2009/6/22  20:57

【映画感想】路上のソリスト ☆☆☆1/2  映画感想 2008年〜

(あらすじ)経営悪化で次々に記者が解雇されているロサンゼルス・タイムズ紙。コラムニストであるスティーブ・ロペス(ロバート・ダウニー・ジュニア)は、コラムのネタに悩んでいる時、バイオリンで素晴らしい曲を奏でているホームレスの男、ナサニエル(ジェイミー・フォックス)に出会う。彼が名門ジュリアード音楽院の出身と知ったロペスは、彼のことをコラムに書き、反響を呼ぶが…

この映画は…うーん、難しい。面白いのだけど、難しい。どうしたもんかね(笑)。

一言でいえば、「人が人を助けることの難しさ」を描いた映画なのですが…その「難しさ」を把握すること自体が、難しいのです。

感想を書くのも難しいので、私にとってはこういう場合最も書きやすいやり方…つまり、箇条書きで堅苦しく理屈をこねる、というパターンでゆきたいと思います(笑)。
特にネタバレはなし



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ