2007/11/26  22:07

ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた ☆☆☆1/2  映画感想 〜2007年

「おいしい人生のつくりかた」と言うより、「ほろ苦い人生の生きかた」という映画でした。

このヒロインを、何のかんの批判することはできるだろうけど…いや、私だって特に褒めようとは思わないけど…なんかね、何をどう気をつけていようと、どんなに正しい選択をしようと心がけていても、うっかりこういう人生にハマってしまう可能性は、ホント、女性なら誰にでもあるんじゃないかと思ってしまうのよね。間違いのモトは、選択肢の少なさにあるんだよな多分。

で、大事なのは、ハマってしまった後にどうリカバーするか、ということなので。ハタから見てるとこのヒロイン、「お金が貯まったら」とか「パイ・コンテストで優勝したら」とか言ってないで、とにかくまず夫と別れることが先決だろうと思うのだけど…

でも彼女は、実際には怯え切ってて身動きが取れない状態なのよね。恐怖に足がすくんで動けない人に向かって「怖いのなら早く逃げればいいのに、ばかじゃないの」と言っても始まらないわけで。でも、彼女は自分が怯えていることを、心の中でも完全には認めていない。それが問題なのかも。

実際には、それほどには(警察や病院に行くほどには)殴られていなくても、「逆らったら殴られるかもしれない」「離婚するなんて言い出したら殺されるかもしれない」と常に感じているだけで、怯えてしまうには十分だと思う。またそれが、それほど突飛な想像というわけじゃないしあの夫は。

ヒロインが妊娠して、幸せ気分になったり、お腹の子に無条件の愛情を感じたりしないのも当然のことで、危機的状況で妊娠したら、野生動物だって警戒レベルが上がるだけで、幸せを感じたりしないと思う。これも一種の生存本能なのね。

本能の話をするならば…警戒レベルが上がるとなぜか性欲がわくっていうの、女でもそうなのね。まあ、ジェナの場合は妊娠のせいかもしれないけど。

しかし、女性向きのラブコメディ(一応)だというのに、こんなにミもフタもない語り方をしていいんだろうか(笑)。

<以下ネタバレ>
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ