2006/3/22  23:02

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!☆☆☆☆☆  映画感想 〜2007年

原題は「ウォレスとグルミット ウサギ男ののろい(Curse of the wererabbit)」。古いイギリス製恐怖映画(「ホラー」じゃなくて「恐怖映画」って感じ)のパロディです。

狼男と違ってウサギ男なら、いくら凶暴でもどうせ野菜しか食べないのだから怖くないだろうって?いいえ、それでも村人たちは恐怖におののくのです。それは、この村の人々が一人残らず、野菜をわが子のように愛するヘンタイ…いえ、園芸愛好家だから。

恐れが怒りに変わり、武器を取る村人たち。不幸な事故でモンスターになってしまった者の悲劇を切なく描いています。嘘ですけど。

やっぱりこれ、お薬とかあるのでしょうか。この場合、脱狼薬じゃなくて脱兎薬?…足が速くなりそう。(ゴメン、言わずにいられなかった。)

ネタバレ【ラストで彼が「治った」理由が、最初わからなかったのですが…あれも「愛の勝利」なんですね…チーズへの愛ですけど。

「子供向きなのに、大人も楽しめる」というものは、大人に訴えるストーリーやテーマを巧みに織り込んであることが多いのですが、コレには、そういうものは一切なし。純粋子供向きを貫きながら、そのとてつもない質の高さのみで大人を満足させるというはなれわざ。

でも、多くの子供に見てほしいなあ。教育的テーマは一切なくて、ただただ笑える映画だからこそ。

子供の頃から「教訓はなく、ただただ笑える」児童文学ばかりを好み、後に「日本ではコメディの扱いが低い」と愚痴ってばかりいる大人になってしまった私としては、ほんとにそう思います(笑)。

それにしても、グルミットもかわいいけど、わたしはあの豚っ鼻ウサギがかわいくてかわいくて…ウサギのグッズを探したのですが、ないようですね。よかった。あったら買ってしまうところでした。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ