2008/1/19  23:07

2007年ベストテン(6〜3位)  映画ランキング

6位 プロヴァンスの贈りもの

「人生はワインのようだ」という映画…と見せかけて、ほんとうは「人生は株式投資のようだ」という映画でした。(「人生はワイン」な映画は「サイドウェイ」。)人生には、売るべき時、買うべき時、すっぱり捨てるべきモノ、押さえておくべきモノがある。また、物の本当の価値を見抜くのは難しい…あの手この手で安く見せようとしたり高く見せようとしたりするライバルがいるからね。

5位 トランスフォーマー

去年もっとも(私にとって)サプライズヒットだった作品。ハリウッドばんざい。

4位 クイーン

ブレア首相が女王ファンになってゆくところが面白かった。
ラッセルがイギリスのテレビに出た時の発言を思い出しました↓

http://www002.upp.so-net.ne.jp/kumiko-meru/jross.htm#R1

私もまったく同感です。

ダイアナ妃のことを聖女みたいに言う人が多いのは、私も前からフシギに思っていました。(気の毒な女性だとは思うけど。)慈善活動をしていたっていうけど、セレブとして当たり前の活動の枠を出ていないんじゃないかなあ。あれだったら、エイズの流行が始まったばかりでまだまだ「同性愛者の病気」と思われてたころから支援に取り組んで、アメリカ中のスーパーを回って(時には偏見の強い人とケンカしながら)啓蒙して歩いていたっていうエリザベス・テーラーの方がよっぽど聖女だと…あ、また話が飛んでしまった。

3位 ラブソングができるまで

私、「アバウト・ア・ボーイ」を観るまで、ヒュー・グラントってけっこう嫌いだったのですよ、実は。今は好きですけど。昔読んだインタビューで、何かすごくカンジが悪かったのです。誤解されやすいことを言ってしまう人なのかもしれないけど…今考えればあれ、インタビュアーか翻訳にだいぶん問題があったのかもしれないなあ。

最近になってわかってきたのですが、たとえインタビュー記事でも、書く人の意志によって、その人をどうとでも見せることができるのですよね。こういうことにもメディア・リテラシーが必要だなあ、と思ったわけです。

で、この映画ですが…感想を書いた時に入りきらなかったのですが、ラストのクレジットのところで、音楽番組のトリビア風に登場人物たちのその後が出るのが楽しかったです。ドリューの元カレの映画がボロクソにケナされて大コケしたというトリビアに、思わず快哉を叫んでしまいました(笑)。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ