2007/7/18  20:08

デッド・ゾーン #3-4「赤裸々な真実」〜真実と向き合う時  海外ドラマ:デッドゾーン

原題:Cold Hard Truth 冷酷な真実

このエピソードはアンソニー・マイケル・ホールの監督作。テレビシリーズも長くなってくると、監督志望の俳優にエピソードを監督させることがよくあります。いきなり長編映画をやるより、テレビドラマの1エピソードというのはよい練習台になるから。「デッド・ゾーン」ではこれの他に、ウォルト役のクリス・ブルーノとブルース役のジョン・L・アダムスが第5シーズンで1話づつ監督しています。

このエピソードは、私のお気に入りのひとつです。ちなみに、第5シーズンでクリス・ブルーノが監督した"Independence Day"は、私の第5シーズン最愛エピソードだったりする。彼らがけっこう優秀な監督なのか…それとも、特に脚本の良い回をまわしてあげているのか。

クリスの監督作は、自分(ウォルト)が出てこないエピソードなので、彼は監督に専念していましたが、この番組でジョニーが出ないってわけにはゆかないので、AMHは出ずっぱりの監督主演をこなしています。自分を監督するってのも大変そうだけどね。

さて、第2シーズンラストから第3シーズン3話まで、疾風怒濤というか、いろいろ大変な話が続きましたが…このエピソードはようやくほっとするような、私の好きな人情噺系。いや、これはこれで大変なのですけどね、本人たちにとっては。

「赤裸々な真実(Cold Hard Truth)」とは、バンゴア(クリーブズ・ミルズの近くの街)のローカルラジオ局の、ジャック・ジェリコという毒舌DJの番組名。こういう、わざと人を怒らせることを売りにしているようなDJのことを「ショック・ジョック(shock jock)」と呼ぶらしい。テリー・ギリアムの映画「フィッシャー・キング」(<傑作!)のジェフ・ブリッジスを思い出したりしますが…バンゴアみたいな田舎にまでいるのね、こういう人。

<以下、第3シーズン4話までネタバレ>
続きを読む

2007/7/17  20:13


なかなか風邪が治らなくて…三連休はほとんど寝てたのですけどねえ。風邪って、寝ていても、普通に仕事していても、結局時期が来ないと治らないような気がする。

WOWOWの「ローマ」ですが、うっかりして第2話を録りそこねたので、今日の深夜の再放送を録画します。

第1話だけ見た一言感想:まったく、ローマ人ってやつぁ…

BBC的なものを予測していたら、どちらかといえばHBO的でしたね。

カエサルの姪のアティアさん、どっかで見た顔だ!と思ったら「魅せられて四月」「パトリオット・ゲーム」に出ていたポリー・ウォーカーですね。うーん、いい女!ずばり、私の好み。

…私、レズビアンでなくてよかった。レズビアンだったら美人の悪女にひっかかってヒドイ目にあっていたかも…。(って、何の話をしてるんだか。すみません、まだ熱があるみたい)

男の好みはというと…なぜか男はいい人じゃないとダメなのよね。悪女はスキなのに。

「ローマ」には、いい人の登場人物はいないみたいなので、かえって気楽に楽しく見られそうです。(誰が死んでも不幸になっても凹まなくてすみそうって意味で…)

2007/7/16  23:32

デッド・ゾーン #3-3「激突」〜運命の要素が揃う時  海外ドラマ:デッドゾーン

一昨日の続き。

<以下、第3シーズン3話までネタバレ>
続きを読む

2007/7/14  23:48

デッド・ゾーン #3-3「激突」〜ヴィジョンの闇鍋  海外ドラマ:デッドゾーン

原題:collision 衝突

「デッド・ゾーン」には、たま〜に、一度見ただけでは分かりにくいエピソードがあるのですが、これもそのひとつ。分かりにくいと言っても、いわゆる「難解」というのとは違うのですけど。別に小難しいテーマがあるわけじゃなくて、ただストーリーの構成が一風変わっていて、複雑なのです。

こういう、やや分かりにくいエピソードが、私は特に好きだったりする。何度もくり返し見てしまうし、見るたびに新しい発見があったりして、飽きないのですよね。特にこれは、しつこく見ているうちに、第3シーズン最愛のエピソードになってしまいました。

<以下、第3シーズン3話までネタバレ>
続きを読む

2007/7/13  20:12

WOWOW「ROME ローマ」今夜から  海外ドラマ:フレンズ他

ああ、直前になってしまった…!
「マスター・アンド・コマンダー」のマックス・パーキス君も出ているBBCの大作ドラマです。
今夜10:00〜 WOWOWで毎週金曜日放送。

http://www.wowow.co.jp/drama/rome/

私はまだ熱っぽいので、録画にして寝ます…



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ