2009/7/3  23:21

【映画感想】それでも恋するバルセロナ ☆☆☆1/2  映画感想 2008年〜

(あらすじ)大学院卒業間近で婚約中のヴィッキー(レベッカ・ホール)は、カタロニア文化について論文を書くためバルセロナでひと夏を過ごすことにするが、「自分探し」真っ最中の親友クリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)もついてくる。二人は画家ホァン・アントニオ(ハビエル・バルデム)と出会う。彼は激情的な妻マリア・エレーナ(ペネロペ・クルス)と刃傷沙汰の末に離婚したという噂の男だった。「二人とベッドを共にしたい」などと声をかけてきたホァン・アントニオに、ヴィッキーは怒るが、クリスティーナは興味を示す。しかしその週末、彼と恋に落ちたのはヴィッキーの方だった。

「それでも恋するバルセロナ」という邦題もいいなあ。「お買い物中毒な私!」といい、最近はちゃんと考えたいい題名が多いと思う。まあ、ラブストーリー系はつけやすいのかもしれないけど。

ガウディの建築を見て、ワインとスパニッシュ・ギターを楽しんで、ペネロペ・クルス&ハビエル・バルデムと三角関係にハマる。こんなスペインツアー、参加してみたい(笑)。

しかし、一方にとっての「刺激的なひと夏の体験」は、一方にとっては人生そのものだったりするわけで。

あらゆるモラルに縛られない自由で芸術的な暮らしっていうのは、憧れとか「ひと夏」ならいいけれど、本気でやるとなると結構大変なんだなあ…というのが、素直な感想でした。

そういう生活を自分の人生にするには、覚悟だけじゃなくて、生まれつきの才能ってやつも必要なんだろうな、たぶん。

ヴィッキーとクリスティーナには、その才能は、大してない。ヴィッキーは最初からないことを自覚しているけど、クリスティーナはちょっと勘違い。なにしろあの美貌のせいで芸術家たちにモテモテだし、自分にも中途半端に才能があるもんだから…

最初のシーンのナレーションで、ヴィッキーとクリスティーナは「あらゆることで趣味や意見がぴったり合うけど、恋愛に関してだけは正反対」と言われていて、実はその時私は「そんなことあり得るかなあ」と、ちょっと思ったのです。

そうしたら案の定、この二人の恋愛観(というか恋愛感?)には、たいして違いのないことが、だんだんわかってくるのですが。
以下ネタバレ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ