2007/3/18  20:49

サン・ジャックへの道 ☆☆☆☆  映画感想 〜2007年

サンティアゴ(※)・デ・コンポステーラへの巡礼路が出てくる映画ということで、さっそく行ってきました。(※サンティアゴ=スペイン語 サン・ジャック=フランス語 セント・ジェームス=英語 聖ヤコブ=日本語)

去年私が行ったスペイン旅行は、このサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路をたどる、というテーマだったのです。もっとも、我々はバスで行ったので巡礼とは認めてもらえないのですけど。徒歩あるいは馬で100キロ以上、自転車なら200キロ以上踏破しなければならないそうです。

聖ヤコブの象徴物はホタテ貝で、巡礼路の途中には

クリックすると元のサイズで表示します
↑路上にこんなのがあったり(つまずかないように注意)

クリックすると元のサイズで表示します
↑道端にこんな標識が出ていたりします。

私たちは巡礼ではなくてただの観光客だったので、この映画に出てきたようなスタンプ帳はもらえなかったのですが…帰りの飛行機(乗り継ぎのアムステルダムまでの)の中ですぐ前に座ってた若い男性二人組(たぶんドイツ人かオランダ人)が、顔を寄せ合ってお互いのスタンプ帳を見せ合っているのを目撃。二人で巡礼してきたのかな〜。とっても、仲むつまじそうでした。うふふ。

あ…そうだ、映画の感想も書かないと。

巡礼路を扱っているからと言って、宗教的な映画ではまったくありませんのでご安心を。「旅は道連れ、世は情け」という言葉がぴったりな、ウェルメイドな人情コメディです。フランス映画らしいイジワルな視点もありながら、全体的にはとっても爽やか。おすすめです。

いつか、今度はバスじゃなくて、歩いて行くツアーに参加してみたいな〜、という気持ちになりました。(時間的体力的に無理そうですが…)


2007/3/15  20:25

今宵、フィッツジェラルド劇場で ☆☆☆  映画感想 〜2007年

ロバート・アルトマンの遺作です。

普段は、遺作であろうと処女作であろうとあまり頓着しない私ですが、この映画、どうも本人がバリバリに意識して作っているフシがあるのでねえ…

アルトマン好みの「お迎え天使」はバージニア・マドセンだったのね。かつてのボブ・フォッシーの天使は、ジェシカ・ラングでしたが(<「オール・ザット・ジャズ」)。

アルトマンのかつての群像劇のような「鋭さ」「手際の見事さ」はなくて、ギャグもテンポもキャラ描写も、あちこちユルユル。…でもまあこの際、ユルいのもいいかなあ、なんて。うん。

メリル・ストリープとリリー・トムリンが、陽気な追悼ソングを歌いまくります。ケビン・クラインとトミー・リー・ジョーンズにも歌って欲しかったな。

アルトマンの、自分で開いた追悼集会に行ってきた、という感じかな。いろいろ、大したお人でありました。合掌。

「あの人のお葬式の、彼の弔辞は良かったわね。本人に聞かせたかったわ。」「あと数日生きていれば聞けたのにねえ。」

2007/3/13  21:57

メールフォームお礼  メールフォームお礼

3月7日〜11日にメールフォームでメッセージ下さった方へのお礼です。
続きを読む

2007/3/4  22:35

ディパーテッド ☆☆☆  映画感想 〜2007年

私は原作(「インファナル・アフェア」)のファンではないのですが、良くできた面白い映画だとは思いました。で、コレ(「ディパーテッド」)は…やっぱり好みではないのですが、良くできた面白い映画だとは思いました。うーむ、我ながら、超つまんない感想。ごめんね。

映画の価値はストーリーだけじゃないから、「リメイクだから」ってだけで一段劣るような言い方をするのは不公平だと思っています。でも、これの場合、やっぱりよく出来たプロットの面白さが際立っているので、どうしてもそこにポイントが行ってしまって、そうするとやっぱり、後発の方の分が悪いかも。

でも、告白すると…私は香港版はビデオで見たのですが、出だしのところがどうも分かりにくくて、なかなか乗れなくて、最初の10分ぐらい見ては投げ出すというのを何度か繰り返したのでした。(人物関係を把握してしまえば大丈夫でしたが。)その点「ディパーテッド」はすっきりしてて分かりやすかったかな。

<以下ネタバレ(野暮な突っ込みあり)>
続きを読む

2007/3/3  23:54

あっ、これ観たいなあ。  映画・俳優一般

さっきWOWOWの映画情報番組でやっていたのですが、オブライアンの17巻でジャックのセリフにも出てきた、19世紀の奴隷制廃止運動家のウィルバーフォースさんをヨアン・グリフィスが演じている映画(アメージング・グレース)があるのですね。

http://us.imdb.com/title/tt0454776/

http://www.amazinggracemovie.com/

ちょっと、ホーンブロワーが海軍辞めて政界に進出したみたいではありますが…観たいなあ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ