2009/5/6  22:40

ルーブル美術館展  読書&アート

休み中ずっとダラダラしているのも何なので、今日は上野の西洋美術館に「ルーブル美術館展」を見に行ってきました。

混んでるだろうと覚悟して行ったのですが、やはり混んでましたね。

今回は17世紀の美術を集めた展覧会で、フェルメール、レンブラント、ルーベンス、ラ・トゥールあたりが目玉で、もちろんそういうのも良かったのですが...(でもフェルメールの「レースを編む女」の前は特にめちゃ混みで、見るのに時間がかかったこと!)

メジャーどころの他に個人的に気に入ったのはルドルフ・バクハイセンという全然知らない画家の「アムステルダム港」という絵。オランダの貿易全盛期の、活気のある港を描いた大きな絵。17世紀の軍艦や、ボートや、遠くに見える船団や...(要するに帆船が描いてあればいいのか。...ちょっとそうかも。)

これのポストカードがあったら買ったのですが、やはりマイナーな絵らしくて、なかった。残念。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ