2008/5/15  22:07

まじめな話。  ジョン・スチュワート

一昨日ちょっと書いた、元国防次官ダグラス・ファイス(Douglas Feith)へのジョンのインタビューですが、昨日から検索していると、おびただしい数のブログで言及されています。

ファイス氏というのは、一昨日私は「イラク戦争開戦の当事者のひとり」と書いたのですが、その後調べてみると、この人はペンタゴンの「Office of Special Plan(特別計画室)」のリーダーだったのですね。この「特別計画室」は、アメリカをイラク戦争へ導く情報操作やプロパガンダをやる機関だった、と言われています。当事者のひとりどころか、(ブッシュ、チェイニーと共に)「張本人」と言っても過言ではない人でした。

で、彼はこのたび「War and Decision」という、自分と政府の行動を正当化する本(多分)を書いて、「The Daily Show」には、基本的に本を宣伝するために来たわけです。

ジョンが自分の本を実際に読んでいることに、ファイスがちょっと驚いていたみたいなのが失笑ものでした。ジョンは苦笑して、「本のテーマに、ちょっと興味があったもんでね」と言っていましたが。

ジョンが、「政府はアメリカ国民からインフォームド・ディシジョンを下す能力を奪った」と言ったとき、ファイスは「国民が情報を得るべきだというのには賛成だ、だから私はこの本を書いた」と言っていたのですが…開戦後5年経って、何千何万という人が死んだ後で?しかも、自分に金の入る形で?まったく、ヒドいもんです。

で、アメリカのブログですが…まあ中には、「こういう人間を番組に呼んで喋らせること自体がけしからん」という主張もあるんですが、ほとんどは、ジョンがファイスの論点をことごとく退け、追いつめていることへの賞賛です。

その気になればジョンは、純粋に知識と論理だけでもって、相手の主張を完膚なきまでに粉砕することができるんですよね。あくまで礼儀正しく冷静なまま、決して大声を出すことも、相手の話を途中でさえぎったりすることもなしに。そういうところに、いつも惚れ惚れするんですが…

まあ、私がアメリカのブログを検索して読んでいるのは、真面目な気持ちもないわけじゃないけど、ほとんどは「好きな人が褒められているのは嬉しい」ってな気持で読んでるだけなんです。アメリカ人じゃないだけ気が楽という面も、たぶんある。でも…

「The Daily Show」のオフィシャルサイトの掲示板に、イラクで息子さんを失った父親の「ファイスを番組に呼んでくれたジョン・スチュワートとスタッフに感謝したい。」という主旨の投稿が載っていて、なんだかはっとさせられました。

「息子を大学に行かせる金が私にあれば、息子は軍隊に入らなかったはずで、そのことで自分を責めない日はない。ファイスは間違いなく息子の死に責任のある一人だ。この男に光を当ててくれたことに感謝する。これからはどこへ逃げようと目を離さないでいようと思う…」

…重い。

2008/5/14  22:37

Happy Birthday ぞろ目!  スティーブン・コルベア

昨日はスティーブン・コルベアの誕生日だったのです。おめでとう44歳!

…そう、1964年生まれ!ラッセルと同い年!

…そう、今年は私、ラッセルの誕生日(4月7日)を祝いそこなっていたのでした。一ヶ月以上遅れたけど、ついでにおめでとう!

…って、かく言う私も1964年生まれなのであった。誕生日はとっくに過ぎてるけど…ついでに私にもおめでとう!(あまりめでたくないが)

脈絡ないけど、デイリーショーの古いクリップで「長寿メロドラマの終了を記念して、昼メロごっこをするジョンとスティーブン」



このあたりの古いのはまだあんまり見てないんですけど、見た限りでは…9・11前のデイリーショーって、今に比べてなんだかのんびりしていていいですね。

今みたいに、毎日スリリングなのもいいけどさ。

2008/5/13  23:56

今日のThe Daily Show  ジョン・スチュワート

ここんとこ、いつにも増してゲストが大物政治家続きなのですが…今日のインタビューは、とりわけ素晴らしかった。先週のマケインのインタビューなんかは賛否両論だったみたいですが、今日のはアメリカの政治関係ブログでも絶賛が並んでます。

ブッシュ政権の元国防次官、ダグラス・フェイスのインタビュー。

前に訳したマケインとの討論はイラク戦争を「これからどうすべきか」の話でしたが、今回は戦争を始めた時の話。フェイス氏はイラク戦争開戦当時の国防次官、戦争を始めた当事者の一人ですからね。政府は国民を故意にミスリードしていたかどうか、という議論なのですが…

詳しく訳しているヒマはないのですが、まとめると、フェイス氏の主張は、ブッシュ政権はイラク戦争を始めるにあたって「判断の誤りはあったが、(国民を)騙したわけではない」「リスクがあることは十分に分かっていた、それを国民に伝える方法は上手くなかった」「9・11後、次の攻撃を防ぐためにはサダム・フセインを倒すことが最良の方法だと本当に信じて行動した」…とまあこんな感じ。

それに対してジョンの答えは、「9・11の後、(アフガニスタンと違って)イラクには戦争を始める直接のきっかけはなかったので、政府は裁判の検察側のように、有利な証拠だけを集めて、不利な証拠を隠して犯罪を組み立てていった」「もし仮にイラク侵攻が本当に国の安全を真摯に考えた末の善意の決断だったとしても、楽観的な見通しばかり宣伝して深刻なリスクを隠したことは根本的な間違いだった、なぜならそうすることによって、ブッシュ政権は国民がインフォームド・ディシジョン(情報を得た上での決断)を下す能力を奪ったから。」

面白かったのは、フェイス氏が、「後に戦争がこういう状態になってしまったので、国民は(政府を責めたい気持ちから)戦争のはじめのころの記憶がゆがんで、政府が実際以上に戦争にリードするようなことを言っていたように勘違いしている」という意味のことを言ったとき。ちょっと、誰に向って話してると思っているの(笑)。開戦当時から毎日毎日、政府の発言をネタに番組を作っている人よ。

ジョンが「ぼくはかなりはっきり覚えてますがね」と、ブッシュや他の政府関係者の言ったことを、言葉もそのまんまに次々引用してみせたのが気持ちよかった。



Part 2

2008/5/12  23:07

5月だというのに  ジョン・スチュワート

やたらに寒いですねえ。咲きはじめの薔薇も凍えてます。

ジョン・スチュワートは土曜日にテネシー州ナッシュビルでスタンダップのギグをやったみたいですね。ワーカホリックだなこの人は。(そして私はネットストーカー…)

見にいった人のひとりが、ニコール・キッドマンと旦那のキース・アーバンが来ていたと書いていました。はて、なんでニコールがナッシュビルに?…と思ったけど、考えてみれば旦那がカントリー・ミュージックの人ですよね?その関係?ニコールは7月に出産を控えているけど、笑うのは胎教に良いのかも。

生スタンダップは見に行けないので、かわりに(?)…デビッド・レターマンのLate Showで子供の話をしているジョン。



息子さんが、まだおしゃぶりを使っているのだけど、「興味深いものを目にしたときだけわざわざおしゃぶりを外して、「いぬ!」とか言って、またくわえる」というところと、「とりわけ喜ばしいものを目にした時は、文字通り踊る」というところ。

子供の話をしているジョンは…こればっかりですが、かわいい。

2008/5/11  19:56

ジョン・スチュワートの"グレイテスト・レズビアン・モーメンツ"  ジョン・スチュワート

この2ヶ月以上、毎日のように(てゆうか、ほんとは文字通り毎日…1日に2回も3回も…)"Jon Stewart"でGoogle検索しているオタクな私。またこれが、ヒット数の多いこと多いこと、とても読みきれないほどなんですが、中でもことのほか面白いと思ってメモっておいたサイトがこれ。

「After Elton(エルトンに続け)」というゲイ・コミュニティのサイト

Jon Stewart's Greatest Gay Moments

その兄妹サイト「After Ellen(エレンに続け)」というレズビアン・コミュニティのサイト

Jon Stewart's Greatest Lesbian Moments

Eltonはエルトン・ジョン、Ellenはエレン・デジェネレスですね。

ゲイの権利というのはジョン・スチュワートがことのほか情熱的になる問題のひとつで、ジョンはゲイ・コミュニティからはStraight Ally(自分はストレートなんだけど、ゲイの権利について積極的に協力している人)と見なされているようです。上の2つのサイトは、脚本家ストライキで「The Daily Show」が休止していた期間に、今までのデイリーショーのゲイ・レズビアンを取り上げたエピソードの中で最も印象的なものをアンソロジーにした記事です。

「After Elton」の方は、詳しくはまた後日ご紹介しようかと思いますが、私がとりわけ気に入ってしまったのは、レズビアンサイトでのジョンの愛されっぷりですね(笑)。「That's our kind of straight man! (私たち好みのストレートの男)」とか言われてますから。

その記事の中で紹介されていたエピソードのひとつが、だいぶん前なのですが2000年の、エレン・デジェネレスがゲストで来た回。仲良しぶりが微笑ましかったのです。



エレン:プレゼントよ。楽屋にあったやつだけど。最初はもっとたくさん入っていたんだけど…
ジョン:ごめん、腹がへってて…これもらっていい?
エレン:それが好きなの?あなたのお気に入りを知りたいわ。私、あなたを崇拝してるもの。ほんとよ。史上最高に面白い人だと思っているし…
ジョン:レターマンの番組に出る時の練習してる?
エレン:大好きよ。ほんとに愛してる。これはすべてのレズビアンを代表して言っているのよ。私はすべてのレズビアンの代表ってことになっているから。
ジョン:あなたがカムアウトしてくれて本当によかった。それまではぼくがリーダーだったんだから。何を言ったらいいか全然わからなくて、失言ばっかり。
エレン:私だってそうよ!

エレン:さっきから愛してるって言っているのに、信じないんだもの。
ジョン:ぼくも好きだよ…ぼくもレズビアンになれる?
エレン:誰でもなれるわよ!

これはThe Daily Showではないのですが、エレン・デジェネレスつながりで…2006年に初めてアカデミー賞の司会をする直前、エレン・デジェネレスの番組に出て、エレンに緊張を慰めてもらうジョン



エレン:あなたは去年「40歳の童貞男」しか映画を見ていないっていう噂を聞いたんだけど…
ジョン:そんなことない、たくさん見ているよ。
エレン:じゃあ、映画の題名を言うから、どんな映画が話してみて。「グッドナイト&グッドラック」…「クラッシュ」…
ジョン:…まあ、全部は見ていないから…
エレン:「カポーティ」…
ジョン:移民がアメリカにやってきて、苦労の末になんとか生活できるようになって…みんなで「カポーティ」のお祝いをする話…かな…
エレン:「ブロークバック・マウンテン」…
ジョン:ある男性がひどい怪我をして…介護猿に助けられる話…
エレン:「ミュンヘン」…
ジョン:ウィンナー・シュニッツェルを発明したユダヤ人の話?

エレン:去年アカデミー賞を取った映画を覚えてる?
ジョン:「ポリス・アカデミー」?

ジョン:今年は史上もっとも論議を呼ぶオスカーになると思うよ。誰かが死んでもおかしくない。
エレン:式のどこかで泣くと思う?
ジョン:…たぶん、批評が出た時に…


あ、いいなー、ひざまくら。

…さすがは「名誉レズビアン」(笑)。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ