2008/9/15  23:42

9/11 Again (その3)  ジョン・スチュワート

それが団結だったんだ、ギビー。

〜2007年8月14日、キース・オルバーマン


さて、私は今回、なかばマゾヒスティックなキモチで(笑)ギブソンの番組のトランスクリプトを全部訳してみて、あらためてしみじみムカついたりしていたのですが…

もちろん、この放送のことがネットで報じられた当初も、怒り心頭に達している人がたくさんいました。この件を扱ったあちこちのブログ記事を読むと、どれにもモノスゴイ数のコメントがついていて、ほとんどがギブソンに対する怒りのコメントです。

そういうコメントは、必ずしもジョン・スチュワートのファンとは限らなくて…むしろ9・11の事件の時に傷つき、悲しみ、ジョンのスピーチに慰められたり共感したりした人たちの「これは9・11で傷ついた人みんなに対する侮辱だ」という怒りが多かったのです。

でも当然、「The Daily Show」ファンのフォーラムの人々も頭にきていましたね。(注:私がジョンのファンになったのは今年の3月ですから、こういう記事はすべてその後、後追いで読んだのですけどね。)

下記は私がいつも読んでいる「Television without Pity」というサイトの、「The Daily Show」のフォーラム。

http://forums.televisionwithoutpity.com/index.php?showtopic=1162733&st=23800

基本的に番組のファンのフォーラムとはいえ、「Without Pity(容赦ない)」という名前の通り、これは決して賞賛一方のフォーラムというわけではないんです。むしろ、「あのセグメントは面白くなかった」だの、「ジョンはオバマを贔屓しすぎ」だの、「いやマケインに甘すぎだ、あのインタビューではもっと厳しい質問をすべきだった」だの…正直「ぐちゃぐちゃとうるさいなあ」と思うことも多いフォーラムなんですが…

この件ではみんなが「ファンの保護本能」に火をつけられたように一斉に怒っていたのが…私としては嬉しかったというか…自分より激しく(Fワード連発で)怒っている人たちの投稿を読んで、なんだかほっとしたというか(笑)。
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ