2009/2/11  22:09

【映画感想】マンマ・ミーア!☆☆  ミュージカル

私が先日カラオケに行ったとき、「英語の歌はヒンシュクかな...」という遠慮はこのさい捨てることにして、ABBAをはじめとする英語の歌ばかりを好き勝手に思いきり歌いまくった話はしましたっけ?それを思い出しました。

...まあ、私の場合、それを聞かされた被害者は2人だけだったのですけどね(笑)。

それと、この映画の「ダンシング・クイーン」のシーンは、私が最近通っているジムのエアロビダンスの初心者クラスに感じがそっくりで、笑ってしまいました。

こういう親しみやすさが人気の秘密なんでしょうかね。

とにかく、見ながら何度も思ったのは、「なぜ、どうしてメリル・ストリープなんだ?!」ということでした。
続きを読む

2009/2/8  22:42

ダース・ベイダーの苦情電話(先週のThe Daily Show with Jon Stewart)  ジョン・スチュワート

火曜日のゲストは、アカデミー賞作品賞最有力「スラムドッグ$ミリオネア」主演のデブ・パテルくん。


続きを読む

2009/2/7  20:00

【映画感想】007/慰めの報酬 ☆☆☆  映画感想 2008年〜

ダニエル・クレイグのボンドはカッコいいし、Mもいい味を出しているし、話もまあ、面白いのだけど...どうも、いまいちノリきれないのだなあ。

アクション映画、007映画としての要素は、すべて合格点で満たしていると思うのだけど...なんだか「カーアクション、チェック。高所アクション、チェック。風光明媚な都市、チェック。ハイテク装備、チェック。味方の裏切り、チェック...」みたいに、律儀にこなしていっている感じがするのです。

まあ、贅沢になったもんだと思う。前作で新しいフレッシュなボンド、新基軸なストーリーに満足したのに、その満足は1作しかもたなくて、次はもう「もうこれは飽きたよ。もっとびっくりするような新趣向はないの?」と文句言っているんだから。ほんと、作る方も大変だとは思うのですけどね。

2009/2/2  0:48

【読書感想】すっぱだか デビッド・セダリス  読書&アート

この本を読もうと思ったきっかけは、「The Daily Show」のセダリスさんのインタビューでした。

The Daily Show with Jon Stewart 2008/6/3

このインタビューで語られている「When You are Engulfed in Fire」という本に興味を持ったのですが(「禁煙するために日本に来た」って、どうゆうこと??)、その前に、彼の著書の中で一冊だけ翻訳されている本があることがわかったので、そちらを先に読んでみました。

(ちなみに、この本にも登場する「妹のエイミー」ことエイミー・セダリスは女優で、シカゴで即興演劇をやっていた頃からのスティーブン・コルベアの大親友なのです。つまりデビッド・セダリスさんはジョンにとって「友達の友達のお兄さん」という関係になりますが、このインタビューまで直接会ったことはなかったそうです。)

この本、題名が題名だし、表紙は白人男性のむき出しの毛ズネ、ということで、電車の中で読む時はちょっと気になって、カバーをかけようかとも思ったのですが、なんかそれはこの本にふさわしくないような気がしてやめました。(<本当は単に面倒くさかったからだけど。)
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ