2006/6/13  23:14

つれづれ。  日常雑記

昔々、もう20年ぐらい前ですが、血液型による性格診断が流行り出した頃(今でも流行っているかもしれないけど、今のは当時のとは違う気がする。読んでいないので知りませんが)、その種の本を読んでいて驚いたことがありました。

何に驚いたかというと、それには「AB型の人は、起きてから寝るまで、常に休みなく言葉でものを考えているらしい。さぞかし疲れることだろう。」という意味のことが書いてあったからです。

私は、それを読むまで、「一日中言葉でものを考え続けていない」人がいるなんて、思ってもみなかったからです。というか、「言葉でものを考えていない状態」というのが想像できない。(…なんて言うと偉そうですが、当然ながら、考えていることの99.9%はこんな日記にも書けないほどくだらなくてつまらないことですが。)

ちなみに、たまたま(なのか?)私はAB型なのですが…私は少数派なのかなあ?どちらかというと、その本の著者の方が少数派な気がしますが…でもいまだに謎です。

他の人の思考形態って謎かも。考えてみれば。

いや、なんでこんなこと書いているかというと、私は映画を見ながらも、見た後も、こんなにいろいろ考えてはいるのに、感想がなかなか書けなかったりするのは、いかにまとまらない、ムダな思考しかしていないかという…いや、いいんですけどね。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ