2008/2/22  1:21

エリザベス ゴールデン・エイジ ☆☆  映画感想 2008年〜

たしかに前作は、この時代の歴史を知らないと分かりにくいってところもあったので、今度は分かりやすくしたかったのかもしれないけど…何も、ここまで単純化せんでも。

少なくとも役者見物は楽しめるかと思って観に行ったのですけど、「どんな名優でも、ヒドい脚本には勝てない」という真実を、久々にかみしめることになってしまいました。

いや、もう。エリザベス一世がただの馬鹿女にしか見えないんですけど。よくこれで戦争に勝てたなあ、と思うけど、スペイン国王はそれに輪をかけて馬鹿っぽく描かれているのでバランスはとれているのでした。

同じ話でも、ヘレン・ミレンが出ていたBBCのドラマ(「エリザベス 愛と陰謀の王宮」)は面白かったのになあ。脚本なんですね、やっぱり。

でもまあ、それはいいの。私が何よりがっかりしたのは、ほとんどそれが目当てだったと言ってもいい海戦シーンが、しょぼかったことです。無敵艦隊なんて、4隻ぐらいしかいないように見えたのよ。

この海戦のシーンなら、青池保子の「七つの海七つの空」の方がよかった…漫画だけど。

まあ、大海戦を映画でちゃんと描いたら、とてつもないお金がかかるのはわかっているけどね…それが売りでもない映画に期待しても、無理というものか。

はじめと終わりの字幕は、なんかちょっと「いい気なもんだよな、イギリス人は」っていう気もするんですが…考えてみればこれ、主なキャストはオーストラリア人がぞろぞろ、監督はインド人なんだよね。それを考えると、ちょっと微笑ましい。なんとなく。(まあもちろん、基本的にはイギリスの映画なんですけど。)

ついでに、(日本語)字幕で気になったことを2つだけ。ウォルター・ローリーが「(女王の王宮に入るのは)スペイン船に乗るより難しい」と言っていたけど、この場合のboardは「乗る」じゃなくて「斬り込む」じゃないかなあ。

あと、幽閉されているメアリー・スチュワートが「女王の命令です」と言われて「I am the queen.」と答えたのは、「私女王です」じゃなくて「私女王です」でしょう。


2008/2/21  22:00

ペルセポリス ☆☆☆☆☆  映画感想 2008年〜

ようやく観てきました。

こんなにいい映画が2ヶ月も前からちゃんと公開されていたのに、行きにくい場所だとか行きにくい上映時間だとか言って観に行かないで、なかなか公開されない映画のことで文句言ってばかりいてはいけないな、とちょっと反省。(それはそれとして、その文句はまだまだ言うけどね。)

たとえば、自由にものを言えない社会で、我慢に我慢を重ねつつ長い長い年月を過ごしてきた人が…「よし、それじゃあ死ぬ前に1本だけ映画を作って、1時間半でお前の一生分の言いたいことを全部言うがよろしい。(ただし面白くなけりゃすぐゴミ箱に捨てるからね)」と言われたとしたら…どういう映画を作るか。

そういう「本気」が漲っている映画でした。

こういうのを観ると、しばらく他の映画が色あせて思えたりするのだけど…まあその代わり、こういう映画はひとりの映画作家につき一生に一本しか作れないのよね。

それほど全力投球な映画でありながら、重くて暗いかというと、そうでもない。いや、描かれている話はかなり重いし、時に暗いのだけど…そこは、アニメーションであること、その絵柄のセンスが抜群にいいことが生きている。

思春期を迎えた主人公の、身体の成長と性の目覚め、それを1分であますところなく見せてしまうなんて、アニメーションじゃなきゃできない芸当だ。どん底に落ち込んだ主人公が立ち直るところの「Eye of the Tiger」にのせた表現なんて、実写はもちろん漫画でもできない、アニメならでは。

(個人的には、この映画がアカデミー賞を獲ってほしいと思う。ピクサーの3Dアニメは私も大好きだけど、そっち方面はもう十分評価されている気がするので。)

アニメーションの普遍的な絵柄のせいか、全然違う国の話でありながら、ちょっとシンドイぐらい感情移入してしまいました。励まされたとか、元気が出たとか言いたいところだけど…そういうのとはちょっと違う。「背筋が伸びる」というのが近い。

主人公がもっと強くて立派な女性ならば、「私にはとてもとても…」とか言って逃げることもできるんだけど、マルジは弱いところ、だらしないところ、ずるいところも大いにある女なので…私も一緒にばーちゃんに叱り飛ばされた気分になるのだ。

いつでも、自分に対して公明正大に。

たとえばの話、こんなつまらないブログのエントリーでも、ただの映画の感想でも、「とりあえずこう言っておけば無難だろう」というのじゃなくて、心の底から本気で言いたいことを書かないといけないな…と、そんなことを思ったのでした。

2008/2/20  20:30

ステファニー・プラムの10巻  読書&アート

邦訳が出ているみたいですね。集英社文庫に引っ越したようです。

http://item.rakuten.co.jp/book/5440296/
「カスに向って撃て!」

ヘンな題。ヘンなところがミソなんだろうな。ヘンなもの好きの人(例えば私)なら、なんじゃこりゃと思って手にとってみるだろうし。カバーイラストも、ちゃんとステファニーだと分かるイラストになっているし。(2巻カバー絵の金髪のオバサンは、ありゃ誰のつもりだったのかと、今でも不思議に思う私。)

2008/2/19  21:21

あろま  日常雑記

かなり前、会社の後輩にアロマポットをプレゼントされたので、ちょっとばかりアロマテラピー(のようなもの)をやってみたことがあるのですが…正直、部屋の中がバラの香りになろうと、ラベンダーやレモングラスの香りになろうと、「いい香りだ」と思うだけで、具体的に「気分が落ち着いた」とか「元気が出た」とかは…つまり「効いた」と思ったことはなかったのです。多分私が鈍感なだけなんでしょうけど、匂いだけでそんなに気分が変わるとか癒されるとか、ほんとにあるのかなあと、ちょっと疑ってもいました。

でも、コーヒーを淹れて、家中にその香りが漂うと、たしかに元気が出るし、2レベルぐらい気分の幸せ度が上がる気がします。飲まなくても、匂いだけで、確実に気分がよくなっているのが分かります。

ああ、アロマテラピーってこれだったのか、と納得したのでした。(<多分違う)



2008/2/16  0:27


http://www.walkerplus.com/movie/news/news3872.html

ロスが10歳下のブルース・ウィリスの娘とつきあう「フレンズ」第6シーズンのエピソードを思い出しました、なんとなく。

いや、それだけなんですけど。この場合、アシュトン・カッチャーの立場が複雑ですな。

ブルース・ウィリスはジョシュの元カノのスカーレット・ヨハンソンとつき合うといいと思います。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ