2008/5/9  23:21

ビル・モイヤーズによるジョン・スチュワートのインタビュー(その3)  ジョン・スチュワート

余談:えーと…私は毎日「The Daily Show with Jon Stewart」と「コルベア・レポー(ト)」を見てゲラゲラ笑っているのに、どうしてここに訳して載せるのはこういう比較的真面目モードのものが多くなってしまうのかというと…こういうシリアスな文は、「訳すだけで通じる」から、ある意味やりやすいのです。これが「The Daily Show」のギャグとなると、なんで笑えるのか説明するのに3つも4つも解説が必要だったりするので…要は、面白さを伝える自信がないんですね。

私自身は昔から、ギャグの文化背景について3つも4つも解説が必要でも、それが「かえって面白い」と思ってしまう特殊体質のヒトなんですが…やっぱり変わってるんでしょうね、これって…

あ、ところでビル・モイヤーズさんは来週水曜日に「The Daily Show」のゲストで来るみたいです。

<トランスクリプト全訳 3/3>

ビル・モイヤーズ:あなたは純真さを失ったと思いますか?

ジョン・スチュワート:何ですって?えーと、あれは1981年の、大学のクラブのパーティで…すみません(笑)。出来過ぎた言い方かもしれませんが、人が純真さを失うのは子供を持った時だと思います。子供を持つと、世界は突然、ずっと危険なところになる。それに…人間ひとりひとりというのがどんなに壊れやすい、もろいものなのか実感するし、人が集まった時の強さを感じるようになるけれど、もうそれはどうでもよくなる。ひとつのことだけのために戦うようになる。それに、人間は誰でも、誰かの子供だということを実感するようになる。つまりそれは…劇的な変化です。

続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ