2007/9/4  22:09

デッド・ゾーン #4-3「ダブル・ヴィジョン」〜超能力ユニット?  海外ドラマ:デッドゾーン

先日亡くなったこの番組のプロデューサー、マイケル・ピラーが書いた「脚本家へのガイド」には、今までにも何度か触れましたが、第2〜第4シーズンの"Writer's Guide"の中に、「避けてほしいもの」として次の7つが挙げられていました。

(a) 幽霊
(b) 悪魔祓い
(c) ウォルトが死ぬ(殺される)ヴィジョン
(e) 文字通りの天使/悪魔の話
(f) 魔法
(g) 超能力者同士の対決(ジョニーはユニークな存在にしておきたい)
(h) 単純な「今週の犯罪/連続殺人鬼」の話

(dが抜けているのは、最初に入れていたものをあとで取り消したのでしょうね。)

このうち(a)(b)(e)(f)はSFとしての「世界観」の問題、(g)(h)はありがちなパターンを避けるため、と納得なのですが、(c)だけはなんか、他のとは違っていませんか?この「禁止項目」がここに入っていた意味が、とっても気になる私です。

まあ、それはともかく…ここで問題になるのは(g)です。実は今まで、ジョニー以外の超能力者が出てきたことは4回ありました。(「シャーマン」、「ハント」のシルヴィアたち、クリストファー・ウェイ、「アイトラップ」のギブソン)

いずれも敵ではないので、「超能力者同士の対決」というのにはあてはまらないのですけど、「ジョニーをユニークな存在に…」というルールにはちょっとひっかかっていますよね。でも、「シャーマン」とクリストファー・ウェイは存在する「時間」が違う、「アイトラップ」のギブソンは超能力の種類が違う、「ハント」の連中は基地の中だけの付き合いと、ジョニーとカブってしまわないように工夫はなされています。

このエピソードで登場するアレックス・シンクレアは、女性サイキックとしては三人目。彼女の超能力はジョニーのものとは微妙に違うようですが、「ヴィジョン」を見るという点では同じで、能力の性質的にもレベル的にも、ジョニーとカブる危険性は大きいタイプ。それをあえて登場させたのは、ジョニーのlove interest(恋人候補)として超能力者を登場させたかったからでしょうか。

<以下第4シーズン3話ネタバレ>
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ