2007/7/12  21:47


ラッセルの"3:10 to Yuma"のアメリカでの公開が前倒しになって9月になったようですね。

トレイラー

西部劇〜〜!!ラッセル、この似合っぷりはさすがです。
まるっきりの悪役なのかな?それとも含みのある役なんだろうか。リメイクだそうだけど、あえてストーリーは知らずにおくことにします。

とか言って、日本公開は大丈夫なんだろうか。「アメリカン・ギャングスター」の方は年末か来年正月に日本公開が決まっているみたいですけどね。


2007/7/11  20:55

デッド・ゾーン #3-2「レイチェルを捜せ(後編)」〜第一容疑者  海外ドラマ:デッドゾーン

私の刑法の知識なんてものは、ほとんどはミステリー小説・映画からきているいい加減なものですけど…その乏しい知識では、たしか「犯人しか知りえない事実を知っている(死体がどこに埋まっているかとか)」というのは、「状況証拠」ではなく、それだけで十分有罪になりうる決定的な物的証拠とみなされるはずです。

そして、警察が現実にサイキックを使って捜査しているという噂も聞くアメリカであっても…法律の前提に「サイキック能力の存在」は考慮されていないと思う。

<以下、第3シーズン2話までネタバレ>
続きを読む

2007/7/10  20:56

朝に弱いことの、何が不便かって  日常雑記

私は起きてからほぼ3時間は、毎朝ヘロヘロのダラダラなので、朝起きた時に体調が悪いかどうか判断がつかないことです。朝起きてヘロヘロのグラグラだからと言っていちいち休んでいたら一度も会社に行けなくなってしまうので、無理やり起きて、無理やり服着て、無理やり会社行きます。そうすると、朝の10時ごろには人間に戻るわけです。体調が普通の時には。

10時になっても11時になってもヘロヘロのショボショボのままだった場合、ようやく「あー、私は病気だったのか」とわかるのですが、そのときにはもうすでに会社に来てしまっているので、そのままなんとなく定時まで仕事して帰ります。

いくらなんでも病気の時は、ヘロヘロさ加減がいつもよりひどいんじゃないかって?…いや、それが…あまり区別つかない。まあ、ホントにホントの重病の時は別でしょうけど。

というわけで夏風邪らしいです。寝ます。


2007/7/9  20:47

デッド・ゾーン #3-1「レイチェルを捜せ(前編)」〜試練の第3シーズン  海外ドラマ:デッドゾーン

第3シーズンのプレミア。いきなり、前シーズンまでに輪をかけて、大変な目に遭いっぱなしのジョニーです。

<以下、第3シーズン1話までネタバレ>
続きを読む

2007/7/8  23:21

ジャネット・イヴァノヴィッチ ステファニー・プラム・シリーズ  読書&アート

たまには読書の話を。

かなり前に4巻まで読んで、その後なんとなく途切れていたのですが、今5・6巻を図書館で借りて、6巻を読み終わりそうなところです。

再開したきっかけは、別になんてことはなくて…私の本棚で、たまたまスティーブン・キングの隣にイヴァノヴィッチが並んでいたので、なんとなく手にとってナナメ読みで再読したことなんですが。

しかし相変わらず、「どうか読まないで下さい」と言っているようなダサい邦題と古臭い表紙だなあ。中身はこんなに面白いし、翻訳もいいのに。邦題なんて、書きたくもないけど、5巻(High Five)が「けちんぼフレッドを捜せ!」6巻(Hot Six)が「わしの息子はろくでなし」ですよ。いったいどこの若い女性が…いやあまり若くはなくても、これ読んで面白いと思うような女性が…「けちんぼ」なんていう単語で始まる題名の本を読みたいとおもうでしょうか。中身はパンティをはいていないバービー人形の話で始まるのに(笑)。この落差は…

まあ、文句はともかく…相変わらず読みやすくて面白いです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ