2007/7/24  22:52

デッド・ゾーン #3-8「話すなら今」〜ずっと聞きたかったこと  海外ドラマ:デッドゾーン

原題:Speak Now 結婚式における司祭の決まり文句の一部。「このふたりの結婚に異議のある者は今すぐ申し出よ(speak now)、さもなくば永遠に沈黙せよ。」

久々のラブストーリー編。わあい。

テレビドラマの脚本は、複数の脚本家とプロデューサーが議論しながら共同作業で書いてゆくそうですが、脚本家による音声解説によると、この回の議論では、特にみんなアツくなってしまったそうです。結婚の話となると、みんな自分の個人的経験を重ねて考えてしまうからなのよね〜。

しかし、「アルマゲドンはどうやって起こるのか?」なんていうことと、「ジョニーはサラにどのぐらい未練があるのか?」なんていうことを、まったく同列に喧々諤々やってるかと思うと楽しいですねえ。

それにしても、いやー、ジョニー−サラ−ウォルトのトライアングルって凄い。汲めども尽きぬネタの泉(笑)。

さて、このエピソードの題名にもなっている結婚式の司祭の台詞というのは、要するに重婚を防ぐためのものです。

花嫁花婿のどちらかが、実は他の男女と結婚している、あるいは「結婚しているも同然」であるなら(<何をもって「同然」と見なすかは、その社会の考え方による)、教会としてはこいつらを結婚させるわけにゆかないから、早く言ってよ。一度神の前で挙げちゃった結婚式は神聖だから、教会としては後で取り消すわけにいかないからね。今言わなかったらここでする結婚を優先させちゃうからね、後で「こっちと婚約してたのに!」とか言っても無効だからね、と念を押しているわけです。

ドラマや映画の中ならともかく、現実にここで異議を唱えた人がいるかどうかは分かりませんが。

そもそも、こういうこと全て元になっている「教会で結婚式を挙げちゃうことの重み」を、非キリスト教徒の人にはなかなか分かってもらえてない気がするのですけど。言っとくけどこれ、それこそ思い切り個人的な経験に…いや、いいです…(<何かあったらしい。)

とにかく、このエピのセリフにもあるように、ひとの結婚式というのは、できれば忘れていたいあんなことやこんなことを思い出させてしまうものですよね。うんうん、経験あるわ〜…

<第3シーズン8話までネタバレ含む>
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ