2007/5/10  22:33

デッド・ゾーン #1-6「過去を宿す家」〜場所の記憶  海外ドラマ:デッドゾーン

いやその、そんなに毎日ヒマなわけじゃないんですけどね。ヒマな日にまとめて書いたのを小出しにしているだけです。

第5話(12番目の陪審員)とこの第6話には、映画版「シャイニング」へのオマージュ(?)みたいなシーンがあって、ニヤリとさせられました。(でも、スティーブン・キングはキューブリックの映画版「シャイニング」をお気に召さなかったのではなかったっけ…?)

欧米の家というのは、建てたら何百年も住むのが普通で、よくものの喩えで「住んでいた人々の記憶がしみついている」とか言いますが…ジョニーの場合、それは文字通りの意味になってしまうのね。

ジョニーは親から相続したデカい家にひとりで住んでいるのですが、家から生前の両親(特に母親)に関するヴィジョンを見てしまう、という話。精神衛生上、あまり良くなさそうだ。

<以下、原作「デッド・ゾーン」、およびテレビ版第6話の大ネタバレあり>
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ