2006/2/14  21:00

唐突なハリポタネタ  ハリー・ポッター

ここを読んで下さっている人の中で、ハリポタ好きな方っているのかなあ、と思いつつ…ほかにネタもないし、バレンタインってことで(<関係ない。)

6巻の話なので、一応、初めて「続きを読む」機能を使っておきます。(ストーリーには触れていませんが。)


続きを読む

2006/2/13  0:06

オリンピック(くだらない繰言です。)  日常雑記

普通に見られるところだけ見てます。ほとんど夜中だしなぁ…

スノボ日本代表の男子選手を見て、いつも「ふつーに喋れんのか」と思っていたのですが、スノーボーダーって世界共通であのノリなのね。ふつーに喋っちゃいかんと、国際ルールで決まっているんじゃしょうがないか…

別に日本がメダル取らなくてもいいけど、何もかもアメリカ独占だと、ちょと気に入らなかったりする。


2006/2/10  23:55

更新のお知らせ  パトリック・オブライアン

オブライアンのページ更新:16巻感想7章

今回の舞台はペルーのリマ。

クリックすると元のサイズで表示します
リマの大聖堂

ペルーといえば、現在では日本とも関係が深く、いろいろ話題にも事欠かない国ですが…私はなぜか、フジモリ大統領でも大使館占拠事件でもなく、真っ先に「くまのパディントン」の出身地、というのを思い出してしまうのです。

「暗黒の地ペルー」と呼ばれていたっけ。「リマにある老グマホーム」に、パディントンの叔母さん「ルーシーおばさん」がいるのだっけ。パディントンは小学生の頃一番の愛読書だったので、今だに「リマ」というと「老グマホーム」が浮かんでしまう。

その言葉を人生で最初に聞いたシチュエーションというのは、なかなか頭から離れない、という話でした。また更新とはあまり関係なかった…


2006/2/9  22:19

ミュンヘン ☆☆1/2  映画感想 〜2007年

恒例・アカデミー賞強化月間(<私が勝手に言っているだけですが)。今年は特に、公開されている候補作が少なくて淋しいわ〜

というわけで、「ミュンヘン」を観てきました。(【】内は一応ネタバレですが、たいしたネタバレではないので、読んでもあまり鑑賞には差し支えないと思います。)

「私は主人公に共感できるかどうかで映画の好き嫌いを決めすぎる」と、自分で言っておいて何ですが…私、この映画の主人公(エリック・バナ)はどうしてもダメだわ。いや、良い人か悪い人かという問題じゃなくて(悪人でも共感できることはある)。

いくら「元は平凡な父親です」と言ったって、やってることはジェイソン・ボーンも顔負けの、バリバリの暗殺者なんだから、命を狙われる可能性や家族の安全ぐらい、最初から考えに入れとけよ。そんな「巻き込まれた素人」みたいな顔してるんじゃないよ、とか思ったり。いや、そもそも何でモサドがあんな素人集団を使っているのかが、全然わからんのですけど。

とにかく、わからんことだらけの映画ですが、一番わからないのは…ミュンヘンで選手たちが襲撃される場面を、主人公が繰り返し、「まるで見てきたように」回想することです。

終盤、主人公は焦燥してゆくのですが…映画の文法では普通、その焦燥の理由が「自分と家族に危険が迫っているから」なら、回想するのは「仲間が殺された場面」、理由が「人を殺した罪悪感」であるなら、回想するのは「殺した相手の死に顔」になるはず。でも、そこで主人公の脳裏をよぎるのは、「ミュンヘンで選手たちが無残に殺されるところ」…

以上に書いたようなことは、すべて意図してやっていることかもしれないのですが、そうだったらそれはそれで…いや、わからんです。


2006/2/7  22:23

更新のお知らせ  パトリック・オブライアン

オブライアンのページ更新:16巻感想6章

ソアーヘッド…ホアーズベッド…似てるかな?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ