2006/3/7  19:58

オスカーの話つづき。(ミーハーモード全開)  映画・俳優一般

・ラッセルがプレゼンターで出ること、私ほんとに全然知りませんでした。なので、ちょっと得した気分。「伝記映画」のクリップの紹介、というのは、二つの優れた伝記映画に主演している彼にはぴったりですね。メイクアップ賞のところで司会者に皮肉られていましたが…まあ、あの程度のジョークはお約束かな。

・でも…あの「ジャンル別クリップ」というのは、どういうテーマに沿っているのか、よくわからなかった。はっきり言って、演出としては面白くなかったと思う。

・ドレスはみんなそこそこ趣味がよくて、つまらんかった(笑)。ビョークがディック・チェイニーに撃たれて出席できなかったのは、まことに残念です。

・あと、細かいことですが、気になったのは…テレプロンプター、読みにくかったんとちがう?ローレン・バコールとモーガン・フリーマンがちょっとつっかえていて、なんかハラハラしました。オトシヨリハタイセツニ…

・もうひとつ気になったのは…キアヌ太った?

・意外にも(と言ったら失礼ですが)一番華やかに目立っていたのは、ミッシェル・ウィリアムズ。彼女とケイティ・ホームズ、同じ「ドーソンズ・クリーク」出身で、二人とも去年、ハンサムなパートナー(ヒース・レジャー/トム・クルーズ)と出会って、婚約して、結婚前に子供ができて…どっちもめでたいはずなのに、つい「明暗を分けた」とか言いたくなってしまうのはなぜでしょうか(笑)。

・そういえば、ジョン・スチュワートが途中でサイエントロジーのジョークを言っていたので、「あ、今年はトムちんは出ないのだな」と思ったのですが…トラボルタは出てましたね。

・ジョン・スチュワートの司会は…うーん…ジョーク自体はとても面白かったのですが、イマイチ地味?というか、浮いてる?…私はこの人の番組を(ネットでしか)見てないので、芸風がよくわからないのですが…なんか、同じキッツイジョークを言っても、クリス・ロックの方が、なんというか、勢いがあるというか、お祭りの場にはハマってたような気がしました。(<歯切れが悪い。)うーん、でも、毎年司会をやって欲しいとは思わないけど、彼の番組はますます見たくなった。もう一度番組サイトに行ってみよ。

・以前はアカデミー賞の日には休暇を取っていた私ですが、WOWOWはその日のうちに字幕つきノーカット再放送をやってくれるので、仕事を休む必要がなくなりました。というか、再放送の方が「余計なもの」がついていなくて気持ちよく見られていいわ〜。WOWOWさん、これからもよろしく。アノ人はもう呼ばないでね。

・ドリー・パートンの体型には…びっくりしました。…年相応に太ったほうがいいこともある、としみじみ思いました。(自分の体型に対する言い訳ではないよ。タブン…)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ