2007/7/18  20:08

デッド・ゾーン #3-4「赤裸々な真実」〜真実と向き合う時  海外ドラマ:デッドゾーン

原題:Cold Hard Truth 冷酷な真実

このエピソードはアンソニー・マイケル・ホールの監督作。テレビシリーズも長くなってくると、監督志望の俳優にエピソードを監督させることがよくあります。いきなり長編映画をやるより、テレビドラマの1エピソードというのはよい練習台になるから。「デッド・ゾーン」ではこれの他に、ウォルト役のクリス・ブルーノとブルース役のジョン・L・アダムスが第5シーズンで1話づつ監督しています。

このエピソードは、私のお気に入りのひとつです。ちなみに、第5シーズンでクリス・ブルーノが監督した"Independence Day"は、私の第5シーズン最愛エピソードだったりする。彼らがけっこう優秀な監督なのか…それとも、特に脚本の良い回をまわしてあげているのか。

クリスの監督作は、自分(ウォルト)が出てこないエピソードなので、彼は監督に専念していましたが、この番組でジョニーが出ないってわけにはゆかないので、AMHは出ずっぱりの監督主演をこなしています。自分を監督するってのも大変そうだけどね。

さて、第2シーズンラストから第3シーズン3話まで、疾風怒濤というか、いろいろ大変な話が続きましたが…このエピソードはようやくほっとするような、私の好きな人情噺系。いや、これはこれで大変なのですけどね、本人たちにとっては。

「赤裸々な真実(Cold Hard Truth)」とは、バンゴア(クリーブズ・ミルズの近くの街)のローカルラジオ局の、ジャック・ジェリコという毒舌DJの番組名。こういう、わざと人を怒らせることを売りにしているようなDJのことを「ショック・ジョック(shock jock)」と呼ぶらしい。テリー・ギリアムの映画「フィッシャー・キング」(<傑作!)のジェフ・ブリッジスを思い出したりしますが…バンゴアみたいな田舎にまでいるのね、こういう人。

<以下、第3シーズン4話までネタバレ>
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ