなさい」だというのがまた...(笑)

3巻はとても長いのですが、その中でこれでもかってぐらい疾風怒濤の展開がつめこまれていて、最後はトラファルガーで締めるあたりもサービス満点。

ま、とにかくこのシリーズ、おすすめです。オブライアンと違って英語も難しくないし、原書読み初挑戦にもオススメですよー。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ