2008/1/24  23:58

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 ☆☆☆☆  ミュージカル

個性の強い原作(この場合は舞台のこと)に、自分の色を強く出す監督は合わないと思ってましたが、認識を新たにしました。

うまくかみ合えば、個性を潰しあうのではなく、相乗効果でパワー倍増できるのですね。(まあ、私は舞台を見ていないので、半分想像で書いているんですけど)

また、私はミュージカルはなんといってもソング&ダンスが肝心で、他の要素はおまけだと思っていました。(それはまあ、基本的にはそうなんですけど)ミュージカル映画でも、ビジュアルでここまでできるのですね。

ジョニー・デップの歌は、まああんまり上手いとは思わないのだけど…それでも「声に色気がある」とか「この役には合っている」とか思ってしまうのは…やっぱり、ビジュアルがあまりにもハマっているから、声もよく感じられるのでしょう。つまり総体的なパフォーマンスとしては優れているっていうことだから、いいよね。

ヘレナ・ボナム・カーターもハマりすぎ。この二人、生身の人間なのに、「コープス・ブライド」の人形と比べても、背景へのハマリかたは遜色ない(笑)。もともとこの世界から出現したようだ。

ティム・バートンって、自分のヴィジョンから抜け出してきたような男と女を使って映画を撮り、しかも女の方は私生活でもヨメにしているわけですね。なんか、スゴいなあそれ(笑)。

映像についてばっかり書きましたが、音楽については…ま、私などが今更申し上げるまでもなく、素晴らしいの一言。(と言うか、もうちょっと聴きこんでから語りたいな。)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ