2004/2/7  22:15

13歳のハローワーク  映画・俳優一般

という本がベストセラーになっていると聞き、本屋に行ったついでに立ち読みでぱらぱらとめくってみた。これは「自分は何が好きか」という視点から職業を選べるように、世の中にどのような仕事があるのかを子供たちに説明するという体裁になっている本らしい。いい視点だと思う。

ふと思いついて、「映画が好きな人」の項の「映画配給」と「映画宣伝」のところを見てみた。

「映画配給」のところには、「映画を見る鋭い目と映画への愛が不可欠」と書いてある。ふうん。

「映画宣伝」のところには、「その映画の魅力をよく理解しなければならない」と書いてある。へ〜。

今13歳の子たちが職業を選ぶ頃には、本当にそうなっているといいと、心から思う。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ