2007/1/15  20:22

2006年ベストテン 〜6位  映画ランキング

去年は私好みの映画が豊作で、また環境にも恵まれて、(私にしては)わりとたくさん観たので、久々に「ベスト10」を選んでみようと思います。

「どっちか迷った時は、世間の(特に日本での)評判の低いほうを上にする」という原則でやっております。これって判官びいき?まあいいか。

次点「プラダを着た悪魔」
10位「ヒストリー・オブ・バイオレンス」
9位「トランスアメリカ」

次点.メリル・ストリープに尽きる。10.ウィリアム・ハートに尽きる。9.フェリシティ・ハフマンに尽きる。
私の好きな役者見物を堪能できた年でした。

8位 「ナイロビの蜂」
7位 「クラッシュ」
6位 「サンキュー・スモーキング」

社会問題をネタにして、8.は真正面から見つめてラブストーリーに、7.は上から見下ろして寓話に、6.は薄目でナナメから見てコメディにした感じ。どれもむっちゃ面白いけど、この並びは私の好みです。

続きは次回。(と、モッタイをつけるほどのものでもないけど。)


2007/1/13  22:35

更新のお知らせ(19-8)  パトリック・オブライアン

一週間休んだ上に一日遅れましたが、8章です。

オブライアンのページ更新:19巻感想第8章

昨夜は仕事の後に「リトル・ミス・サンシャイン」を観に行って(面白かったです)、帰ってきてから更新しようと思っていたのですが、パソコンを立ち上げた後「ちょっとだけ」と横になったら、そのまま見事に寝てしまいました。疲れてたみたい…

19巻はあと2章なのですが、ちょっと副業も入ってきちゃったし、さらにペースが落ちるかもしれません…

2007/1/11  22:38

それってどうなの  ハリー・ポッター

この間電車の中で、中学生ぐらいの女の子たちがファンタジー小説の話をしていて、一人が「ハリー・ポッターは、わたしあんまり好きじゃない…」と言っているのを聞いて、「ハリポタの面白さは、子供にはわからない」と思わず考えてしまった私って…

この間観た「ヘンダーソン夫人の贈り物」は、もちろんデイム・ジュディ・デンチの演技や「英国で初めてヌード・レビューを上演した未亡人の話」という題材に興味があったこともあるのですが、観に行った目的はかなりの割合で「ハリポタ5作目でトンクスを演じるナタリア・テナをチェックする」ということでした。

彼女は、舞台で脱ぐ5人の女の子のひとり。彼女たちの中の「ヒロイン」は別のコで、ナタリアちゃんは脇役なのですが、明るくて可愛くていい感じでしたよ。それに、ちゃんとオトナでした。(「アバウト・ア・ボーイ」の少女のイメージしかなくて、ちょっとだけ心配していたのですが。)


2007/1/10  21:14

新年とともに  メールフォームお礼

新しい仕事が始まって、まだ余裕がなくバタバタしております。

更新、予告なくお休み中でごめんなさい。今週末ごろには何とか再開したいと思っています。

正月休みは1本だけ映画みました。「ヘンダーソン夫人の贈り物」。あと、「リトル・ミス・サンシャイン」がぜひ観たいのだけど、時間とれるかなー。

メールフォームお礼
続きを読む

2007/1/7  22:55

正月休み  読書&アート

休みは今日で終わり、明日から仕事です。ふう。

正月休み後半は宮部みゆきの「模倣犯」を読んでいました。

最近、世間であまりに評判の本、あまりに沢山の人が良いと言っている本は、個人的にはハズレのことが多くて、敬遠しがちになっていたのですが…それは間違いだと分かりました。

年末に「名もなき毒」(恥ずかしながら、初宮部みゆき)を読んで「やっぱり、いいと言われるだけのことはあるな〜」と思い、周りの評判を聞いてイチオシの「模倣犯」を一気読み。

面白かった。でも、犯人視点の第2部はかなり読むのがツラかった。
邪悪で残酷で身勝手というのはもちろんなんですが、それよりも何よりも、もうバカでバカで、イライラして、早く終わってくれないかなー、と…

でも、こういう長くて先が気になる本は、しばらくやめようと思いました。私、本当に文字通り止まらなくなって、イロイロ生活に支障をきたすので。

分厚い本を「○日で読んだ」とか言うと「読むのが速い」と思われがちですが、決して速くないんです。ただ1日に読む時間が長いだけで…




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ